お日様出てるのに 風が強くって 寒いですね~。
ほんのちょっと体調も落ちていて 
お腹にカイロ当てて 昼からお仕事します。



毎晩 寝しなにテトさんに絵本を読んでますが
このところ 絵本だとすぐ終わっちゃって「つまんない~」ということで
童話を読んでます。

しかも シリーズもので続きのあるやつがお気に入り。



これまで『エルマーのぼうけん』という 
わたしのバイブルでもある 外国の童話が二人とも好きで
こればかり読んでました。
もう何度読んだか分からない。
(今家にある“エルマーのぼうけん”は自分の幼い時に買ってもらったものだから 
すでに手元に40年はある童話。 私の宝物です)


挿絵もとっても素敵なので贈り物にもイイと思いますよ。
シリーズで3冊あります。

エルマーのぼうけんセット (世界傑作童話シリーズ)
ルース・スタイルス・ガネット
福音館書店
1965-09-30






昨日読んでいたのは
別の童話のシリーズの 第2冊目。

実は
少し前に この1冊目を読んでいて
不覚にも私が! 
 
ラスト 感動で涙涙。

鼻水と涙でぐしゃぐしゃになりながら読んでいる母に
テトさんは「なんで泣くのさ~」「かーさんが泣いてどーするのさ~」と
優しく笑いながら 指で一生懸命 涙をぬぐってくれて。。。。。

彼は もう私が泣いていることの方が気になっちゃって
お話の中身は頭にはいらず・・・ 
翌日もう一度読み返したほど。



だってね~。。。
お話が良くできてるんですよ。

登場人物のキャラクターも際立っていて
ラストにはドキドキする事件も起きて
しかもっ!!! (読む人いるかもしれないから ここまでしか言えない!)

ドラマチックで エンターテイメントとしてもよくできたお話。

だからその続編を図書館で見つけた時は
テトさんと嬉々としてシリーズの2~4冊目まで一気に借りちゃいましたよ。



それで昨晩
そのシリーズの2冊目を読んでいて・・・・・

以前 テトさんの前で みっともなくグシュグシュ泣いたので
もう泣くのはやめとこ~ 
なんて思いながら読んでました。

昨日はその本のまだ中間あたりのお話。

最近夜更かしのテトさんに
少し早く寝る約束を守る代わりに
今晩は
その本のお話を3つ読んであげると約束し 読み始めました。

まだ中盤だし
いきなりドラマチックになることもないだろう…と思いきや!!!

3話も読み進むと お話が思いも知らぬ方向へ~!!!!!

そうです。
また母は 読みながらグシュグシュ涙を流しておりました。



横でねっころがりながら聞いていたテトさんは
「あれ~また泣いてるよこの人」(←こういう時 「この人」とか言うようになりました (^_^;))と言いつつも
前回同様 指で涙をぬぐってくれました。

「だってさ~ ○○がさ~ 気持ちがわかりすぎちゃってさ~」と
泣いた理由を泣きながら(まだ泣いてる!?笑) テトさんに話すも
テトさんはそこまで身につまされることもないせいか
まるで親が子供を見守るかのような優しいまなざしで
「ふんふん」と聞いてました。(逆だろ!って自分に突っ込み入れてましたけどね 笑)




最近 物を減らさなきゃ!といろいろ断捨離している我が家。
本も増えちゃうので
気に入った本でなければなるべく買わないようにしてきましたが

ひさびさにヒットだわ~。これはもう4冊まとめて買いです!!!



出産後 頭の回転も落ちてる私。
老眼も進んでますから
大人の小説とかは字が小さいし
読み進むのに結構時間がかかっちゃう。

だからそんな私にはちょうどいい童話。


でも!!!

内容は!子供も大人も楽しめる なかなかに素晴らしい童話です。
とってもポピュラーなものらしくって(タイトルは知ってましたが)
なんで今まで読まなかったんだろう???
これを子供の頃に読んでいたらどう思ったかしら・・・?



大人の方も
たまには ちょっとゆる~くこんな童話を読んでみるのもいいのでは?

猫好きな人にはさらにお薦めです♡