由仁町 工房ワタリガラス 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

October 2015

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーteto²の詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

復帰への遠い道のり メモ ①

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*

DSC_2445
初雪の日から一転
昨日も今日も気温が平年並みに戻り
屋外作業にはもってこい




でも今朝は雨模様


DSC_2435

今 午前10時 雨は上がったものの
D型倉庫(Dの字を横に倒したような形の波板トタン張り仕様)
屋根には登れず(トゥルッっといっちゃうのでね)




復帰作業のメモと気持ちの記録の代わりに
前回記事で書いてたように ブログ書くことに
(なので今後 このタイトルの記事の時は興味のある方のみお付き合いくださーい 長いので)






4年前の9月

妊娠が分かってから
つわりはまだひどくなかったので
まだ少し作業が出来るかな。。。と甘く考えていたわたくし

危険な事はしちゃダメ!って周りからあれほど強く注意されていたにもかかわらず
工房締める作業で
なんとそのD型倉庫の屋根に登って煙突を外す作業をしました 

途中ポツリポツリと雨が降り始め
ものの見事にトゥルッっと滑って
おなかをバーンと打ちつけてしまいました

それまでも結構危険な事してたのですが
「まだ出来る 大丈夫 残っている仕事があと少しで片付くから」って
いろんな言い訳して 仕事を続けていたのですが

さすがに屋根の上でおなかを強く打ちつけた時は
冷や汗が。。。。。

翌日体を見てもらっていた整体のおばーちゃん先生に
見事に「なんかしたね?」と言い当てられ
大目玉

私も深く反省し
もうそれっきり工房の電気も契約を切り
出入りしないことに

そこまでやらないと
辞めないでだらだら仕事しちゃう性格なので。。。笑


そのおかげで
昨年秋に掃除とちょっと片付けするまでは当時の記事
本当に廃屋倉庫
ちょっと見にはガラス工房とはわからぬ風貌

昨年秋の掃除の後も 結局ほとんど出入りしなかったので
今 片付けを始めて 本当に4年もの時が経ってしまったことをひしひしと実感




さて昨日

煙突を屋根に取り付ける作業にかかろうか…と工房に行くも
まず2本ある煙突のどちらがどちらかさえ忘れてる始末
DSC_2436
しかも4年前の煙突を外す作業の時は
滑って 途中から 
「とにかく外せばいいや 雨が漏らなきゃいいや」と
やっつけ仕事で終わらせていたので
酷い状態(雨漏り防止の板外したら壊れかけた穴がぼっかりあいたまま)


屋根に登るも 唖然

「これ・・・ちゃんととりつけるには きちんとした大工仕事しなきゃだわ。。。」


仕事していた時なら
その場で「何からすればいい? 何を準備すればいい? 時間は?」等々
頭の中でクルクル~といろんな思考が飛び交い
段取りを組んで それこそさっさと次の仕事へ


長い育休の結果 何が一番驚いたって

頭が回らない
真っ白

その場で しばし ぼーっと考えてみるも
以前のように思考が組み上がって行かず
段取りがとれない。。。


やばいわ~。。。


でもそんなことも言ってられないので

まずは昔と違うこと自分に言い聞かせ
命綱を取り付け(昔はそんなものなしでやってたのです それにも呆れますが 笑)
煙突周りに伸びて来ていたクルミの木の枝をのこぎりで切り落とし

煙突を取りつける部分の写真を撮り
寸法を測り
部屋へ戻り 落ち着いて計画練り直し!!!


BlogPaint


来週のお天気予報を見て
連休あたりがまた少し気温高めで雨ではなさそう

よし この日しかない!
(もうぎりぎりなんですわ~)


もっとあったかい時にやっておけばいいのに。。。

自分でもそう思ったのですが
チビさんが日中家にいて ギャラリーの仕事もあると 
本当にそれ以外の事は何もできなかったのです

でも今更そんなこと言っても始まらないので

どんどん行きます

頭が回らなくとも
予定詰めて やらねばならぬ状況に自分を追い詰めて
なんとか火を入れて
ガラスを溶かすんだ~!!!



本来なら
その“ガラスを吹く”ことを復帰と言うんでしょうし
4年休んでいて 吹き始めたらなんか感じが違う…とか
そういう話題から入るとこなんでしょうが


そこまではまだ遠い道のりなのでした。。。トホホ


面白がってくださる方はこれから1~2ヶ月
どうぞバタバタ復帰作業
見守ってくださーい




おっとまだまだ工房の屋根は濡れてます

なので本日はこれからギャラリーの方のお仕事しまーす








早くない?

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*


降りました~

このブログ
本州の友人も読んでるので(本日はこの話題 雪景色見せたいもん)


もう初雪景色見飽きた方には御愛嬌で





雪が降るとは予報で聞いていた先週末
ポータブルのファンヒーターを点けていても室温は6度までしか上がりません。。。。。

そんな中いらしてくださったお客様
本当にありがとうございました

雪もそぼ降る天気の中でも 何か買いたい物があって
わざわざこんなところまでいらしていただけるなんて
心からありがたいな~と
感謝感謝です



昼過ぎには本格的に降り出した雪


DSC_2455

降り始めた日中は
「わ~雪だ~❄!」と喜びの声を上げたりしていたものの

その後もボーボー降リ続く

「まさかこのまま根雪になったりしないよね~。。。」


夜もしんしんと降り積もります


DSC_2461

朝起きると庭は真っ白
チビさんは大喜び
ちょうど泊りに来ていたバーちゃんと
朝もはよから 雪だるま作り
(お義母さん!寒い中付き合わせて ごめなさいね~)


楽しすぎた週末のせいで
保育園に行く今朝は実は相当ブルー

登園時は大泣きで 
雪だるま作りも途中で
無理やり連れて行きました 

なんだか雪だるまも不満顔 笑


昼くらいにはほぼ雪は解けて消えましたが
気温はぐぐっと下がったまま


DSC_2459

紅葉の途中なので
黄緑から赤へのグラデーションと雪の真っ白なコントラストが
そこかしこで美しい


昨日の営業あとの片づけがまだだったので
外で仕事をしながらの撮影
カメラを握る手がかじかみます





そんな寒い中写真を撮っていて
ふつふつと恐怖心が


何が怖いかって?

実は今週から工房を片付けて
機器類の修理や 火入れやガラスを吹く準備を始める予定なのですが・・・・・


正直言って  忘れてました


火の入っていない工房の寒さを

つまりは外とおんなじ気温
(今頃なら 日中低い時はマイナス2度くらい 高くても10度くらいかな。。。)


これだけ早く冬が来ちゃうと
工房仕事は極寒の中でしなければならず・・・・・ヒョエ~~~~~




大丈夫か?おまいさん?と自問自答


で 大丈夫じゃない!!!   (寒いのめっちゃ苦手なんです)



でも もう後戻りはできません

そのために 嫌がるチビさんにも我慢してもらって保育園行ってもらっているのだし




明日はなんとか少し天気も回復
気温も平年並みに戻る予報

まずは D型倉庫の工房の屋根に登って 
4年間取り外していた煙突をつける作業から始めます


あ゛~~~~~おそろしい おそろしい


4年間遠ざかっていた工房運営のノウハウは
子育てしているうちにポロポロ記憶からこぼれおちていることでしょう

きっと失敗だらけ
呆れること連発の予感

もうこうなったら
このブログに 「復活への道 珍道中」って カテゴリー作って
失敗談も笑飛ばしちゃおうかしら 笑

DSC_2458

それにしても初雪 早くない?

去年の今頃の記事 読み返したら 
去年の初雪は11月3日くらいでしたよ

10日も早いっての!


ま こちらのペースがどうあれ 
季節は待ってくれないものね



初雪に押されるように
復活への道
初めの1~歩!だ








荒川尚也氏 ガラス展 -浮かぶかたち-

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*



本日は二十四節気の霜降(そうこう)
まさに 昨日の朝は 霜降りてましたよ

だんだんと朝晩の気温がさがり 明日は雪マークが!(ヒョッエ~)
タイヤ交換しなくっちゃ

来るものは来ますよね(ヤダケド。。。)




さて 

残り少ない Gallery teto² の営業
今週は紅葉の山々もぎりぎりきれいなので
ぜひドライブがてら由仁長沼方面へお越しいただきたいところですが

「札幌近郊から離れられないのよ~」
という方のために
素晴らしい展示会のお知らせ


GALLERY門馬 & ANNEX (札幌・中央区旭ヶ丘)で開催中
img_831ab569505e31e3386edbab2f0f1b80ー荒川さん個展写真
                   京都在住のガラス作家 
                    荒川尚也 氏 
                       ガラス展


詳しくは門馬のHP こちらをクリック
 


30日まで開催しております

荒川尚也氏 は 実は私の師匠(この言い方ご本人嫌がりますが 笑)



ガラスに興味を持った20年前
バイクにまたがり日本中のガラス工房や学校 工場なんかを片っ端から見て廻りました

その旅の中で わたしがこの人の下で働きた~い!と思った
数少ない作家さんのお一人です


「ここで働かせてください!」と
ガラス吹いたこともなくせに押しかけ女房のように言うわたしを
美大でいろいろやってきたみたいだから なんとか仕事があるだろう・・・と
無謀にも雇ってくださった荒川さん

それから4年
ご自分の制作を手伝うスタッフとして ちゃんとお給料もくださりながら
ガラスのノウハウだけでなく 築炉(ガラスの窯を作ること)のイロハもすべて教えてくださいました

荒川さんがちょうど窯を新しく作られる時に荒川さんの工房に入ることが出来
レンガを一つ一つ積むところから働きつつ見聞きできたので
自分が独立する時も同じ窯を作れたし

たった4年で独立できたのも
自分のやりたいガラスを目の前で体現していた荒川さんの存在があったから


いまの自分があるのも
荒川さんのおかげ といっても大袈裟ではない
わたしにとっては やはり師匠であり先生であり恩人という存在


わたしが働いていた当時は
透明なガラスでシンプルだけれど美しく
でも日常使いの器を作られていた荒川さん

そのクオリティーはどんどん進化し
どこまで美しい器を作られるようになるのだろう。。。と
当時からの変化にため息が出るほど

加えて必見なのが
オブジェや灯り(シェード)の作品


わたしがいた頃はそのたたき台の試行錯誤の時期だったので
「荒川さんはいったい何を作りたいのだろう…?」と
スタッフみんなで「?」マークを頭に浮かべながら見ていたのですが 笑(ごめんなさ~い)

その試行錯誤が 今やこんな素晴らしい作品になったのか。。。と
びっくりするや また尊敬の念を深めるやら

カッコイイ~そして美し~ ガラスの世界を堪能していただけること間違いなしです


荒川さんはお話しもとても面白い方です
もし他に人がいないときはいろいろ質問してみると
ガラスの世界だけでなく 
荒川さんの暮らしている京都の山奥の素敵な暮らしや
すばらしい自然のお話しも聞けるかもしれません


ちょっと他では見られないガラスの展示と言ってもいいと思います





素材そのものが美しいガラスという素材
その美しさに頼ることなく
器としての美しさを追求しつつ 普段使いであることを両立させるというのは
実はとっても難しいこと


器としてのガラスが
現在の日本で 欧米のガラスと同じ程度の形状の進化しか見せないでいるのは
欧米の素晴らしい技法などがもてはやされているのと
きっと 進化せずとも ガラスそのものが美しすぎる素材だから・・・

でも 陶芸をやられる方々が極めようとしている努力や追及を
ガラスで器を作られる作家さん達がもっともっとすれば
日本のガラスの器の世界ももっと深まるのに

わたしは そんなふうに思うのです



荒川さんのガラスの器は
器としての深化を年々経て そしてなお 進化し続ける器

ぜひ「ガラスの素材が 光を通し泡を抱き 美しい」というだけでない
形の美しさ 
普段使いとして使いたくなるなんともいえない(鄙びた)ともいえる表情
厚みや重さ

そんな細かいところも味わってみてほしいです




ご本人は最終日にはいらっしゃるようですがそれ以外はギャラリーにおたずねください

わたしも最終日に参ります







掃く

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*




DSC_2429-加工

     秋です

     遠くの山々も家の周りの木々達も 
     紅葉がきれい
DSC_2426




当然 落ち葉も多い今日この頃


営業前には ほうきを持って 
ギャラリーのまわりを しゃっ しゃっ と掃き掃除
(営業日でなければしません 笑 きりがないのでね あと 落ち葉がいっぱいあるのって好きだから…言い訳?笑 )


周りを木に囲まれた我が家
風が吹くとまた元通りになっちゃうのですが

この”ほうきで掃く”という作業が
結構好きです


実際に
ほこりや落ち葉を掃いて掃除するため というだけでなく
その場を“掃き清める”ためでもあるかな。。。
(一応ね お客さまをお迎えする日は この儀式のような掃き掃除すると 気持ちがあらたまるのですよ 毎週ね)
 



以前 
からだの内を見詰めながら 
もう一つの本来の体を感じたり
整えたりするお稽古会に通っていた時

この“ほうきで掃く”という動作を使って 
自分の体を内観する稽古がありました

ほうきを構える構え方 
掃き方一つで
自分の体の歪みを感じたり
心のあり方まで変わるような不思議な体験でした

正しい姿勢(からだ)で掃いた稽古をしていた畳の間は
いつもの畳よりずっとスッキリして 
たしかに“清められた”感じがしたのを覚えています



小坊主さんがお寺の境内を掃いている姿も
掃除しているというより 清めの儀式や修行の意味合いが強いような。。。


DSC_2432
あのお稽古の時のようには出来なくとも

ほうきで落ち葉を掃くとき
ギャラリーの中をほうきで掃除するとき

何となく自分の中の中心を感じ
背筋を伸ばすようにほうきを動かしていると・・・

いつの間にやら
掃除をしているのか
自分の心を静め清めているのか分からなくなる瞬間があるのです




DSC_2442あのお稽古以来

掃除機も使うけれど
断然ほうきを使うことが多くなりました





由仁町にはほうきを作る名人のおじーさんもいらして
出来たら弟子入りしたいほど(これ結構真剣に考えてます)




いつか
自分で作ったほうきを teto² で紹介できたらいいな。。。

素敵なほうきを手に入れて 掃き掃除する人が増えたら素敵だな。。。




ささやかな夢です 笑




DSC_2420

この方の場合
「掃く」というより「落ち葉と戯れる」
といった感じでお掃除してました 笑



















ケイトさんの GALLRY&CAFE BENNU

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*


このところ 毎回 子育てブログになってますが・・・笑

本日もちょっと嬉しい事があり 
メモ代わりに


今日で保育園4日目

昨日も夕方から
「明日も保育園行きたくないよ~」「母ーさんといたいよ~」と泣きべそチビさんでしたが・・・

なんと今朝は 
登園の車の中で 泣き声ながらも
「もう 泣くのやめる」「保育園行ったら泣かない」 ですと   驚!

「泣いてもいいよ~」「母ーさんと離れるの悲しいのはわかるからさ~」と私が言ったけれど
園に着くと
チビさん流のお別れを一通りこなしたら

涙と鼻水でぐしゃぐしゃになりながらも
「じゃあね 母さん またね」とぎこちなく手を振り
くるっと踵を返して 先生の方へ

それきり私の方も振り返らず・・・・・


これには私の方が ぐっと来ちゃって。。。。。
部屋のドアを閉めて 廊下側にいらした先生の方に向き直ったら
不覚にも涙が・・・

先生に「偉かったですね~」と言われて
「私が泣いちゃいそうです」って すでに涙ぐんでたんですが言ってしまいました 笑




心配せずとも
ぐんぐん成長してますね

母はすでに置いてかれてますわ 笑







さてさて 本日は・・・

DSC_2408


由仁町と言えば ケイトさん
我が町では有名人 
イギリス人陶芸家のケイト・ポムフレットさんの
ギャラリー&カフェ BENNUでの展示会のご紹介



DSC_2413



ここは日本?どこか外国のお店じゃないの?
と見まごうばかりの
ケイトさんの素敵なカフェ&ギャラリー


DSC_2412










DSC_2411
毎年
冬期休業に入る前のこの時期
ケイトさんの陶芸作品の新作と 
イラン・パキスタン・アフガニスタン等の
手織り絨毯展を開催しております

もう今年で8年目になるギャべ&新作展

毎年見ごたえたっぷりなので
楽しみにしてらっしゃる方も多いかと
残すは17日・18日の2日間ですよ~!

美味しいケーキも食べられます!










そして今年は ケイトさんのお友達 スペイン人画家カルロスさんもいらしてて
カフェでは似顔絵も書いてくださいますよ~!
DSC_2414




この似顔絵
本人より本人らしい!

描かれる人の本質が絵になっていて
ちょっとドキッとするものがあります

我が家も本日 3人で書いてもらいました~♪

家宝にします 笑








また 毎回恒例のリメイクアーティスト HONEY MIKA  さんの作品展も開催してますよ~!
こちらも必見!!!




わたくし毎年
欲しいギャべがあれども
高価なので指をくわえて見ているだけでしたが

今年は
家宝にするから思い切っていいもの買おう! と
ひとつお嫁に迎えました

普段高価な物を買わないので ドッキドキでしたが
来年から出来る
teto² の新しい玄関のウエルカムマットにします


連れ合いには
「クリスマスも 今年と来年の誕生日も他に何も買わないからさ。。。」と言い訳しておきました 笑

嫁に来たマットは今年ラストまで 今の入口で
皆さんのお越しをお待ちしておりますので

BENNUの後はぜひteto²へ

柔らかく気持ちの良いギャべ フミフミしにいらしてくださーい 笑



BENNU 
由仁町三川722番地 0123-87-3929
am11:00~pm6:00












livedoor プロフィール