2週間ほど前にテトさんの同級生が運動会の振り替え休日で遊びに来て 
近所の公園で3人で遊びました。


その時追いかけっこをしたら・・・・・
テトさんが鬼になり 必死で逃げようと走り出した途端。。。
ぐきりっ!!!ガコガコッ!!!と腰が変な風に動いて
その後から思い切り走れなくなりました。

いや~腰やっちまったな…とぎっくり坐骨に近い症状の始まり。
(この感じになると その後痛みがある場所が移動して行って2週間ほどで完治という流れ)

同時にその頃 お年頃症状の一つ 
肩こりや首周りの凝りが始まったようで
(こちらもお月のものの周期にかなり左右されるのでしばらくするとおさまる)

体があちこち痛み出し・・・

それでも どちらも周期があるので きっと あと1週間程度で収まると思いきや。。。

あれ~~~?
鎖骨や首周りの痛みがどんどん酷くなる。
これはもしや???


そうです。痛みの感じは 去年の年明けになった
溶連菌感染からの反応性関節炎の痛みです。

何かの菌(誰でも日常的に罹る菌です)に感染すると 
それを攻撃する抗体が体に出来て 
その抗体自分の体の関節を攻撃し始め痛みが出る病気です。



私は これまでにどうやら2~3度罹っているようで(もっとか?)
これになったら 症状が消えるまで(私の場合)1ヶ月半~2カ月ほどかかります。
(人によっては半年続くとかもあるらしい)

今回が3度目?ということは・・・
つまりは慢性化しちゃったんだわね~。。。(そんな気はしてたけど認めざるをえない)



反応性関節炎対処療法しかなく 抗体が消えるまで待つか
痛み止めの薬を飲むしかないのですが
この痛み止め 市販の鎮痛剤では効かなくて
処方されるものはかなり強力なので 倦怠感や眠気があり 
私は飲みたくないので ひたすら我慢します。


私の場合はアーシングと整体の体操がかなり効果があるのですが
すぐに治るわけではなく やはり抗体が消えるまでは我慢我慢。


田んぼを始めたので 田んぼに素足で入っている時は症状が楽です。
つまりは田んぼに入るのはアーシング効果が抜群なんですね~。


この 反応際関節炎 私の場合 不思議と 寝ている時が一番きつい
重力の関係なのか 横になっていると首と鎖骨の痛みがひどくなり寝返りがうてない。
(寝返りを打つ時にこれほど首や鎖骨周辺の筋肉を使っているとは。。。)
寝返りを打とうとするたびに 痛みで目が覚めるので 寝不足になる。
すると起きてから倦怠感は残っているし 
かといって横になるとかえって痛い・・・
体の休まらない だるい日々が続く…という感じです。


と、こんなに詳しく 慢性化した反応性関節炎の症状書いたのは・・・

実はこの病気 大人ではあまり罹る人いないみたいで
同じような症状の人がネットでいろいろ調べても出てこなくて
少し前に困って私のブログにたどりついた方がいたからなんです。

自分の発病の経過と詳しい症状などをコメント欄で伝えて
血中の抗体の値を調べてもらって
その方もやはり同じ反応性関節炎だと診断受けれたみたいです。

かなりきつめのお薬処方されたおかげで
痛みは少し軽減されたと報告してくれました。


なので また同じ症状の別の方が 原因がわかり 
その後の対処療法も含め 自分で考えられるようにと 
カテゴリーも作りました。

たまに登場するこの反応性関節炎

私の紆余曲折日誌が誰かの参考になれば・・・
必要な方に届くといいな。。。と思ってます。




てなわけで・・・
たぶんまだあと半月はこの痛み続きそうですが
薬は飲まずに何とかいろいろ試みて乗り切ります!


きっと今週末の営業も 店でロボットのように歩いてますよ~笑