由仁町 工房ワタリガラス 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

May 2019

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーteto²の詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

鏡だね~。。。

テトさんの学童イヤイヤ問題。

こちらが心配するほどでもない日もあったり
「もういきたくな~い!」と どよ~ん としている日もあったり・・・

学童の指導員の先生はずいぶんこまめに見守ってくださるようになり
テトさんの他のお友達とのやり取りも教えてくださいます。

そんな話を聞いていると
文句を言ってきたり 意地悪な態度をとってきたりする別の子からの言動を
どう受け答えているかで それぞれの子供たちの性格が見えてきます。


テトさんは 流せない。
いちいち真っ向から反応しちゃうみたい。

人との距離感がまだわからないのもあるけれど
苦手だったり 自分と合わない子とも 
自分のやり方で押し通そうとしたり
自分の気持ちで仕切ったりしようとするらしい。
(一人っ子って言うのもあるのかな~。。。)



昨日学童に迎えに行って

「○○君みたいに 流せたり出来ればいいんですけどね。。。 
気にしなければいい程度の事にも反応しちゃって気の毒で~」と 
先生から言われて


『あ。。。先生 それ私自身に言ってます?』(←心の声)って思っちゃって 笑
「私がそういう性格なんで…すみません」って思わず謝っちゃった。




「融通が利かない」「頑固」「神経質」「適当に流せない」。。。

こういう言葉をどれだけこれまで母親から言われただろう。
母親だけでなく いろんな節目で 仲良くなった人からも
それとなく 似たようなこと言われてきました。


でも 最近は 

仕方ないでしょ~。。。それがいい方に出ることも たくさんあったのだし・・・

って自分に関してはある程度受け入れてます。

そんで 受け入れられるようになったら 
「そんな人間ですが なにか!」って感じから 
「そういう傾向が強いときもあるよね~許してよ~」 程度になってきたかも。笑



テトさんが 私と似たような性格をもち合わせているのは
私が彼に 自然と植えつけている考え方や そばで言っている口調や 
普段の価値観なんかが つよ~く影響しているのも重々わかる。
(影響与えている部分については気をつけなきゃって思う)



でも 持って生まれたものもあるはず。。。
備わっているものなら 治そうとしても出て来ちゃう。


だから そんな 持って生まれた性質を 最初から矯正しようとするんじゃなくて
いい方向に使えるよう 活かせるよう

そして 私以上に この偏屈の融通のきかない性質が 強固にならないように


私自身も 鏡のようなテトさん見ながら やわらか~くなれるよう
頑張るんじゃなくって 愛してやろう わたしの テトさんの この性格。


DSC_1875-圧縮
自然は心の鏡だね
見つめていると自分の気持ちが写りこんでたりする
















初 マイ田んぼ

去年までの3年間 
友人の田んぼの田植えや稲刈りを手伝ってきました。(子守だった時もあるけど 笑)

お手伝いをしているうちに
自分でも田んぼを持って 
田植えから稲刈り脱穀等々いろいろ全部やってみたいと思うようになり・・・
(去年はトロ箱で庭でやってみたりしてました)

DSC_0475
DSC_1335









でも全く一人(うちの家族だけ)だと
大変だろうな…って(手伝っていた友人達も友人同士でシェアしてやってたから)思って
近所に住む友人知人に
「自分たちで田んぼ持って 田植えとかしな~い?」と声をかけていたら・・・

隣町に住んでて teto²の常設作家さんでもあり
ニシン漬け仲間でもある 金工作家の愛ちゃんが
「やる~!」って手を上げてくれて
しかもお友達ももう一人連れてきてくれて
めでたく3家族で小さな田んぼを借りてやってみることに。

去年お手伝いした田んぼの持ち主さんである農家さんが
まだ少し貸せる田んぼがあると言うことで
その農家さんの田んぼをシェアして田植えしている方達の田植えメンバーに仲間入り。

長沼町のこぐま座さんの周りの田んぼの一区画(0.4反)を使うことになりました。
*1反とは300坪。畳で言うと600畳。なので0.4反は畳240枚分。

DSC_1351



田植え前の田んぼの下準備(苗作り・田起こし・代掻き等)は 
持ち主の農家さんが全部やってくださって
われらメンバーは 田植えに必要な道具作りをして
いざ田植え!61796354_384906768791094_4776033435930066944_n (2)

始めるまでは 0.4反だし 
3家族いるからすぐ終わるでしょ~!
そう思っていたけれど。。。

そこは素人3人衆。

始めてみたら最初は手際が悪くって
それなりに時間がかかる。

ノロノロ植え付けているところへ 
声掛けしてお手伝いしてくれる友人知人がどんどん駆けつけてくれて
総勢大人が10名。子供が3名。

子供らは午前中で早々に飽きちゃって 戦力とはいかなかったけれど
(愛ちゃんとこの次男坊は最後までよく頑張った!)
お手伝いさん達のおかげで 午前中には4分の3くらいはほぼ終了。

61701024_670222813406552_7609769221932711936_n

お昼はみんなで持ち寄ったおかずや
おにぎり太巻きがずら~っと並ぶ楽しい食卓♡
この時間が田植えしてていつも楽しいのよね~♪


DSC_1385



去年お手伝いした田んぼのメンバーも加わって
みんなで一緒に自己紹介しながらお昼タイム。


それぞれが話してみると 初対面ながらゆる~くつながっている人もいたり
面白いもんだな。。。



午後は天気が崩れ始めて
お手伝いさんも少し減ったけれど ぱっぱと続きを始めて
残ったメンバーも 手が慣れてきて仕事もだいぶ早くなり
曲がったり 浅かったり いろいろありつつも
なんとか3時ごろには終了。
DSC_1389

見渡すと 水が張られただけだった田んぼに 緑の苗がひょろひょろと並んでる。
機械で植え付ける田んぼはビシッ!ってきれいに並んでいるけど
我らが田んぼは 目安にする糸が風でなびいて それに沿って植え付けたので
手前から見るとぐわ~んってラインが曲がってたり 笑
そういうのも 風 が手伝ってくれたみたいで 愛嬌があって
それはそれで手作りの田んぼ!って感じで愛おしい


DSC_1392目安の糸張る道具が少し足りなかったことや
苗が植わっているパレットを
田んぼの中で引きずって田植えしてたので
あとでそのパレット洗って返す時に
泥がたくさんついちゃって大変だったりとか・・・



反省点はもろもろあれど

素人3人衆の初めの1歩にしては上出来だったのではないかと♡

とか言って
明日また少し様子を見に行くのだけど 苗が倒れてたりして~笑




これから真夏にかけては
ちょこちょこ様子見に行って田んぼの中に生えてくる雑草を抜いたりして面倒みます。

61106212_456879055140475_7651274991312306176_n

今回はこれまでこういうことを私がやり始めると
気持ちや資金面では応援してくれるけど
仕事休んでまで手伝ったりはしなかったつれあいが
今回は仕事休んで参加してくれたり~♪

愛ちゃんとはいろんな機会で一緒にいろんなことしてるので
気がとっても楽だし もう一人のお友達ユホさんも
サクサク仕事してくれて 本当に気持ちがいい!
 
3人でそれぞれの家族を巻き込んで
楽しみながらずっと続けていけたらいいな~♡



まずは初めの1歩

カテゴリー「田植え」作ったので 田植えの記事は続きますよ~♪



61182710_320039978892592_5889924768831897600_nそうそう

同じ町の舞踏家イクラちゃんもお手伝いに来てくれて 
田植え前に田んぼの神様に奉納の踊りを踊ってくれました~♡

私たちは準備始めてて じっくりしっかり見れなかったけれど
風に流れてくる歌声がとっても素敵で
祝福された田んぼになりました~♪















それしかないわけないでしょう

少し前にも書きましたが
テトさん 相変わらず2つ上の学年のR君と学童で折り合いが悪く
たまに「学童行きたくな~い」と言い出します。

親の私は 一応何があったかを本人に聞きますが
どうも最近のテトさんは 
作り話が多かったり 大袈裟に言ったり 
自分にも非がある時でも つくろって相手が悪い 自分は悪くないと言います。

本来なら 自分の子供の言うことを一番に信じてあげなきゃいけないのですが・・・

なんかわかるんですよね~

「あ!?それって嘘じゃない?大袈裟に言ってない?」って。笑

なので学童の指導員の先生に確かめると
たいがい R君だけでなく テトさんにも非があったり
他の子に 上から目線な言い方をしてたり
嫌われちゃう理由が見つかったりします。
(学童の先生も細やかに見てくださるようになって 本当にありがたい)

なので 最近は確認してから対処するようにしてます。

そりゃ~自分のこと わざわざ悪く報告する子はいないだろうから
ま。。。その辺はあまりとがめず。

でもモンスターペアレントならぬ わが子が言うことが正しいと信じて疑わない
バカ親にはならないように気をつけて・・・

これが なかなか難しいもんです。





学校で嫌な思いをしてきた とか いじめられたとか 
わが子から そんな話を聞くと 
つい感情的になっちゃったり 自分の小学校時代を思い出して 悲しくなって
同じような思いをテトさんがしてるんじゃないかと寝られなくなったり…

こちらはそういう話を聞くたびに もやもや そわそわ心配しているのに
同級生のE君とは 今日「うるせーっ」て言われたと報告してきたかと思えば
翌日迎えに行くと 二人で楽しそうに会話してたりして・・・

子供って案外切り替えが早くって 仲直りも早いんだな…って
ちょっとびっくり。
(まだこの年齢だと根に持ったりとかしないのよね…)


きっとR君とも そのうち関係性が変わって来ることもあるんじゃないかって
そんな彼らを見て思ったり・・・。

親である私も気持ち切り替えて
彼らの力を信じてみよう!

いったん嫌いと決めつけちゃうと 仲直りもできないしね
それしかない!って未来を限定しちゃうのはもったいないよね。




今日はラストに久々絵本の紹介!

テトさんが学童に行きたくなくなった最初の頃に
どうアドバイスしたらいいか悩んで ふと入った本屋で見つけた 

こちら♫




今や大人気の絵本作家 ヨシタケシンスケさんが描く
たっくさんの未来♡

大人が読んでも はっとする 言葉がありましたよ。

私たちって いつの間にか 
こういう方法しかないとか
この先はこんな風にしかならない・・・って
結構 誰かが言ったこと鵜呑みにして悲観にくれたり
その先の行動が狭まるような思考回路に陥りがち。

誰かが何か言っていても
概念がどうであろうとも
自分の捉え方を変えてみたり 別の角度から見るだけで
物事って結構全然違ってきたりする

そんなこと子供にも伝わるように絵本にしちゃう
ヨシタケさんってすごいな。。。って思った作品です。

本屋で見かけたら読んでみてくださいね~。


買ってきてテトさんに寝る前に読んであげたら
何か思うところがあったのか フムフム 言いながら聞いてましたよ。笑






















足湯礼賛

本日続投です。

連休前後ハードだったせいか
ここ10日ほど体調が悪く 仕事をする気にならない。

寝込むほどではないけれど
急ぎの仕事がないからと
気持ちがついて行かず
ぼんやりブログ更新などして
最低限のお仕事こなして 体調上がるのを待っております。

実は 体調不良の原因は 思い当たる節もあり…

今月 お月のものの痛みがチトきつい。

ここ2年ほど
毎月の婦人科系の痛みは 小麦食をほぼやめてから激減し
うっすら感じる痛みはあれど 
七転八倒して1週間ほど寝込んだりしていた過去が嘘のように。

でも油断して 月のものが来る前の時期に
小麦食べたり お酒たくさん飲むと てきめん不調が戻って来る。

そう
原因はきちんとあるもので…

テトさんの誕生日に作ったケーキパクパク食べたり 
いただいたクッキーなんかも毎日食べてたし
先日はPTAの懇親会でビールたくさん飲んじゃったな。。。



自分の体にあわないものを調べる意味で
いろんな食材 少しの間やめてみて
かなり どんなものを食べすぎると体が重いかまでわかるようになってきて

小麦もやめる前まではパンやパスタ好きだから
絶対無理~と思っていたけれど
食べなくなると体がどんどんシンプルになって 感覚も鋭くなって
調子がいい日が続くように。

そして今回のように 不調があっても原因がわかりやすくなってきました。

小麦や白砂糖を取り過ぎてると体が冷えるというのも今回痛感しました。
そして体が冷えてしまうと さらに免疫力が下がるんだな…って。



情報でいろいろ聞いていても
自分の体で実感できないと なかなか いい と言われていることも続けられないし
何よりも なんでも欲求に従って食べ続けていると
体が鈍感になっていて ○○が悪い 自分の体にあわない と言われても
やめてみた時の体の変化にも気がつかないんじゃないかと思う。

せっかくシンプルになってきた体。

あとはそれに従うべく ちょっとストイックになる癖つけなくちゃね。。。
慣れればもっと簡単に 体の声に従えるようになるでしょ♡



そんな体調不良にてきめん効果あるのが
足湯

自分の体にあわないものきちんとやめて
あとは冷えてしまったり 血行不良になってしまった体に パ~ンチ!
刺激を与える感じで お手当てできる方法が足湯です。
足湯するのを癖にすると
肩こり・腰痛 とか頭痛とか 腎臓とかが疲れている(免疫力が下がる)とか・・・
かなりの不調に効くのですよ!

我が家では最初風邪をひいたときにこの足湯をして
熱を逆にぐぐっとあげて 
風邪を早く経過させるという治療方法を取って来ましたが(薬は飲みません)
最近はなにか不調がある時も足湯するようになりました。

いちいちバケツにお湯を用意し やかんに足し湯も用意して
部屋でやるので 面倒に感じますが
やってみると体があったまり 確実に何かが変わる感じがあります。
とにかく気持ち~♡


我が家でやっているのは
野口整体で教えてもらった足湯方法です。


コツというかやり方を書いておきますので
体が冷えているな。。。と感じる人 風邪ひいた人 
不調がある人はぜひやってみてくださいね~。


ここには教えていただいた方法そのまま掲載しておきます




●用意するもの

2本足が入って 
足湯ならくるぶし上までしっかりつかるバケツ
脚湯なら膝上までしっかりつかるバケツかお風呂にお湯をためて

熱湯が入ったやかん
椅子
タオル(汗や足を拭くためのもの)
生水(飲み水)


○やり方

脚湯
一、脚湯に先だって、コップ一杯の水を飲むこと。
二、脚湯をするには、入浴温度より2度高い湯(42度~45度)に膝がかくれる部分までつけ、六分間保つ。
湯の温度が下がらないように、差し湯をしながら行うこと。深い容器で、湯を沸かしながらオコナエバ尚良い。
三、乾いたタオルでよく拭き、発赤の薄い側を2分間追加する。
四、よく拭いてから寝ること。


足湯
一、足湯に先だってコップ一杯の水を飲むこと。
二、足湯をするには入浴温度より2度5分~3度高い湯に踝がかくれるまでつけ、六分間保つ。
湯の温度が下がらないように、差し湯をしながら行うこと。
三、乾いたタオルでよく拭き、発赤の薄い側を2分間追加する。
四、よく拭いてから寝ること。
脚湯、足湯共に就寝前に行うこと。
途中発汗すれば乾いたタオルでよく拭いておくこと。

《野口晴哉著 風邪の効用より》



野口整体の創始者野口晴哉先生はこうおっしゃってます

寒くなると、脚や腰に冷えを感ずる人もいるが、脚に冷えを感じないで、脚の冷えを腸の異常、肩の凝り、歯の痛み、頭重、陰気(何となく気が重い)、腰の痛み、胃の痛み等に感じている人も多い。
下痢、便秘、痔の中にも脚の冷えの現象であることが多い。
風邪だと思ってしまうようなこともしばしばある。
こういう時に脚湯、または足湯をすると簡単に治まってしまうので、脚の冷えであったかと気がつく。
膝下外側を圧迫して痛い時は脚湯、足内側を圧迫して痛みのある時は足湯を行う。


この季節 これから寒くなるわけではないですが 季節の変わり目。 
気温がジェットコースターのように変化して 体がついて行かないこと多いですよね。
いろんな不調(特に私のようなお年頃症状が出ている人とか)の原因が
実は足の冷えから来てたりするってこと多いみたいです。

友人に勧めたら どっと汗が出たと言ってました。
私は汗は出ない。。。まだまだ体が鈍っているんだな・・・

あ、でも 汗をきちんと拭くことはとても大事です。
冷えが内向すると本当の風邪ひいちゃって肺炎とかになりかねないのでご注意を。


わたくし 今晩も足湯します。

だいぶ体調良くなったので明日からお仕事再開です!



DSC_2130-圧縮
そうそうアーシングも
体調不良にはかなり効きます♫

これはまたの機会に~!

















7度目のおめでとう!

*FBでも同じ内容投稿しましたがこちらでも(両方見ている方は飛ばしてくださいね~)DSC_1281



先週の日曜はテトさんの7歳のお誕生日でした。

毎年 庭のジューンベリーが咲き始めると
そわそわプレゼントのことを考えたりしはじめます。

食べたいものやほしいもののリクエストを聞いたら・・・


体にいいから・・・とこれまで誕生日に作ってきた豆乳クリームのケーキはいやだと却下。
甘~い生クリームをご所望。(いただきもののケーキで覚えちゃった魅惑の味)

欲しいと言った レゴブロックのセットは目玉が飛び出るお値段!

DSC_1266
ケーキは年に2度(クリスマスもね 笑)くらいだから 
生クリームでもオッケー出したものの
さすがに小学校1年生に
諭吉何枚か飛んでくプレゼントは高価でしょう…っていうんで

ダメ~!

ダメだしされ テトさん 大泣き 
でも 欲求変えない頑固物
そして 絶対折れない厳しいかーちゃん(こちらも頑固者)


間に挟まれ テトさんに甘甘の父ちゃんが「オークションで安い中古探すから。。。」と
妥協案を探り出し
およそ3分の1の値段で落札。

本人は ほぼ新品同様のおもちゃだったので満足だったようですが
かーちゃんはそもそも そんな高価なおもちゃを
値段が下がったからとこんな年齢の子供にあげるというのはどうなんだ!と多少不満。

DSC_1275ー加工

ま、私からは それとは別に
正月に作ってあげたグラスに
大好きな恐竜を描いてあげたのと
ケーキを食べる前に
ウクレレでハッピーバースデイを弾き語りしたあげたのを
テトさんがかなり喜んでくれたので 良しとします。笑
(ウクレレ 1か月前から練習しました)

DSC_1272ー加工




そのうち 手作りのプレゼントではなくって 
高価なプレゼントや
市販の甘~いケーキのほうが喜ぶようになるんだろうか。。。

なるんだろうな ははは。。。







無事に7回目の誕生日を迎えられて
やはり思いは感謝感謝。

子育てべったりできない自分が 自分なりに模索しながら
周りに助けてもらいながら 
ガラスのお仕事お休みしたり プチ復活したり ギャラリー始めたり・・・

お店も最初の頃は お客様にたっくさんご迷惑かけたり
ちび店長のもてなしを喜んでもらったり。。。

3年半通った保育園でも本当にお世話になり
泣いてばかりいた登園から胸張った卒園まで
親子で一緒に頑張ったね。。。

それで!やっと
小学生になりました~!という感じです。



事故や病気にあわなかったことにも本当に感謝。
それはやはり 運命 でしかないのかもしれないし
いつその運命の厳しさに触れることがないともわからない。

だから自分たちがやれることをしっかりやりつつ
日々こうして毎朝顔を見て「おはよう」と言い合い
夜寝る前に「お休み」と言い合える 
このなんでもない日常の大事さに感謝しつつ
ただただ丁寧に積み重ねていけるよう
それだけを願います。



7歳か~早いね~と周りに言われるし
確かに早い気もするけれど
でも自分自身の感覚としては 7年間案外濃密だったかも。。。

それは 7年の間に 自分の体や中身が変わってきたことや
いろんなことを始めたり たくさんの人とつながりができたから。


もしテトさんが私たちの所に来なかったら ここまでの変化はなかったなぁ…と思う。
(もちろん子供が生まれてなくても きっといろいろなことは起きただろうけれど
自分たちだけではここまで広がったとは思えない)
 

この7年は(正確には8年) 年相応に早く過ぎたように感じていたに違いない。



テトさんの成長を見守って 心を寄せてくださるすべての人や存在に
あらためてありがとうございます。


そしてテトさん 
7歳のお誕生日おめでとう

DSC_1259-加工













プロフィール

工房ワタリガラス

北海道の由仁町という町でガラス作家をやっております。冬はガラス屋さん 春から秋まで小さなクラフト&アートのギャラリー(テトテト)の店主をやっております。        
息子(テトさん・ニックネーム)の子育て落ち着くまで こんなペースでお仕事変わります。日々の暮らしのあれやこれ 自分の作品や工房の事、Gallery teto² の裏話等々綴っております。
*ギャラリーの営業情報は右下のリンクより飛んでお読みください。