由仁町 工房ワタリガラス 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

私のガラス作品のこと

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーteto²の詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

やはりメンテナンスは大事です

DSC_0535



一晩経つと 外は真っ白
すっかり雪景色です。







DSC_0534
窯は順調に温度を上げております。
今朝はすでに1200℃。

昨晩の手動のガスから 自動制御の灯油に切り替える作業も
久しぶりでビビりまくっていたけれど
あっけないくらいあっという間に終了。
日が変わる頃には寝ることもできました。





昨晩は風もなかったせいか トラブルなどは本当に何一つなく

というか

ここ数年の火入れの際の温度上昇のペースからすれば
今のところは 本当にスムーズに全てがうまくいっている感じ。


数年かけてだんだん換熱室の中が汚れたり 
部分的に溶けて煙道が狭くなったりして
燃焼空気がスムーズに流れなくなってきていたのだ ということがよくわかりました。

野っ原の何もないところを吹きぬけて行く風と
木がたくさん生えていたり家が込み合っている場所を風が吹き抜けて行くのとでは
風の通りが全く違うように
やはり数年に一度でも面倒くさがらずに
換熱室を開いて 掃除したり修繕したりしなきゃいけなかったってことです。

プチガス爆発や地震で 壊れてるんじゃないかと思わなければ
きっと今も狭くなったごみだらけの換熱室のまま 
燃費の悪い窯と悪戦苦闘してただろうと思うと

きっかけになった地震もありがたく感じるし
火入れ前のメンテナンスは大変でしたが
やってよかったとつくづく思っております。


まだしばらくは今の窯で 吹きガラスやりたいとは思っているので
自作のポンコツ窯ですが(いや!自作の窯だからこそ) 
こまめに手入れして大事に使おうと心しました。




今日もお天気は穏やか。
(風が吹くと温度が上がりにくく それだけ不完全燃焼起こしやすく 温度が上がりにくくなるのです)

このまま焼き締めの高温状態までスムーズに温度が上がってくれますように




さて 長い間 お付き合いいただいた今年の火入れに関してのこの備忘録投稿。
いったんここで終了です。

今日は無事火入れが出来て自動制御に代わり ホッとしたので
ちょっとお休みモード。(日曜でテトさんもいるしね~。。。)

とはいえギャラリーの終い仕事もまだ半分くらい残ってまして…

久しぶりに家のあったかいところでお仕事します。




ガラス溶かして吹き始めたら またこのカテゴリーの更新しますね~♫
こんなわけわかんない記事読むの
長々お付き合いくださった方いるのかしら~?笑

お疲れ様~♡
(とかいって またトラブル起きて更新したりして~笑 それはもう勘弁です)



DSC_0536

どんなにどっかり雪積もっても
我が家の猫は朝の散歩に出かけます。
外でおトイレ済ましてきてくれるの❤(えらい子ちゃん達)



DSC_0538

       でもさすがにすぐ戻ってきて
       ストーブの前でこの格好 笑













火入れ始まりました♪

午前4時半。
起きれるか心配で3時ごろから うとうとしてましたが 何とか無事起床。

着替えて 外に出るとまだ真っ暗。
凍てつく空気が否が応でも気持ちを引き締めます。

お供えの榊持って工房へ。 (昨日のうちに供えると凍っちゃうから)
DSC_0512
もう一度もろもろチェクして
5時に手を合わせて 
土地の神様・火の神様・ガラスの神様に
仕事を始めさせていただくこと 火を使わせていただくことに感謝し
制作中の無事を祈った後 火入れ。          
                          親友が送ってくれた火の神様のお札も祀って→



室温-3℃。(窯の内部は電球で温めといたので+6℃)
ここから800℃くらいまで ガスボンベで手動でバルブを開けながら
少しづつ窯の温度上げて行きます。

ボンベのバルブの開き具合が安定したら
電気炉から付け替えたプロコンさんに警報を任せて
(予定の温度上昇ペースと違うと警報が家の方で鳴る)
家に戻って朝食とったり 周りの写真撮ったり・・・DSC_0514-加工
午前6時 バルブが安定したので外へ出る 日の出まではもう少し




DSC_0527

これ更新しているってことは 温度上昇ペースが安定しています。
(とか書いてたら警報鳴った!工房へ行ってきます
→こうやって 工房へ行って 
バルブ閉じたり開いたり…今は手動なので仕方ありません。
                         赤の温度が実温度 のがプログラムの温度→




と言うわけで 今日1日は工房行ったり来たりですが

とにかく!
何とか無事火入れ始まりましたよ♪





でもまだまだ気は抜けません。

去年は家で寝ている二人を起こしたくなくって 警報が家の方で鳴らないようにしてて
家で呑気に朝食準備とかしてたら・・・
その後工房へ戻って ガスの火が消えてて 温度もかなり下がってて~
焦った私は すぐにマッチでガストーチに火をつけちゃいました!!!


そしてその後の事はもう去年のブログにも書いたので書きませんが
(思い出すだに恐ろしい。。。
もうヒヤヒヤものでした。
結局窯の内部には さしてこのプチ爆発の影響はなかったのですが
修繕始める前に 使い終わった坩堝をとりだして中を見たら・・・
恐ろしいヒビが入ってましたよ。(よく割れなかった。。。


今回はもっと気を引き締めて
おごらず 焦らず 着実にやることやって!
まず 無事 ガラスが溶かせるとこまで頑張ります。



さ~て 
次の段階は

今晩の自動制御の灯油に切り替える作業
うまく出来ますように


DSC_0517




DSC_0521







火入れは朝早くて大変だけど
きれいな下弦の月や 始まりを祝福してくれるような美しい朝日も拝めて
結構幸せな気分になるのです♪

がんばろ~!



















火入れカウントダウン 1日空いていよいよ明日!

カウントダウン2日目は 結局借りたい溶接機のこととか
車のことで そんなに作業も進まず。

でも 煙突の分解掃除は終了したし
火入れに必要な整備はほぼ終了。
ほ~~~(やっとここまで来た)


焼き戻しの窯の方は 溶接がはずれちゃって
困ったな~。。。ってなって
借してくれそうな友人に連絡するも みんなそれぞれの家にあるもので
持ち運び不可なタイプ。

壊れた部分の扉を窯から外して 持って行って修理することもできるけど
手間もかかるし どうしたもんか…と思っていたら

救世主は現れるもんです。

ポータブルの溶接機持ってる友人がいて…♪
でもその溶接機の動力は200V。
普通の家庭の電気コンセントには差し込めません。

工房は8キロで契約してるので使えるのですが
大きい動力は電気炉に直接つないであってコンセントがない!

事情を説明すると
貸してくれる友人は電気屋さんだったので
「ああ、じゃあ金曜の朝仕事前に寄って 俺がつないでってあげるよ」

なんとま~親切な

と言うわけで本日溶接機も借りれて修繕作業は終わる予定です。


昨晩は道東に暮らす妹が二男の足の検査のため(なんでもなくって 経過観察)
札幌の病院まで来て 
その後 うちに泊まりに来て 今から送って行くところ。

今朝起きた時は5時半で 
「ああ、明日はもっと早く起きて5時からいよいよ火入れだわ~。。。」と
朝焼けの始まる少し明るい東の空を眺めてました。


続きは夕方にでも書けるかな。。。
(溶接うまくできますように)


+*+*+*+*+*+*+*☽+*+*+*+*+*+*+*☽+*+*+*+*+*+*+*☽+*+*+*+*+*+*+*☽+*+*+*+*+*+*+*


さて 続き


本日は朝 溶接機を貸してくれるというM君が
溶接機を持ってきてくれて 
電気コードもつないでくれて いざ溶接してみようかとチェックしたら・・・

溶接棒を挟む道具がない!というんで

M君が今日仕事を頼まれてた
同じ町の金工作家のトントン工房さんの所まで借りに行ってくれるということでついていくと・・・

型番とかが違って
先端分解したりして作り変えなきゃいけない・・・

1時間くらいかかるけどいい?
と言われて 
「私はもちろん助かるけど M君もトントンさん達もいいのかい?」と聞くと

みんな『いいよいいよ』 って。

すっかり甘えて 待つ間
火入れに必要な榊やお神酒を買ってなかったので
町へ買い物に行って戻って来ると
DSC_0507
『M君 道具忘れたから取りに行って来るって』とトントンさん。
M君わざわざそのために隣町の自宅まで戻ってくれて…
戻ってきたら・・・
戻った自宅に溶接の先端部分の道具があったそうで
無事拝借!

そのあと 自分の工房へ戻り なんとか 溶接出来て
壊れた個所の応急処置は出来たし
溶接機もしばらく貸してもらえることに


仕事でもない私の頼みのために 午前中つぶしちゃったのに
全然厭な顔一つしないどころか 気持ちよくいろいろやってくれて
M君もトントンさん達も
『火入れ頑張ってね~♫』って励ましてくれて・・・・・泣けるわ~

本当にありがたかったし
自分も 人が困っている時 こういう風に気持ち良く力になってあげたいものだな…って
心から思いました。

M君 トントンさん達 ありがと~



と言うわけで 修繕仕事は終了。
ほんとに今回ここまでいろいろありましたが
火入れ準備無事終了

DSC_0509
片づけも終わり 
火入れのための 
お神酒や榊やお塩や水やお米もお供えしました。



今日は父ちゃんいないので
テトさんとお風呂にも入って
後は寝るだけ。


さ~~~いよいよ明日からガラス屋さんの始まりです。


さっきテトさんが独り言で
「いよいよ明日からだね~♫」と言うので
横で続きを聞いていたら

「12月が始まるのがさ 」とか
「クリスマスのお菓子カレンダーめくれるのがさ 」とか言うので

思わず!!!
『かーさんのガラス屋さんが始まるのもでしょ!』
って言っちゃいました。笑



そうです。
かーさんのガラス屋さん 明日から始まります♪(まずは火入れからですが)
火入れも無事に行きますように 皆様も祈っててくださいな)


4時半過ぎに起きなきゃいけないの~
皆様おやすみなさいませ~







火入れカウントダウン 3日!  ブルータスお前もか!

昨晩は寝落ち


昨日は結局 新しいプロコンさんのプログラム入力に時間かかっちゃって・・・
(ぁ!でも電気炉から移動させたこのプロコンさんはすこぶる元気。いい仕事してくれそうです)
DSC_0504

そんで 
焼き戻しの窯の方はバーナーの試運転のみ。
拾ってきた古~い灯油のお風呂のバーナーを
改造して長年使っているこちらは
煙モクモク出ますが ちゃんと動きます。
(古くて単純な機械の方が壊れにくい)



煙突掃除(工房内部部分)は今日はやんなきゃ!


あったかい日はもう来ないということで
庭の冬籠りの準備も進めました。


さて、タイトルお読みになって
「あら?また何かあったの~?」ってお思い?

そう ありましたよ!

DSC_0505

焼き戻しの窯の試運転し始めたら
扉の一部が壊れてる?

溶接がはずれちゃってます




20年前 窯を作った時は
でっかい溶接機を金物やのおじさんから借りて
大家さんの電力の大きなコンセントにつないで
溶接してたのですが
今そのおじさんとは交流がなく・・・今また借りるのも悪い気がして、、(お元気かしら。。。)

しかも持ってくるの一人じゃ大変なほど重い。。。

別の友人にポータブルの溶接機借りれないか聞いているところ。。。
ま。。。こちらの窯は火入れして温度を上げている3~4日のうちに直せればいいので
後回しってことで!




それに加え
どうやら自分の車の様子がおかしい。。。
2駆から4駆への切り変え部分の修理
少し前にタイヤ交換に合わせ車屋さんに診てもらったんですが・・・・・

直ってない?!

昨晩来年の田植えの打ち合わせに隣町の友人宅へ行き
ぬかるんだ場所に駐車したのですが
帰りにそこから出られない?!

それほどひどいぬかるみでも
坂道でもないので
これはやはり4駆に入ってない模様。。。

いや~これからの季節 雪積もったら いっぺんで雪道から抜けられなくなるわ。。。

と言うわけで今日はこれから車屋さんにも行かにゃ。。。




もうっ!!!
ブルータスお前もか?!ならぬ「どいつもこいつもお前もか?!」
です。
トホホ


ここまでいろいろ続くと
きっとまだ何かあるだろう…くらいには考える癖がついてて

そんなに焦りはなくなってきましたが・・・・・

淡々とやることこなして
とにかく火を入れて
ガラスを吹くしかないのですから。


さて 溶接機の方は 連絡待ってても来ないので
先にいろいろやっちゃいます!



本日のお仕事予定メモ

◎焼き戻しの窯用の工房内部部分の煙突掃除
◎溶接機借りる手配
◎焼き戻しの窯修繕
◎工房内片づけ

○車屋さんに見てもらいに行く
●庭の冬籠り準備


更新はまた明日になるのかな。。。


また今日からぐんと冷えるそう。
皆様もお体にお気をつけて~。

精一杯の1日を~♫
(友人のFB投稿での決まり文句 気に入ったので真似しちゃいます)








火入れカウントダウン 4日!   

そもそも何で今年はそんなに火入れを急ぐのか?

それは 町役場からお仕事を依頼されたから。

1年以上前にお話をいただき 昨年試作ぐらいは作っておくはずが

溶連菌感染からの腎炎からの反応性関節炎とやらで
ニッチもサッチも行かなくなって 泣く泣く火を落としたため
試作も作れず・・・・・

まさかこんなぎりぎりになっての制作になろうとは。。。


しかも年明け納品でいいのかと思っていたら
納品は年内。
ひょえええ~~~~~


つまり!!!
今週末に火入れできたとして
窯の温度が上がりガラス吹き始められるのがおそらく12月5日か6日。
そこから納品まで3週間ほど。

毎年のこと 腕が戻るのにリハビリ1週間はかかるので
つまり実質制作にかけられるのは2週間!!!

さ~これで私が焦りまくっているのがようやく伝わったでしょうか?
(トラブル起きるたびに 脳みそに冷や汗かく感じ伝わりました~笑 って笑っている場合じゃない)

なのでもう火入れのスケジュールは1日も遅らせられないのであります。
(とか言いつつだらだらしてたり ニシン漬けしてるのは私ですけど 





今日はとってもあったかくて 作業はしやすい!頑張るぞ~

さてどんだけ作業できたかは 
(あるいはまた新たなトラブルはなかったかは)
夜の更新に続きます~♫










プロフィール

工房ワタリガラス

北海道の由仁町という町でガラス作家をやっております。冬はガラス屋さん 春から秋まで小さなクラフト&アートのギャラリー(テトテト)の店主をやっております。        
息子(テトさん・ニックネーム)の子育て落ち着くまで こんなペースでお仕事変わります。日々の暮らしのあれやこれ 自分の作品や工房の事、Gallery teto² の裏話等々綴っております。
*ギャラリーの営業情報は右下のリンクより飛んでお読みください。