由仁町 工房ワタリガラス 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

March 2018

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーteto²の詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

いらっしゃ~い!

更新滞るかも…と書いといて いきなり更新。笑

ちょっと書いておきたいことあったもんで。





昨日の晩はめずらしく家族で外食。

町の移住促進事業をしているNPO法人代表の友人から 少し前にお誘い受けて
今は本州在住だけど 近いうち 北海道の市町村で暮らしたいというご家族と
(その方々が候補に入れてくださったのが 魅力ある町が多い北海道の数ある町の中の なんとうちの町! 笑 )
近所のレストランで夕飯ご一緒しました。

集ったのは うちの家族以外に 3年ほど前から由仁町に移住し暮らし始めたご家族も。
子連れで みんなでワイワイおいしいご飯食べながら この町での暮らしについてお話。

奥様が主にいろいろ質問なさって
私たちはそれに答える形。

いいことも悪いことも正直に この町に暮らしていて思った事
正直にお話ししました。


移住するってだけで いろいろ不安があるだろうな。。。
ましてや“家族で” となると 子育ての事や 生活に関わる費用の事
道外からだから 冬期のことも・・・

私の場合は連れ合いが北海道の人だから
そのあたりは不安はなかったし 家探しも最後のチェックは連れ合いがしてくれた。


もうひと方のご家族も関東からだったから
主に 暮らしの中で 本州(関東)と大きく違う事なんかを重点的にお伝えしました。



実は お店始めてから けっこうたくさんの人に この手の相談を受けます。
南空知に暮らしたい人って増えてるんだな…って思います。


うちの町は結構過疎化が進んでいるから
私も町の人口が増えてくれたら嬉しいけれど

「あなたの住む町に越して来て暮らしたい」 と言ってくれる人に
「100%ここに来たら絶対いいよ~」とは言えないです。

だって どこで暮らしていたって いいことも 多少の不便や嫌なこともあるから。 
誠実に 今暮らしていて思う事を伝えるだけです。
それが正しいと思うから。
 
ただ 確かなことは 
「ここ(由仁町)で暮らし始めてもう19年。
最初の頃よりずっといろんな人とつながりができたし 
不安な要素も嫌なことも一つずつ少なくなって 
好きなところがどんどん増えてきました。
それは自分たちの努力と言うよりは 
やはり周りの人たちのおかげやこの町の自然の力が大きいし 
時間をかけて育ててきたものが自分たちを変えてくれたおかげだ」

ということです。


“住まいを移す”という大変な決断の時に 
簡単に「来て見れば~」とは言えないけれど 

今なら
「一緒の町に暮らすなら 私はあなたと一緒に
いろいろなものを作り上げていくお付き合いはできますよ~♡」
とは言えるな~。。。


こんな人が住んでいる由仁町ですが
興味のある方 まずは遊びに いらっしゃ~い!



2014_0402_164940-DSC_0751-加工圧縮


今ならこんな風景見られます~♡



















ハル!始まりました

今年は雪解けが早くって 
特に今週は本当に温かい。

東京でももう桜満開だそうで・・・


嬉しい半面
ちょっと焦ってきました。

体壊してから すっかり何をやるのも のんびりモード。

もちろん体調壊していた時は それこそ(休むこと・のんびりすること)が大事な事だったのですが

お年頃症状も落ち着いてきた今日この頃

もう「休む」よりはむしろ「動く」方が体にもいいはずなのですが・・・
こののんびりモードが抜けきらず
「あ~これは今日無理だったら明日でイイや~」と
仕事がなかなかはかどりません。。。汗


でも動ける時に動いとかなきゃ!!!

結局後でそのしわ寄せが行って
体壊すという悪循環だぞ~~~!!!

と言うわけで

自分に「はい! 春始まりましたよ!」と気合入れまくってます。


ギャラリーの準備も 
来月末に自分の作品で参加する小さなグループ展の準備も
"初めの一歩” と 踏み出します。



そのかわり・・・

この一月ほど
仕事出来なくなって動揺しまくった自分の気持ちをまとめるためにと 
書きなぐるように更新してきましたこちらのブログ。

また少し のんびりモードに戻ります。
(更新されなくても元気だから心配しないでくださいね~笑)


実は気持ちの整理に書いていた記事はまだいくつかあるのですが
グルグル同じところをめぐってまとまらず

一度それを絵にしてみたら・・・

あ~なるほどこんな気持ちだったのね~ こうだからこうなったのね。。。と

なんかやたらと自分で納得しちゃって。笑

もういいや~この絵に全部が入っているし・・・
ってなったので

続きは いつかこちらに書くかもしれないし 書かないかもしれない。 
そのイラストをちゃんとした絵にしてみるかもしれないし しないかもしれない。
と尻切れトンボですが・・・・

とにかく一区切り出来ました。



精神安定剤なんだわね~。私にとってこのブログ。笑
また必要になれば 怒涛の更新します。

DSC_0817
その時はお付き合いください。



さ!春だ春だ~♡



                                      去年は4月に横浜でこの桜見たんだったな。。。
                                 今年はやっぱり早いですね







雪解け早し 仕事始めるのは遅し

今年は雪解けが早いです。2015_0329_112444-DSC_1870-圧縮
もうフクジュソウもフキノトウも咲いてます。

明日には一気に15℃近くまで上がるそう。

体のことでいろいろのんびり過ごしてましたが
ここまで来たら もう動き出さないといけない陽気です。
(来週から4月ですものね)



というわけで 本日は
Gallery teto² のオープン企画のDM作り~♫

今年は陶芸作家のこむろしずかさん(南幌町)の個展から始まります。
新作をお預かりして来て
晴れる時間帯を狙って きれいな春の光の中で写真撮り。

新しい作品を紹介する喜びもありますが
作品の写真撮りって楽しい!

でもDMって 結構 写真の印象が大事だから ちょと緊張します。

きれいにとってあげたいものね♪


DSC_2632














素敵でしょ~♡
マグカップの底に鳥さん飛んでるんですよ~





今年は自分の作品ほとんど作れなかったから
ギャラリーの作家さん達の作品たくさん写真撮って紹介しよう!



今晩中にはDMの原稿仕上げて 印刷会社へ ネットで注文フアイル送ります。
すると1週間ほどで自宅へ届くのですから 
ずいぶん手軽で しかもお安くなったもんです。
(それだけDM制作を請け負っていたデザイナーさんは仕事が減って大変になったという事です…(>_<))




今晩DM版下 入稿できたら
teto²のブログの方でご紹介しますね~♡

素敵な春を感じさせてくれる作品展になりそうですよ♫



ひと月のうちの 
お年頃症状が出ない貴重な時間
雪解けに負けないように どんどん動かなきゃ!

春が始まる始まる~♫





















いろんな人といろんな話を

先週末 札幌までテトさん連れて 
友人一家とともにとあるフォーラムへ行って来ました。

それは 今年4月に廃止されれる法案 「種子法」の廃止によって
これから起きるであろう様々な危惧をみんなで考え
種子法に代わる条例を作る方向へう動きましょう というものでした。

これについてはまたいつか詳しく記事書こうと思います。




今日は久しぶりに朝からどこも痛いところがなく(お年頃症状が出てない!)

午前中にやることいっぱいあるので 仕事しなきゃ~と気合を入れつつ
忘れないうちにと先週末のフォーラムでのメモなんかをまとめつつ
FBを見直していました。


実はこのフォーラムに行く数日前にFBでフォーラムの情報をシェアしたところ
「フォーラムの開催意図や内容が疑問だ」という投稿を古い友人からもらっていました。
彼は普段から政治的な思想がどちらかと言うと私の真逆の人。
同じ昔の友人達には「あいつネトウヨだから相手にしない方がいい」とまで言われ
「ネット上で議論して相手を論破することで快感得てる人」みたいに言われていたので
どうしたもんかな…と思ったのですが
その時はすぐ反論できるほど私も種子法に詳しいわけでもなかったし
議論することも自分が勉強しなきゃと思うきっかけになるかな
と思い フォーラム後に返事する旨書いておいていたのです。

なので今朝はそれに長~~~い返信文を書いて送ったところ
彼からも長~~~い返信文。

フォーラム前の彼からの最初の「疑問に思う」という内容の文は
種子法廃案反対の人達とは逆の意見を持つ人のネット上のツイートを
コピペしただけでけに思えて 
な~んだ 自分で考えてないのか と思っていたのですが

今日の再返信文読んでみると・・・
意外にもいろいろ考えていたこと 
そしてそう思ったきっかけについても書いて返信してきました。

仕事中なのに大丈夫かい?(笑)と思いつつも

その一言一言に自分がきちんと答えられるものに関しては答え
知らないことや間違って認識していたことに関してはそれを認め 
新たに思った事をまた返信。。。。

そしたらまた返信がきて・・・

と繰り返していたら・・・あっという間に夕方に近い時間



ありゃりゃ~~~


こんなことしてる場合じゃなかったのに。。。ってちょっと思ったけど(笑)


でも
これって結構大事な事かも。


顔見ないで ネット上で 反対意見の人とやり合うのって本当に難しい。

自分の意見否定されるのって ドキッとするし
ちょっと怖いし うまく気持ちも伝わらないし
なにより 自分がいろいろ知らないことでは議論が続かない。
そして知っていてもその情報が正しいのか精査する癖付けてないと迷いも出る。

そしてその不安定さは相手も同じで
それこそ論破するためだけの人もいれば
相手を尊重することもなくバカにする投稿をする人もいる。


今回は相手が大学時代の友人だったことで
失礼な言い方はこちらもしないように努めたし 
向こうもやりとりするうちに 書き方が少し変わってきた気もします。

最後までやり取りしてても
もちろん彼の考え方には賛同はしなかったけれど
少なくとも話し込む前よりは 
反対する側の根拠や気持ちが少し理解できたし
自分の中に「そういう考え方があるんだ」と言う 
理解はしないけれど 受け入れてみる姿勢が出来たことは感じました。



原発事故後
原発には反対で いろいろなデモに行ったり
そういう記事をシェアしたり
賛成反対の人達での議論も目にしてきた。

あれ以来 原発問題以外にも政治的な事に興味を持つ機会が増えた。

そして 強く感じるようになったこと。

それは
もっと普通の人達が 普通の会話で 政治や環境や教育等 いろいろな話を
普通にするべきだと言う事。


問題はどんどん出て来て
その問題に反対の人 賛成の人がいることは普通のことだけれど
全く無関心な人がいることで
その人達を民主主義の多数決の数の中に上手に取り込む人達が
今は好き放題やり過ぎる。 


みんなが政治も 環境も 教育も
自分の事として考えなければ 世の中は変わらない。



それにはまず自分が変わらなきゃ。
反対意見の人とも とことん話して
自分の思想や意見を深めなきゃ。。。





そんな
気軽にいろいろな人といろいろ話せる場を 
自分の周りに作れたらいいのにな…と



今日は夕日を見ながらそんな事ぼんやり考えております。

2014_0402_164955-DSC_0753-2 圧縮



やば~~~仕事全然できなかった 笑









飾りじゃないのよ涙は

最近 テトさんが 保育園で特定の子2~3人にちょっとした意地悪をされるらしい。


変わり番こで読んでいる絵本を
順番を待って「か~し~て」と言っても
「絶対貸してくれないんだ。。。」

とか
「からかう言葉をずっとかけて来るんだ」

とか。


でも夕方迎えに行くと
その意地悪する子と普通に遊んでいることも多く
意地悪されるのは1日中ずっとではないみたいだし
大したことではないんだろうな…と思っていたら

昨日も
「また意地悪された」と言うので
詳しく聞くと
「意地悪されて泣いていたら先生がその子たちを叱ってくれた」
でもその後も意地悪だった」との事。

保育園楽しくないかい?と聞くと「楽しくないから行きたいくない」と言いだしました。ありゃりゃ

まだあと1年もあるし
楽しくないのは嫌だね…とちょっと私も考えどころ。


昨日の夜は 一晩ずっとその事考えてました。





テトさんは昔からよく泣きます。
なんでもないことですぐに泣く。
もう6歳になるのだし そんなことで泣くなよ~。。。と ついつい叱っちゃってます。

痛くて とか 悲しくて と言うよりは
言葉で不満を伝えるより 
先に泣いちゃう“癖”がついてる感じ。

泣くことでまわりが自分の気持ちに気がついてくれる
自分の思った通りになると思っている ところも少~しある気がします。


だって自分の欲求が通った途端 
泣きやんで笑っているんですから。。。(^_^;)

そういう時はいつも
「飾りじゃないのよ涙は~!」
「本当に痛い時とか 悲しい時にとっておけ~!」って怒鳴っちゃいます。




本来なら こういうことあると
何処までも自分の子供の気持ちに寄り添うのが筋でしょうが

今回 ちょっと違う見方をしてみた・・・




すぐ泣く子って からかいたくなるのかもしれないな…
すぐ泣くから 泣かしてやろう!って思われるんじゃないかな。
それに 泣くと 先生が助けてくれたり 
意地悪した子を叱って罰とか与えている話を聞くと
意地悪する子にしてみたらは面白くないだろうな…
あいつのせいで叱られたって思ったりもするだろうな…





もちろん意地悪することはよくないことだし
テトさんは100%悪くないし
自分は意地悪しないのにされるのは
理不尽なことなのかもしれないけれど・・・・・



今回はあえてテトさんに課題を与えてみました。


「今日はさ~保育園で 簡単に泣くのは やめてみよう!」
「おもちゃや本貸してもらえなくても 悲しいとか悔しいのはすごくよくわかるけど
まず泣くのぐっと我慢してみてごらん」
「きちんとお話しできるんだから 気持ちを言葉で言ってごらん」
「今日 泣かないのに それでも○○くん達が意地悪するなら 
また今晩どうしたらいいか考えてみよう!」

そう言い聞かせて今朝は送り出しました。


「からかわれる要因みたいなものを取り除いて 強くなれ~!!!」
と願いを込めてね。




まあ 
行きたくないとは言ってたけれど
なんだかんだ言っても朝は元気よく出かけていくので
今はそれほど深刻なところまでは行ってない感じです。
(意地悪しない子ももちろんたくさんいるのでね)





苛められる子の側には原因がないと言うのは紛れもない事実だけど
苛める子が苛めたいと思う原因は何だろう?っていつも思う。
何かにイライラしているんだろうか?
そうしたい欲求はどこから来るんだろうか?
(弱い者をいじめるのは動物的本能だと言う話もあるし・・・ 
ではもし本能なら こちらが強くなることも防衛手段になるかな。。。 )



そしてこういう話をテトさんから聞くようになってから
いつも確認していることがある。

「テトさんはそういう意地悪を他の子にしないの?」

すると
「僕はしないよ」ときっぱりいう。

それだけで偉いな…と と母は思う。
そして そこは とことんほめてやる。




こうして話してくれるうちは むしろわかりやすいし 心配はいらないよね。
この年齢のうちは あまり親が出て行かない方がいい気もするし。
意外と自分たちで話したりして解決できてることもあるし。


でもそのうち 親が心配するから…と家では何も言わず 
自分で抱え込んでしまうこともあるのだろうな。。。

これからもたくさんあるんだろうね…こういう事。
その時々で 自分から話してもらえない時も
その変化に気がつけるよう・・・いたいものです。


2014_1126_102540-DSC_1643-2

ま、家では すぐ泣いても 頭ごなしにしからず
気持ちに寄り添う事ちゃんとしてあげる癖を母も付けるわ。

でも飾りじゃないのよ涙は~!


                                                                 3年前の涙
                                        この時は登別の閻魔様が怖くて泣いたのよね…笑                                                                               
          

                                                   カワイイ涙だね
























プロフィール

工房ワタリガラス

北海道の由仁町という町でガラス作家をやっております。冬はガラス屋さん 春から秋まで小さなクラフト&アートのギャラリー(テトテト)の店主をやっております。        
息子(テトさん・ニックネーム)の子育て落ち着くまで こんなペースでお仕事変わります。日々の暮らしのあれやこれ 自分の作品や工房の事、Gallery teto² の裏話等々綴っております。
*ギャラリーの営業情報は右下のリンクより飛んでお読みください。