始まりました   2017 teto² テトテト   
 
連休中は5月3日(水)~7日(日)まで連日オープンしております
*時間は午後1時から5時まで*




先週の土曜日 4月29日
いよいよ teto² オープンいたしました!


と いうわけで 先週は
「絶賛準備中です~♪」なんて軽く言いつつ 
実は ほんとはハチャメチャなスケジュールで動いておりました

それは もう1歩も踏み外せない綱渡りのような状態(ヒョエ~)


ギャラリーの内装をプチリニューアルするべく 工事しつつ

ギャラリーの冬眠中に制作していた
自分のガラス作品を2か所のギャラリーに送りだす作業もこなしておりました


 
もうこれ以上何も予定は入れられない
1時間も無駄にできない

そんな時に限って~!!! あることが!



それが起こったことで

先週末は ここ数年で 一番消耗しました。。。

詳しくは次回ブログで・・・(予告することでもないんだけど 笑)





まず本日は!
冬のガラス屋さんで生まれたモノたちの参加する
作品展 2つをご紹介させていただきます



まずは東京渋谷 代官山  「無垢里」さんにて
HP:http://www.geocities.jp/mukuri_d/

すでに始まっております(汗)

4月28日(金)から5月10日(水)まで

『春のむくりのお茶じかん 2017』

DSC_0884DSC_0885-クリア

無垢里さん
ガラスの制作 お休みする前から お付き合いのある
素敵な素敵なぎゃらりーです

「数は少なくてもいいので~♪」と今年に入って企画展にお誘いくださいました

ピッチャーや花形の小皿などで参加しております
小さめの花器なども何点か送っております

陶芸教室やワークショップもあるんですね♫
私も行ってみた~い♡


無垢里さんは主宰されているのが建築家の方
建物は古い民家を改築して2階が設計事務所
1階でギャラリーをなさっています

渋谷代官山のお洒落~な街中から一歩住宅街へ入り込み 
ふと現れる 静かな家並みの中にある「憩いの場」と言う感じ
ノスタルジーな感じのする木造の でもお洒落な建物です

内装の雰囲気も企画や展示の内容も大好きなお店の一つです

期間中はもちろん そのほかの時期も
作品を常設コーナーで扱っていただいておりますので
お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください






DSC_0967

そして二つ目は
今週末5月6日(土)から始まります
福島県郡山市にあります
暮らしの器 むぎわら 
さんにて
『吹きガラスと白磁の器展』





むぎわらの店長さん

2年前の夏 わざわざ北海道まで訪ねて来てくださり
残っていた作品を気に入って お嫁にもらってくださり
「製作再開したら 連絡ください」そう言って帰られ

昨年問い合わせをいただいたので
冬の間だけのプチ復帰なので まだ数が作れない旨  お伝えしたのですが
こちらもそれでもいいですので…とおっしゃってくださり
今回参加させていただきました


実はむぎわらさんへの荷物 発送したのが2日前
なので本日到着するはず・・・
無事着くかな。。。

この荷物の梱包も 
ギャラリーオープンの初日の夜から翌朝まで
徹夜でやり 発送時もちょっとトラブルあり・・・で

とにかく無事に荷物が着いて 福島の方々にしっかり見ていただけるよう 祈るばかり



『吹きガラスと白磁の器展』

5月6日(土)~5月21日(日)
am10:30~pm6:30  *水曜定休日

むぎわら 暮らしの器 HP:
http://d.hatena.ne.jp/fukushima-straw/
郡山市桑野3-11-7
☎024-934-5804





実は この企画をお受けすることに決めた後
東日本大震災後 福島など被災地に 
NPO立ち上げ足繁く通っている友人から久しぶりに連絡をもらいました

なんでも・・・
友人らの活動をささやかながら募金で応援してきた私の事やガラス作品の事を
友人のブログで紹介してくれたところ
支援活動する中で福島で知り合った方が そのブログを見て 
「くまがいさんのガラスが見てみたい」と言ってくださったそうで
『紹介したいんだけど どこへ行けば見られる?』 ということで

ちょうどいいタイミングだったので
「来年5月 福島で企画展に参加するんだよ~」と伝えたら
その方に紹介しておくね~と言ってくれたのです



なんと嬉しい♫





まだ作品を持って訪ねたことのない福島

震災後から自分に何ができるのか
ずっと考えて来て
友人達のように直接ボラに行ったり NPO立ちあげて活動したりはできないけれど
自分の作った作品の売り上げで募金は続けよう♪
そう思い 双葉のオブジェ✧過去の記事を作ったりしてきました

今回
震災後もう6年も経つけれど
まだまだ暮らして行く上での不安が大きく
食べるもの 住む所
そういったことに安心を感じられない方たちに
器を販売するのはどうなんだろう・・・?

正直そんな気持ちがほんの少し頭をよぎりました


たしかに
自分の作品の売り上げを募金するのも支援の一つの形だけれど・・・・・


自分がこれまで悩みながらも続けて来た器作り 

日常の中で 使う人の暮らしに寄り添う 道具の存在意味
この美しさが 使う人の心にきっと何かしらの安らぎや力を与えることもある
それを信じてもの作りを続けて来たなら
募金と言う形でなくとも 自信を持って福島の方々に見ていただくのも
自分のやるべきことの一つなんだろうな。。。


そう思い 
むぎわらさんの企画展の作品制作
心を込めて向き合いました


たくさんの方に見ていただけますように
そしてお嫁に行った先で しっかり働いて
その方の暮らしに寄り添う道具となりますように♫


こちらも お近くへいらっしゃる予定の方はぜひ足をお運びください



DSC_0950
春到来 

二つのギャラリーさん
どうぞよろしくお願いいたします


(むぎわらさんに送ったしのぎ盃〈ぐい飲み〉達)