昨晩は今朝4時半前には起きるつもりで 10時過ぎには寝床に入った。

でも夜中。。。

胃が痛い・・・と目が覚め 
愉気して 脱力して何とかしのいでいたらまたウトウト。

ちゃんと寝坊しないで起きれるか心配で 結局あまり深く眠れず・・・4時過ぎに起床。
胃痛は治ってました。
DSC_0580

準備して工房へ行き
いつもより少し早目ですが 
4時45分頃から窯に火を入れました。
DSC_0581
昨日ブログに書いたこと 
あらためて感謝しつつ
火の神様 ガラスの神様 
土地の神様に
お守りくださいと祈りをささげて
バーナーに点火。


現在 時刻は午前10時
火入れの方は順調です。



火入れの方 は ?   

そう

テトさんがまた登校前にお腹痛いと言い出して
学校には遅刻するか休みますと電話して 今は横になってる。

夜から痛みがあったのか また寝ているところ見ると 
休みたいからとかじゃなくて ほんとに痛いみたい。
「風邪の菌がまだ残っているのかな…?」
「風邪の時に胃の粘膜に傷がついたのか?」

自分も昨晩痛みがあったので ここは用心です。

愉気するとまだ腎臓が腫れてる気もします。


遅刻して学校へ行くとなると
送って行く間の窯がちと心配ではありますが
手動とはいえ 今の所バルブの開き具合は
プログラム通りだから大丈夫でしょう。


こうしてブログ書いていられるということは
「無事 火入れ始まりました」と言っていいレベルです。(ですよね?←誰に聞いてる?笑)



朝食食べたら私もまた少し胃痛が・・・
昨日あまり寝られなかったし
プログラム通りに窯の温度が上がっていなければ
警報が家の方で鳴るようにしてあるので
少し仮眠でもとりますか…






DSC_0594後3日ほどで 1年で一番好きな日『冬至』

お日様が出ている時間が一番短い日
(あ!でも 日の出は1月上旬が一番遅くて 日の入りは12月上旬が一番早いんですって)

冬至を過ぎると 
お日様が出ている時間が
また少しずつ少しずつ増えてく。
そう思うとなぜか
寒さが厳しくなって行くことも気ならないのです。

DSC_0591

1年のうちで一番儚い感じがするこの時期の朝日。
でも光の透明感や輝きは最も強い気がします。

DSC_0601

今朝は私の顔にも家族の寝ている家にも火入れした工房にも
金色の光を降り注いでくれました。



これを読んでくださている方々にも 
この光のエネルギーが届きますように



仮眠取ってテトさんの様子見たら
工房へ仕事しに行けるかな?
(今日は学校も無理かな?だとすると工房仕事も無理だね。。)




次の大仕事は今夜遅く。
ガスから灯油への切り替え。

これがうまくいけば後は自動制御なので楽ちんです。
ガラス溶かす つぼ洗いまでは ブロー(ガラス吹くこと)準備をいそいそと。

予定通り進みますように♪



追記:
このあと窯の方でブザーが!
見に行くとトーチのバルブが凍りついてる。。。それで火力が安定しない。
その上 テトさんが起きて来て もうお腹痛くないから学校行く~!ですと。

トーチの凍りついた霜をストーブ当てて溶かして なんとか火力も安定。

テトさん車に載せて往復20分で学校へ送ってきました。
(4時間目の途中から行くって 給食だけ食べに行くみたい。。。)


ほ~~~~。
京都で修業してた時に ガスボンベのトーチが凍りつくなんてことなかったよ~。

このまま大きなトラブルなく 灯油への交換まで火入れ進みますように。





DSC_0597-トリミング。加工
ホールケーキ半分食べちゃったのだ~れ?
って感じの下弦のお月さま

写真拡大すると 
クレーターもうっすら見える

きれいだね。。。