由仁町 工房ワタリガラス 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

December 2018

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーteto²の詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

あと2時間半

今年も残すところあと2時間半。


29日までガラスのお仕事して
昨日から慌ててお節づくりと簡単プチそうじ。

実家では母がお節を作る人ではなく(冷たい御馳走を家族に食べさせたくないと元旦から普通に料理してた)
お節を食べる習慣すらなかったのですが
北海道に越してきてからは お節くらい作れるばーちゃんになりたいものだと
始めたお節つくり。

引っ越してきて もう20年になるので
今年で20回目。

不器用な私でも さすがに手際も良くなり 
二日あれば少しは形になるお節が作れるように。

きれいな飾り野菜なんてまだまだできないし
作らない品もあるから完璧なんてのには程遠いけれど
それでも 家族が3日間 おいしいおいしいと食べてくれるので
ちょっとは上達しているみたい

これまで大晦日の夜にお重に詰めるのは 冷めちゃうし
なんか嫌だな~って思ってたけど
こちらでは大晦日にはお重に詰めてもう食べちゃうのですってね?

我が家では
今年は大晦日の夕飯は別に作ったものとお雑煮をメニューにして
夕飯後 テトさんとつれあいがテレビ見て大笑いしている声を聞きながら
お節 お重に詰めてみました。

DSC_0621-加工
盛り付けにはまだまだ
スキルアップが必要なようですが(笑)
それなりに美味しそうに詰めれましたよ。

何よりこうして家族のために
料理をしっかりして
お正月を皆で祝えることが
本当にありがたいし幸せなことだと
居間から聞こえてくる笑い声を聞きながら
しみじみ思ったり。。。





今年を振り返っては年明けてからゆっくりと記事書こうかと・・・


2018年 あと2時間となりました。


皆様はどんな1年でしたか?
どんな年だったとしても 
来年はきっと 今年よりもっともっと光が差してくる1年になります!

そう信じること。
強く思うこと。
祈ること。


穏やかに暮れて行くこの1年
出会って触れ合って自分を生かしてくれたすべての人 物事に
心からの感謝を。

ありがとうございました。

いつもここに覗きにきてくださる方々が
心を寄せてくださることで
見えない力やメッセージが自分に届いていたのも感じます。
本当にありがとうございました。
(ダラダラ記事にもよくお付き合いくださいました 笑)


明日からの新しき1年
みんなで素敵な1年にしていきましょうね。

皆様に 愛をこめて

佳きお年をお迎えください。
DSC_0616


さ~シャワーでも浴びてさっぱりして
バカ笑いしている二人のそばに行きますか…

 
                                    
                                  
                                    お節づくりのすきを見て
                                    つまみ食いを狙う
                                    我が家の泥棒猫さん

                                    油断も隙もありゃしません 

                              (今年ラストの写真がこいつか~!!!笑) 

                 







峠は越えた♪

年末27日納期のお仕事。

本日 やっと予定数は吹き終わり 
明日から2日間でグラスの底の仕上げと梱包仕事を経て 納品となります。

お祝いの言葉を添えたチラシを同封するので
祝辞をつれあいにチェックしてもらおうと読み上げると
「う~ん。。。ちょっと堅苦しくね」と言われてしまい
私が悩んでいると
その場にいたテトさんが
『自分がいいと思ったならそれでいいんじゃない』



おやおや
なかなか正しいことを言う!笑

私は自分で書いた文章でいいかな~と思っていたところだったので
テトさんに背中を押され
そのままで行くことに。

後はこの祝辞を印刷。

このお仕事もやっと峠を越えました。


正直言うとこのお仕事
儲けはほとんどありません。

トントンかな~。いやこんなに手間がかかったんじゃ赤字かも。笑

でもお仕事受けて本当によかった。

一番の理由は 詳しくはまた後日書きますが

作った作品が かなりいろいろ勉強になるスキルを要する作品だったので
スパルタ的に学ぶこと多かったといういうこと。

また いつもならいろんなことを理由に
なかなか軌道に載せれないでいたガラスのお仕事が
今回は 残りの3カ月間 しっかりお仕事出来そうなくらいの準備運動が
年内には出来たということ。


子育てしてると 恥ずかしことに全然制作意欲が湧かなかったここ数年。
このお仕事いただいて 『出来るかな~』って不安もあったけれど
自分のお尻をたたくことで何とかやりぬけて(まだ終わってませんが)
少しは自分の自信になりました。

子育てしながら自分の仕事をサクサクできる人とは違い
かなり不器用な自分にとっては
昔は当たり前にできたこういう仕事が
目の前に立ちはだかる高~い壁に思えたりして。。。。。

でもこうして少しずつ 頂いたお仕事を誠実にこなして行くことで
復帰への道をたどっていくのでしょう。

何にせよ焦らず焦らず



納品終われば今年はもうあとすこし。

ギャラリーのお仕事もまだ少し残っているし
大掃除も年賀状書きもしないまま年を越えることになりそう。。。



でも今年はある意味とても充実してます。
一番やるべきことやれたから。


いろんなことや 
協力してくれたり心配してくれたり応援したくれた人たちに感謝しつつ
とにかく今は納品へ向けあとひと踏ん張りです。
*冬至までがデトックス時期だったのか体の調子も良くなりました。
今痛いのは左坐骨がちょっと違和感あるだけ。
そう言えばどこも痛くないってしばらくないな・・・笑

DSC_2288







そうそう
こちらの準備もしなきゃね












あと少しで冬至

お仕事せっぱつまってきました~

でも 思うようにサクサク作れてません・・・・・

納品数までまだ半分。
残りの制作できる日を計算すると 「1日当たりこのくらいは作らないと…」と言う
目安ぎりぎりor目標数作れない日々が続いてます。

数は作れるのですが なにせ納得できる形じゃない・・・

あ~~~ほんと頑張らないと間に合わない!!!

でも
もう体中いろんな所が痛いし
昨日今日は父ちゃん出張でいないしで
テトさんの相手してるとあっという間に1日終わる。。。

気持も焦るしで

まさに満身創痍




ただ、そんな中にあって 自分を励ましてくれることもあり・・・

以前から毎年この時期になると書いてると思いますが
私は1年で1番冬至の日が好き。

一昨日の晩も
「あ~もうすぐで冬至!冬至になれば元気が出る♪」と言う私に
つれあいが
「なんで?なんで冬至になると元気になるの?」

これをいちいち説明しなきゃなんない奴には
説明してもわからないだろう。。。

そんな気持ちを抱きつつも
「だって~冬至から後は日がだんだんと長くなるんだよ~嬉しくない?」
そう言ったけれど 
つれあいはわかったようなわからなかったような…笑


いろんなどんよりとした思いも
なんだか日が長くなっていくと思うだけで
「きっと何とかなるだろう だってお日様たくさん出るようになるんだし。。。」という
根拠のない希望が湧いて来ちゃう単純なわたくし。笑

寒くなっていく時期は
たびたび思考がダークサイドに落ちることもあるけれど
こういう単純な思考回路が自分を支えてくれたりもして・・・

今はとにかく冬至に向かって
そして冬至が過ぎた後は春に向かって!


頑張るぞ~!!!
(さ~今日もこれからガラス吹く吹く!)


DSC_2385-圧縮











去年の冬至の夕暮れ
冬至って新年より新年らしく感じちゃうのです



















長いトンネルを抜けた

今晩もかなり冷えてます。

明日の夜はふたご座流星群が見れるそう

冬の夜空は本当に美しい。
耳たぶが痛くなるほどの気温の中
明日流れ星は幾つ見えるだろう。。。



✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧☆✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧



今年は例年より早めに店を閉め
ガラス仕事の準備を始めたものの
窯の根本的な構造の欠陥や地震の影響も多少あり
なんだかんだと修繕に時間がかかってしまい
やっと吹き始めたのは1週間前の12月6日。

それから逸る気持ちを諌めつつ リハビリに精を出し
勘や腕が戻ってきたところで
いつもより早めに仕事を始めなければならなかった
原因になったお仕事に取り掛かりました。

由仁町役場さんからお声掛けいただいたお仕事。(詳しくは年が明けてからご報告~♫)
その納品が12月の27日!

依頼されたのはもう1年以上前で
昨年のガラス仕事をしつつ試作を作るつもりが
病に倒れ2月を待たずに頓挫したので試作も出来ず・・・・

なんとなくのイメージはあったものの
いざ形にすると なかなかイメージ通りにはいかないもので・・・

リハビリ終えて試作段階に入っても
なかなか完成度が上がらず
『間に合うかしら~。。。』とちょいちょい焦りも出てきておりましたが

一昨日やっと形が決まり
長~~~~いトンネルを抜け出れそうな予感

それから詳細詰めて 完成度も上がり 昨日サンプルも作った!ので

今日 役場の担当の方に 
お仕事受ける上での書類提出も兼ねて試作持って見せて来ましたよ♪


担当の方に見せると
「お!素敵ですね~♡」と笑みがこぼれ・・・

これはお世辞ではなく気に行ってくださった模様 

ホッと一安心。

後はひたすら予定の納品数分 作りまくらなければならないわけで・・・
かなりな数があるので
これから先1週間以上はまだまだ気が抜けません。


なので この時期 せっかくお誘い受けたあちらこちらの忘年会や
1年に1度家族と離れて飲んで楽しめる自治区の婦人会の忘年会もあきらめて
ストイックに缶詰状態続きます。

あ~さすがに もう2週間ちかく休んでないから
今度の日曜は休みたいな。。。




いろんなこと起こりすぎてDSC_0564-トリミング
まだきっと何か起こる!って気を引き締める癖がついてて
なんかうまく気持ち緩めることができないけど
ま、この仕事もお正月には終わって(終わっていればいいけど~笑) 
正月は緩みまくるのだから
このまま年末になだれ込むんでしょうね。

兎にも角にも とりあえずトンネルは抜けたようだから
後は 残る3カ月 
今期はとにかく体を壊さずしっかり吹き続けますよ~

頑張れ自分!

                                                                新作のロックグラス
                                                                   波がモチーフです










反抗期? ツンデレテトさんに翻弄される日々

DSC_0551

今年の雪のペンキ屋さんはずいぶん仕事がのんびりです。
毎年この時期には地面はすでに真っ白に塗りつぶされているのに・・・



DSC_0554
       どうやら慌てて
       ここ2~3日で一気に
       塗るらしいですよ
  








さて
窯に火が入りまして 温度も上がり坩堝の焼き締めも終わり 
坩堝をガラスで洗って⇒つぼ洗い と言います
(ガラスを細かく砕いたものを4キロほど溶かして坩堝の内側に塗りたくって細かい汚れをとる作業)
その後ガラスの原料を入れて一晩煮て・・・

昨日から無事に吹きはじめましたよ!
(ようやく始めの1歩に立った



とは言っても・・・
昨日はとにかくひたすらリハビリ。
長期休養していたアスリートがいきなり100メートル走ったりしないように
私もまずは基本のウォーターグラス吹きまくりです。
(笑っちゃうほど吹けないんだな。。。これが 笑)



溶けたガラスを鉄のパイプ(棹)に巻き取るその感覚を通して
ガラスの生地の柔らかさや硬さを感じ

吹き込む息の吹き込み具合で 下玉の肉周りを確かめ

型に吹き込むそのタイミングで
ガラスの動きを追うその感覚を思い出し・・・

とにかくひたすら同じグラスを吹くことで
自分の体を通してガラスの状態を感じる感覚を取り戻して行くのです。



自転車に一度乗れるようになった人が
ずっと自転車に乗らなかったからと言って 乗れなくはならないように

体で覚えた感覚はこうしてリハビリをこなしているうちに
確かに体に戻って来るのがわかります。(とても遅いのですが・・・笑)

今日のラストには何とか基本的な感覚が戻りつつあるのを感じて
リハビリは明日午前には終了と言ったところ。

いよいよ 本格制作始めます。(がんばろ~)


ただ、
自動制御とはいえ まだまだ窯の温度も思ったように上がらない時もあり・・・
(やはり燃費は悪くなっているようで〈去年より断然ましですが〉 
修繕メモで書いた換熱室の大修理は 来年やらなきゃいけなさそう。。。涙)

吹きながらも窯が気になって
普通に仕事出来ているとは言い難い。。。


ドタバタしつつの制作は続きそうです。





火入れ前からかなりハードに動いているせいか ちょっと体も疲れ気味。
今朝は右上半身がむくんでました。(腎臓疲れてます)

これで 制作がうまく行きはじめて 面白くって仕方ない!ってなれば
きっと体の疲れや ちょとの不調なんてすっ飛んじゃうんでしょうけど
何せ辛抱のリハビリ時期

気持ちが落ちないように自分をなだめつつ 
とにかく腕や勘が戻るのを焦らず待ちます。



こういう時期って余裕がないから とかく イライラしがち。

しかも最近テトさんが本当に言うこと聞いてくれない。。。
私もお年頃症状のせいか 感情の抑制が利かず
朝から晩まで怒って叱って怒鳴りつけています。

言い返すことを覚えたからか 
親が言うことは絶対じゃないと思い始めたからか
こちらが「○○しなさい!」っていうことには 1度や2度じゃ言う通りになんかしないし
「○○しないと困るのはあなたでしょ?」と言っても
『いいもんね~』とか 聞こえないふりして動こうとしない。

そうなるとこちらも大人げなく逆上しちゃって
二人でいつも大声で怒鳴りあう始末。。。
(6歳児相手にこんな大喧嘩する大人もいないだろって感じ・・・恥ずかしい)

普段の会話も
母の言い方がヒステリーチックなためか
テトさんもすぐに疳癪起こして
そんなに感情的になるようなことでなくても
大騒ぎして怒ったり・・


もうね
こんな状態がすでに2~3カ月続いてて
私が何かテトさんに対して言うことすべてが テトさんは気に入らない感じ。。。

私も怒る癖や いらっとする癖がついちゃって
何か伝えるのにも どこか口調がけんか腰。


ああ~~~困ったな。。。って
ちょっと育児ノイローゼ気味かも



でも窯に火を入れている時はさすがに
わがまま言う雰囲気じゃないのが伝わったのか

夕飯後 私が工房へ行って仕事している間も
父さんと二人で過ごして寝てくれたようで


工房から戻るとこんな書き置きが・・・
DSC_0556『おかあさんえ(へ)
おこめ
お(を)おとした
のでひろい
ました
ですがけがはいりま
した けをとりました』



台所の床には拾いきれてないお米粒がパラパラ

父さんと翌朝のお米を研ごうとして お米バラまいちゃったのね…
でも母さんが怒ると思って一生懸命拾ったんだね。。。笑



ふとテトさんの母さんがいなくても我慢している様子や
頑張ろうとしている気持ちが伝わってきて
「怒ってばかりでイカンイカン。。。」と反省したかと思えば

翌朝
「書き置き読んだよ~ありがとうね お米頑張って拾ったんだね」と言った後
「でもこの字とこの字が間違っているからきちんとした字を覚えようね~」と私が言うと
テトさんまた疳癪起こして機嫌悪くなっちゃいました。。。

私としては 
せっかく字を覚えている最中で 自分から書こうと思った時に
きちんとした字を覚えちゃえば簡単に頭に入るだろう…と
良かれと思ってアドバイスしたのですが
テトさんは間違っていても 今はただ褒めて終わりにしてほしかったようで…

こうして時間が経つと
「ああ。。。本当はこうしてほしくて こう思ったからああ言い返したんだな…」って
冷静になれるのですが
どうもその時々でそういう冷静さが持てない。。。


怒ってばかりで
憎しみさえ抱いちゃう日々かと思えば・・・

先日は
「あ~母さん あんまりにもいろんなこと一緒にやらなきゃいけなくて
どれも中途半端になっちゃいそうだよ」
「うまくできないよ~~~

と泣きごと言っている私に

テトさんが
「母さんならできる!大丈夫!!!」って言ってくれて
びっくり



そんでそのすぐ後には
またくだらないことで大喧嘩。。。。。



ほんとツンデレテトさんの一言に
感情 振り回されっぱなしです。


3歳くらいにあったイヤイヤ期の次は 
第一反抗期ってやつなのかしらね。。。

何とか乗り切っていきます。















プロフィール

工房ワタリガラス

北海道の由仁町という町でガラス作家をやっております。冬はガラス屋さん 春から秋まで小さなクラフト&アートのギャラリー(テトテト)の店主をやっております。        
息子(テトさん・ニックネーム)の子育て落ち着くまで こんなペースでお仕事変わります。日々の暮らしのあれやこれ 自分の作品や工房の事、Gallery teto² の裏話等々綴っております。
*ギャラリーの営業情報は右下のリンクより飛んでお読みください。