少し前のお話


このブログを始めた 2014年9月のとある記事に
見知らぬ方からコメントが。

ネットサーフインしていてこのブログにたどり着いたその方は
24年前に 私がバイクでロングツーリングしていた時に
新潟の佐渡島で会った方でした。
なんと 私の名前を覚えていて
「もしかしてあの時の人ですか~?」と尋ねてらっしゃいました。

佐渡から帰りのフェリーの中で一緒だっただけで
名前とガラス職人さんになりたくていろんなガラス工房を訪ね歩いているという
話をしただけなのに
その方(Tさん)には かなり強烈な印象のバイク乗りの女の子だったようで
名前を覚えていてくださったみたい。笑

わたしもTさんの顔は覚えていなかったのですが
フェリーの中で どんな人と話をしたのかはうっすらと覚えていて
写真を探したら フェリーに乗る前のバイク乗り達の写真の中にTさんが写っていて
「あ~たぶんこの人だ!」とバイクのナンバーを確認したらドンピシャ!

お互いにコメント欄を使ってしばしやり取りし 盛り上がりました。



そのやり取りの中で おそらくTさんが一番驚いたのは
当時 同じフェリーに乗っていたのが
今のわたしの連れ合い(旦那)だという事。


実はその前日 新潟から佐渡島に着いた私が(佐渡には一泊だけだったのです)
フェリー乗り場近くの食堂で出会っていたのが
その時北海道から一人旅でロングツーリングで佐渡に来ていた連れ合いだったのです。

わたしから話しかけたら 連れ合いが「北海道から来た」と言うので
佐渡の後 北海道へ渡るつもりだった私は
連絡先を交換。

北海道に住んでいる知り合いができるようでちょっと安心したのと
実はここだけの話 ちょっといいな~と思ったから。(逆ナンです 笑)

それで 翌日 新潟へ戻るため フェリー乗り場に行くと
連れ合いもそのフェリーに乗るということで
船着き場でバイク乗り達が並んでいる場所にいて
そこにTさんもいて・・・

バイク乗り達が写る写真には
連れ合いも写っておりました。




Tさんは今でもバイクに乗ってらして
そのコメントくださったすぐ後に 本州からうちのギャラリーまでお越しくださり
二十年ぶりに再会!(その日 連れ合いは不在)

時の流れは残酷で 
Tさんの印象にあった 若々しく少しはかわいらしさもあった私は
立派なおばさんに!笑(がっかりなさったのがはっきりわかりましたよ 爆)

「お互いに歳とりましたね~」とほんのり苦笑いしつつ
近況など話して 再会を喜びました。




そんなことがあってから約三年半・・・・・

Tさんとはやり取りは続けていて 先日「また北海道へ行くんです」と連絡をいただき
その日は連れ合いも家にいて
連れ合いとは 四半世紀ぶりに再会!

お互いに それほど記憶が鮮明に残ってはいないと言いつつも
何やら楽しそうに話しておりました。




それにしても びっくりしますよね~。
同じ時に偶然出会った我々が 縁あって二人は夫婦になっていて
連絡先も知らない人同士が 
二十年経ってから再会出来ちゃうんですから。

つまりは 
我ら夫婦にとっては Tさんは慣れ染めの現場に立ち会った人なんだよな。。。不思議
 



ネットが当たり前になって 
便利になっただけでなく
こんなミラクルも起きるんですね~。


Fb始めてから
Tさん以外にも その時の旅で 
住所交換してないけれど 名前は教えた 別のバイク乗りの人から
同じように「覚えてますか~?」と連絡貰ったこともありました。

四半世紀前は 私 かなり強烈な女の子だったのかしらね~? ははは~笑


不思議なご縁でつながったTさん。
「こういう出会いや再会があるからバイクの旅はやめられないんですよね~」
っておっしゃってました。

同感です!
DSC_0027


あ~またバイクの旅したいな。。。♡



佐渡島で撮った自分の愛車SR君
昭和かよ!って言いたくなるノスタルジーな写真(モノクロだしね 笑)
でも考えてみれば  24年前は昭和が終わって6年しか経ってなかったのね