Gallery teto² は只今冬眠中 
冬眠中の細かな情報などは
姉妹ブログの方で時たま更新中!

DSC_2839
前々回の記事で作っていた吹き型

完成させて・・・・・


先週いっぱい
あーでもない
こーでもない と

試作しまくり


こういう時間が一番楽しい ♪



でも 試作ばかりしていても お金にならないのでね 笑

デザイン煮詰めて 仕上げていきます



DSC_2854













DSC_2864








こんなのや(カジュアルに白ワイン飲むグラスが欲しくって・・・)






DSC_2860










こんなんできました~!
(美味しい赤ワイン飲むグラスが欲しくって・・・笑)




どちらもおんなじ型で吹いたもの

吹き方違うと こんなに雰囲気の違うのものが出来るんです 

不思議~!





ガラスについたテクスチャーの縦筋を“モール”といいます

陶芸でいえば“しのぎ”のようなものです



高温のガラスは
制作時手で触れることが出来ないため
“モール”のようなでこぼこをつけるのには
そういうテクスチャーを施した型に吹きこんで
その型の肌合いを写し取るようにしてガラスの表面に模様を残すわけです

吹きこんだ後 
また別の型に吹きこんだ時に廻し吹きするとモールがよじれて
下のワイングラスのようなモールになりますし

吹きこんだあとあまり手を加えず 
型の肌合いそのものを写し取った状態をキープして仕上げると
上のグラスのようになるわけです



高温で手で触れられないガラスではありますが

吹きこむタイミングやその後の焼き戻す工程等々 
様々な要素次第で
いろいろな表情を見せてくれるのです




自分が手に触れた時のざらりとする感触や
つるつるする感じ
そんなものも想像しながら型を作りますが


吹いてみると思うようにいかなかったり


逆に新しい素材で作った型で吹いた時
自分が考えてもいなかった効果があらわれたり…




前々回の記事でも書きましたが
今回の型は テクスチャーがより繊細で
光の反射がこれまでの型より 細かくきれいなので気に入ってます



DSC_2868



今回のワイングラスに
お茶を入れるとこんなかんじ
(わかるかな~)






このテクスチャーで

ビールの金色や
蒸留酒の琥珀色を楽しみたくなるのは私だけ?

のんべいなもんで 笑




そんなこと考えてると

「あ~こんなビールグラスもいいな。。。」
「こんなロックグラスもいいな。。。」
と夢は膨らむばかり




でもね

ガラス屋さんでいられるのは 
とりあえず あと1カ月


いよいよラストスパート!


リクエストいただいてるものも作らなきゃいけないしね♪
お酒飲む グラスばかり作ってもいられない 笑 


がんがん吹きます

がんばりまーす!






とりあえず今晩は申告書類がんばりまーす!

皆様は お休みなさい

そして 更新はまたしばらく先になるかな?



それでは
ごきげんよう