*Gallery teto² の営業情報は姉妹ブログをご覧ください


いいお天気が続きますね
ここ北海道


先週末は teto² に
知人・友人・古くからのお客様がたくさんいらしてくださり
なんだか賑やかで楽しい週末でした

もちろん初めてのお客様も



皆様 本当に いつもありがとうございます




素敵な玄関を作ってくださった大工さんの強力助っ人で
玄関を作る時にお仕事してくださったもう一人の大工さんが
「お礼にお好きなグラスを選びに来て下さいね」と言っておいたので 選びに来てくださり
丁寧に一つ一つ手に取られ
新作の中で私自身がかなり気に入っているグラスを
「このグラスが握ってみて一番いいかな…」と選んで行ってくださいました

きっとものすごく大事に 愛用の道具として 使ってくださるだろうな

そんなふうに思える選び方 
嬉しかったな。。。。。♪




また古くからガラスを買ってくださっているお客様が
以前お買い求めくださったワイングラスの台がとれてしまい
でもカップの部分だけでも どうしてもまだ使いたいと
ご自分で木製の台(木の固まりにガラスのカップが差し込めるように穴を掘りこんで作ったもの)を作ってお持ちくださり 
出っ張っている部分をほんの少し加工して欲しいと お持ちになりました

実は
それ以前に 台が取れてしまい ご相談のメールをいただいた時に
「それは直すことは難しいので 溶かせば又作れますし
ガラス代をおひきしますので 新しいものから選ばれるのはどうでしょう?」とご提案したのです

でもそのお客様は
「台を作るのも楽しい作業ですし まだ使いたいので木で台を作ってみます」と
おっしゃってくださったのです

そのお言葉を聞き
自分の作品を ここまでしても愛用くださるのは 本当に作家として幸せな事だし
壊れたものをすぐにあきらめたりせず 何とか使えないかと試行錯誤なさっているその姿勢に
簡単に新しいものをお勧めしてしまった自分が逆に恥ずかしくなってしまいました

そのワイングラスは
先週末に無事加工を終え
また違う形となってそのお客様の日常の道具として戻って行きました


なんという幸せ





わたくしの作品をお買い上げくださった方にお渡しする栞には

「末長くご愛用ください」 という言葉があります

愛用してもらえる作品を作る事は作家にとり とても大事な事です
日々 そういう作品であるよう心して作っているつもりです


DSC_2860


お嫁に貰ってくださった方の手で 毎日使われ
愛着が湧き
大事にしたいと思っていただける
作品を作れたのだな。。。と思える



とっても嬉しく貴重な出来事でした