由仁町 工房ワタリガラス&Gallery teto² (ギャラリーテトテト) 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

May 2015

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーの詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

無事 巣立ち?

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*


前回の記事
私にしては ひさびさにきれいな写真が撮れたので
FBで紹介したら・・・・・いいね!たくさんいただきました

ありがとうございま~す(お気を使わせてしまって 笑)

そして 嬉しいことに 遠方にいる友人がこちらのブログも知ってくれて連絡をくれたり。。。

普段 あんまりにも情報量が多く 
その洪水のような情報に流されちゃいがちな “へたれ” なので 笑
主にブログのほうで 一人情報発信につとめておった私ですが
たまにこういうことがあると
FBもいいもんね~♪ と単純に思ったりします




さて本題


少し前の姉妹ブログの方でも触れましたが
約 一カ月前  庭の木に 毎年やって来るカラスが 巣を作り 子育てを始めました

三週間前ころから 夜中だというのに 
「クワ~~~ ヒョワ~~~」とへんてこな鳴き声が響いたり(子ガラスの鳴く練習?)
昼間は庭に出るだけで 親ガラスが威嚇の鳴き声を上げたり

今年は一体何羽いるのかしら・・・? 無事巣立ちできるかな?
と 心配しておりましたが

先々週末  二階の窓からのぞいてみると
ハトぐらいの大きさのカラスの頭が ひとつ ふたつ みっつ・・・・・・よっつ?!
四羽 生まれていることが分かり

その二~三日後には もう 巣から出て 
一メートルくらい離れた枝に飛び乗ったり 戻ったりを繰り返し

BlogPaint

















そして昨日 
親について近所を一廻り 
無事四羽とも飛んで行きました



「?」 とタイトルに書いたのは
実は数年前 我が家の猫達と 
巣立ちを終えたばかりの幼い子カラスがひと悶着起こしたことがあるから


飛ぶのを覚えたばかりの子ガラスは 外の世界に興味津々
庭で遊ぶ猫達の上スレスレを飛んだりするものだから
母親猫が何度目かの低空飛行の時 
急に ひょいっと 一メートルくらい 飛び上り 

腰を抜かした子ガラスが 飛び上がり損ねて 庭に ひらり と落ちてしまったのです

さ~ 地上に落ちたら 猫の方が有利 
しかもちょっかいを出されていた猫が鳴いたものだから
家の中から納屋の中から 家族の猫達が大集合!!!

当時うちには六匹の猫(すべて血縁関係あり)がいて その結束はすごいもの

庭に落ちて 腰が抜けて飛べなくなった子ガラスを 
猫六匹が それぞれ じりじりと間合いを詰めて 責め立て 
子ガラスは必死の叫び声を上げて歩いて逃げ惑う・・・・・

その子ガラスの叫び声と 家の中にいた猫達が急に飛び出して行った様子に
のんきに窓の中からのぞいていた私も 庭に慌てて出てみると・・・・・

猫達の円陣が出来ていて その中央に子ガラスが!


ひゃ~~~~!

子カラスを助けなきゃ~!と猫達に「やめなさ~い!」と大声を上げながら近づき
二匹づつ捕まえ 家の中へ入れ 庭に戻り…を繰り返すも

身内をからかわれた 猫一家の怒りは収まらず。。。といったところでしょうか?
別の出口からまた出てきたり 
「姉さん邪魔しないでおくんなさい」と 捕まえると もがくもがく  

ドブに落ちながら 猫に引っ掻かれながら
とにかく子ガラスが飛べるようになるまで 猫達を近づけないように必死で奮闘していたら。。。

なんとそこへ 親ガラスが子ガラスの悲鳴を聞きつけ 
駆けつけ(飛びつけ?)て来て


「あ~やっとこれで 一安心」と思ったのもつかの間
何を思ったのか 親ガラス 

子ガラスをいじめていたのは私だと勘違い
私めがけて 低空飛行!

カラスに襲われたことのある方ならご存知だとは思いますが
彼ら 頭を後ろから突こうとしますよね?

わたし びっくりして 
片手に抱えていた猫共々 ドシン と尻もち


その間に 子ガラスと親ガラスは高い木の上へ


「なによ~!助けてあげようとしたんじゃない~!」と 親カラスに向かって叫びながら

でも この状況 
(猫はほとんど家の中に閉じ込めて 今は庭にいない 子ガラスは私の前で悲鳴を上げてる)で
助けてあげようとしてたと 親ガラスに理解してもらうのは 無理があったようで。。。。。


痛いお尻と 猫達に引っ掻かれた痕をさすりながら
「なによ~。。。。。」とブツブツ一人ごちた わたくしでした



しかも カラスって 記憶力が抜群にいいので
その年は 私が家から一キロくらい離れたところにいても 
上から威嚇の声をかけ続けて来たりで うんざり


もう庭に巣を作るのはやめてもらいたいもんだ。。。 と思ったのです



こういうバトルが今年もまた起こるかも。。。

憂鬱



でも無事巣立っても家の前の道路で 猛スピードのダンプにはねられて
死んでしまった子ガラスがいたり。。。

親になってみて ちょっぴり大変さがわかるようになり 
きっと気が気でないでしょうね 親ガラスさん

まだまだ目が離せない 子ガラスちゃん達
無事に大きくなることを祈ります 笑


2010_0101_082651-P1040398
こちら 当時のポンチャン(中央白ネコ=母)ファミリ―

































鏡の国へようこそ

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*


みなさま ほんのちょっとの御無沙汰でした

チビ店員さんの風邪が私にうつり 
かなりしんどい
微熱程度でもなんだか ゾクゾク フラフラ
薬を飲まずになんとか経過させたくって 丸一日ダウンしておりました
(子供の風邪が大人にうつると強力になる気がします)

この頃の気温って 日中高いかと思いきや
風が強く 汗かくとすぐ冷える
夕方にはぐぐっと気温が下がり 体温調節がうまくできません

何とか回復してきましたが またぶり返しそう。。。歳だしね  しかも腰もまた危ない! 汗  気をつけよう



先週末はこの近隣は 田植えの農家さんが多く 
みなさん朝から家族総出で田植えをしてらっしゃいました

じつは 由仁町に住んでいて 
私の一番好きな風景が現れるのもこの季節

田植えが終わってしまうと消えてしまう貴重な風景

本日は 長い説明の文はいらないかと・・・・・(実はPCの前に座っているのもまだしんどいので 笑)




鏡の国へようこそ

DSC_1875



水が張られた田んぼに遠くの景色が映りこみます
(風があるときれいに写りこまないのでシャッターチャンスは意外と少ない)




DSC_1879




                       夕張岳(写真中央)も鏡夕張に





DSC_1884










日が沈み始めました







DSC_1887
                      田植え前だけの貴重な風景


         家の周りに田んぼが多い年は それこそ本当に鏡の国に住んでるような・・・
                  家のまわりに突然湖や沼が出来たような・・・
  
                      不思議な気持ちになるのです
    

  しかし 日が暮れた田んぼわきでこんな写真撮っているから風邪ひくのですわね。。。。。反省 笑
                          でもきれいでしょ


      この鏡 お米が植えられてしまうと それほどきれいに景色が写りこまないのです
                          
                          なので鏡の国は
                         今年はもうおしまい



                      この季節にしか現れない鏡の国でした


















遅くなりましたがご報告

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*


前回記事の追記: 

連れ合いは全くサッカー出来なかったそう 笑
離れると泣くので 自分の試合を横目に チビさんとサッカーしてたそうです

こちらギャラリーもチビさんがいるときはお客様が多いのに 先週末はぱらぱら・・・・・

これはちびさん Gallery teto² にとっては福の神なのかも。。。。。
お邪魔といわず 押し売り店員としてがんばっていただきますか

つれあいもサッカー出来ないのは気の毒だしね 笑



 


さてさて 
今年もギャラリーを無事にオープンでき 
企画展Vol.2『家と小鳥と小さな木の実』も先週末で終了いたしました


参加くださった作家さん方
また 宣伝にご協力くださった皆様
ありがとうございました

このたびも たくさんのお客様に 
まだご存じなかった多くの作家さんの作品をご紹介できました

そしていらして下さったお客様
本当にありがとうございました

常設展に戻っておりますが
常設の作家さんの新入荷の作品も続々届いておりますし
Gallery teto²  とは新しくお付き合いの始まった作家さんの作品も届いております

ご紹介記事の掲載 マイペースですが
姉妹ブログの方も要チェックです!





話題変わって。。。

オープンから1カ月
ここまで準備等で 結構バタバタしていて やらねばならぬこと もろもろ後回しに



その一つ 昨年のチャリティー作品の売上を少ないながらも寄付して参りました

チャリティー作品であるポストカードの売上は
実際には 少量なのではありますが
気持ちを乗せて 二組の団体へ寄付しましたよ

お買い上げくださった方々 本当にありがとうございました




一つは昨年と同じ 福島から保養しにやって来る子供達をサポートしている団体

『福島の子どもたちを守る会・北海道』

ホームページ


もう一つは わたくしの大切な友人がやっている非営利団体
『本気で元気☆応援隊』
ホームページ



それぞれの団体の方々をはじめ 
ボランティア活動をいつも勢力的になさってらっしゃる方々には 本当に頭が下がります

自分にやれる事といえば 
こうやって資金面で(本当に微々たるものですが)援助することくらい



友人の団体『本気で元気☆応援隊』の活動については
後日 このブログでご紹介したいのでお楽しみに

ちょっと他と違ったアプローチで被災地近隣の方々をサポートしている素敵な団体ですよ





Gallery teto² では今年もささやかながら 
チャリティーコーナーを設け 募金を続けたいと思います

約1年前に書いた記事でもご紹介したポストカードのほかに
これまた有志の友人のお一人 マリカさんの手書きのポストカードも
販売しております

また震災関連以外にも 
保護された犬猫達の里親を見つけるまで面倒を見てらっしゃる
長沼町にある団体の募金箱など
コーナーがしっかり出来上がりましたら
これらチャリティーコーナー作品のご紹介も含め
ご紹介いたします



3.11になると思い出したように活動したり 記事にするのを反省したばかり


BlogPaint
やれることならなんでもいい
とにかく思っているだけでなく
ちょこちょこ ちょこっと 動きます 



ご報告まで













チビ店員 本日欠勤

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*



朝から  雨が降ったかと思うと 晴れたり また降ったり
気まぐれなお天気

オープン時間の前には雨は上がりましたが
ギャラリー内はひんやりです


昨晩から 本日日曜日 自分のサッカーチームの試合に行く連れ合いに
チビさんを連れていってほしいと頼み
お店に出ることが至上の喜びのチビさんも
「たのし~よ~」「父―さんとサッカー出来るよ~」と説得し 
今朝二人で出かけて行きました


これって 普通のことのようですが
うちのチビさん 
かーさんっ子なので これまでこういうことがなかなかできなかったのです

甘えたいときに か―さんがそばにいないと 大泣き
自分も試合に出る連れ合いは 愚図るチビさんは他の人だとだめなので
これまで自分が怪我でもしていない限りは 
サッカーの試合に連れて行ってはくれなかったのです


3歳になりようやく 多少の我慢ができるようになり
「か―さんいなくっても大丈夫」と言うので
「今日は父さんが白い線の中に入ってボール蹴っている間は他のおじさんと遊んでいるんだよ」と
話したら・・・
「うん 白い線の中に入っちゃいけないんだね」と元気良くお返事

大丈夫かな。。。と不安もよぎりましたが きっとなんとかなっているでしょう



これで久しぶりにゆっくりお客様とお話しできるわ~♪
と張り切ってお店を開けましたが

なぜかそういう日に限って お客様が。。。。。


ま うまくいかないもんです

DSC_1929というわけで
チビ店員さんは
今日はお休みさせていただきました 笑
*報告の意味あったのか?

←慌てて持たせたお弁当 おにぎりばっか 笑




*本日で企画展『家と小鳥と小さな木の実』は終了
  来週からは通常展示に戻ります
  Gallery teto² では初めてのお取り扱いの作家さんもお目見えします
  ご紹介が遅れてました企画展参加の常連作家さん3組のご紹介もまだだし
  通常展示に今年のオープンから参加してくださっている作家さんのご紹介もまだですので
  ぼんやりしてないでせっせと記事書かなくては。。。。。

  姉妹ブログの方もお楽しみに!

  あ!次の企画展の準備も始めなきゃ・・・・・

  やることいっぱい  汗

 



ではでは本日はこの辺で
ごきげんよう























花を持って、会いにゆく

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*


みなさまこんにちは


連休の時の暖かさはどこへやら

肌寒い日がつづいております
30度近くまで上がった関東地方の方には信じられないでしょうが
まだストーブ付けてます。。。



でもいったん暖かくなり庭のこともやりたいな~。。。と庭いじり熱がフツフツ
(ガーデニングなんておしゃれなもんじゃないのでね “庭いじり”でいいんです 笑)

ご近所にとても安くて 品揃えがすばらしい 花の苗屋さんがあるので
本日はそのご紹介



DSC_1986


こちらは農家さんが家族経営でやられている 由仁町川端にある 
『花のまつうら』さん



DSC_1982
                  3棟あるビニールハウスの中は
  DSC_1984この季節 花の苗でいっぱい❀

平日なら まだ まばらなお客さんの数も
休日ともなると 駐車場が満杯になることも




その人気のわけは・・・・・
とにかく安い!

ほとんどが1ポット ¥50    たまに¥100の物もありますが 
ホームセンターなどの価格の1/4から1/3なんではないでしょうか


その代わり お買い上げくださった苗は 自分で箱とか持っていかないと
箱代は有料となりますのでご注意を!!!

家族経営で一生懸命やってらっしゃるので この価格が実現しています
なので いろいろマナーがあり 放送が流れているので
ぜひよく聞いて 協力してあげてください


Gallery teto² からは車で10分もかかりません。
長沼方面から国道274号線を夕張方面へ進み 
牛小屋のアイスさんやおにぎりのあぜっこさんも通り過ぎ
ひたすらまっすぐ進み左手に在ります

BlogPaint

私もこんだけ買って¥1550!(25ポット) 安♪
DSC_1989







~~❀~~~❀~~~❀~~~❀~~~❀~~~❀~~~❀~~~❀~~~❀~~~❀~~



さて本日は実はもう一つ。。。



今朝お気に入りのラジオを聴いていて 訃報を知りました

詩人長田弘氏が75歳でお亡くなり何られたそう


大切にしている長田氏の素敵な詩集


お花の苗の農家さん紹介にちなんで
素敵なサブタイトルなので ご紹介いたします


詩ふたつ
長田 弘
クレヨンハウス
2010-05-20

「花を持って、会いに行く
人生は森のなかの1日」


最愛の奥様を亡くされた長田氏が奥様を想いながら書いた詩篇で
ふたつの詩からなる詩集であると同時に 
グスタフ・クリムトの美しい絵と言葉の二つからなる本でもあります。


あとがきより

人という文字が、線ふたつからなるひとつの文字であるように、この世の誰の一日も、
一人のものである、ただひとつきりの時間ではありません。

一人のわたしの一日の時間は、いまここに在るわたし一人の時間であると同時に、
この世を去った人が、いまここに遺していった時間でもあるのだということを考えます。

亡くなった人が後に遺してゆくのは、その人の生きられなかった時間であり、その死者の
生きられなかった時間を、ここに在るじぶんがこうしていま生きているのだという、不思議
にありありとした感覚。

『詩ふたつに』に刻みたかったのは、いまここという時間が本質的にもっている日向的な
指向性でした。
心に近しく親しい人の死が 後にのこるものの胸のうちに遺すのは、いつの
ときでも生の球根です。
喪によって、人が発見するのは絆だからです。

そのことをけっして忘れさせないものとして、いつも目の前に置いて励まされたのは、
グスタフ・クリムトの樹木と花々の圧倒的な絵でした。
私にとってのクリムトは、誰であるよりもまず、樹木と花々の、めぐりくる季節の、
死と再生の画家です。

『詩ふたつ』は、できれば、ゆっくりと声にだして読んでください。



「樹木と花々の圧倒的な絵」 と長田氏がおっしゃるように
色彩があふれ生命そのものが描かれたクリムトの絵

そのすばらしい絵と長田氏の穏やかな死生観につつまれる詩集

ぜひ一度手に取られてご覧下さい


ご冥福をお祈りいたします
































livedoor プロフィール