*Gallery teto² の営業情報は姉妹ブログをご覧ください



昨日は久しぶりの札幌

本当なら月曜に行くはずでしたが
チビさんが週末のはしゃぎ過ぎのつけで 咳風邪をひき 保育園をお休み

昨日もまだ咳は出ていたので もしや呼び出しがあるかも。。。
おびえながら用事を2つに絞って ピンポイントで行ってきました



その一つ


teto² では備前焼の小さな動物達が人気です
富良野にお住まいの 備前焼の作家 恒枝直豆さんの個展

DSC_2999札幌中心部 
本当にど真ん中の雑居ビルが並ぶ中に 
ほっそりとした真っ白な建物

そこだけすっと気温が下がるような清々しいたたずまい

道に面した部分は一面のガラス張り

そこに恒枝さんの名前と個展のタイトルや
期間のロゴや数字が真っ白な文字でマークされ
おっしゃれ~なエントランス♪

DSC_3001




中に入ると そこも真っ白な空間で
恒枝さんの備前の器達が美しく映えます

器のシルエットがきれいに見えて 
形も色合いも 藁をのせて焼いた景色も
一つ一つにほれぼれします






以前 富良野の登り窯で焼く作業を 見せていただいたことがあるのですが
1年に2回ほどの窯焚きで1年の作品をすべて焼くので
その量はすごいもの

半年分ほどの作品がうまくいくのかどうかは やってみなければわからないお仕事

DSC_3003


炎のまわり方もそのたびに微妙に違うので
焼き始めたあとは 
炎の力を借りておまかせする というかんじ

火の神様にゆだねるお仕事でもあるのですね



DSC_3002









焼き締めという器は
ざらざらしていて 油が沁み込みやすそう 汚れがとれなさそう・・・
そんなマイナスのイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも

でもぜひお手にとってみてほしいのです

恒枝さんの器は 滑らかさのあるものもあり
ほんのちょとのお手入れで
中に入れたものがおいしく飲める・食べられるすぐれものでもあるのです



DSC_3012
29日まで

ご本人もいらっしゃいます(2枚目の写真の男性ですよ♪)
備前の魅力をいろいろお聞きしてみてくださいね

本日26日は夕方からイベントもるようですよ♪







恒枝さんは今年岡山に移住が決まっております
富良野ではもうお会い出来ないけれど
奥様は札幌の方
たびたび戻って来られるそうですし 
江別のやきもの市でも必ずお顔を拝見できそうです♪
DSC_3010


私はこちらの3点 お嫁に迎えましたよ
ずっとプラスチックのコーヒードリッパーを使っていたのですが
溶けだしてるよね・・・やだな・・・ 陶器のが欲しいなと思っていたので
1~2人分をじっくり入れる程度の大きさのドリッパーと
あえてマグではなく そばちょこを

このそばちょこでコーヒー楽しみます♪







DSC_2260
teto² にいる恒枝さんの動物もあとわずか

岡山で窯が出来たらまた卸していただく予定ですが
しばらく納品はなくなります
DSC_2268


                         

            お手に取りにいらしてくださいね~♪
     この動物達 飾るだけでなく意外な使い方お教えします