由仁町 工房ワタリガラス 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

日々のあれこれ

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーteto²の詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

反応性関節炎 慢性化したね~。。。(^_^;)

2週間ほど前にテトさんの同級生が運動会の振り替え休日で遊びに来て 
近所の公園で3人で遊びました。


その時追いかけっこをしたら・・・・・
テトさんが鬼になり 必死で逃げようと走り出した途端。。。
ぐきりっ!!!ガコガコッ!!!と腰が変な風に動いて
その後から思い切り走れなくなりました。

いや~腰やっちまったな…とぎっくり坐骨に近い症状の始まり。
(この感じになると その後痛みがある場所が移動して行って2週間ほどで完治という流れ)

同時にその頃 お年頃症状の一つ 
肩こりや首周りの凝りが始まったようで
(こちらもお月のものの周期にかなり左右されるのでしばらくするとおさまる)

体があちこち痛み出し・・・

それでも どちらも周期があるので きっと あと1週間程度で収まると思いきや。。。

あれ~~~?
鎖骨や首周りの痛みがどんどん酷くなる。
これはもしや???


そうです。痛みの感じは 去年の年明けになった
溶連菌感染からの反応性関節炎の痛みです。

何かの菌(誰でも日常的に罹る菌です)に感染すると 
それを攻撃する抗体が体に出来て 
その抗体自分の体の関節を攻撃し始め痛みが出る病気です。



私は これまでにどうやら2~3度罹っているようで(もっとか?)
これになったら 症状が消えるまで(私の場合)1ヶ月半~2カ月ほどかかります。
(人によっては半年続くとかもあるらしい)

今回が3度目?ということは・・・
つまりは慢性化しちゃったんだわね~。。。(そんな気はしてたけど認めざるをえない)



反応性関節炎対処療法しかなく 抗体が消えるまで待つか
痛み止めの薬を飲むしかないのですが
この痛み止め 市販の鎮痛剤では効かなくて
処方されるものはかなり強力なので 倦怠感や眠気があり 
私は飲みたくないので ひたすら我慢します。


私の場合はアーシングと整体の体操がかなり効果があるのですが
すぐに治るわけではなく やはり抗体が消えるまでは我慢我慢。


田んぼを始めたので 田んぼに素足で入っている時は症状が楽です。
つまりは田んぼに入るのはアーシング効果が抜群なんですね~。


この 反応際関節炎 私の場合 不思議と 寝ている時が一番きつい
重力の関係なのか 横になっていると首と鎖骨の痛みがひどくなり寝返りがうてない。
(寝返りを打つ時にこれほど首や鎖骨周辺の筋肉を使っているとは。。。)
寝返りを打とうとするたびに 痛みで目が覚めるので 寝不足になる。
すると起きてから倦怠感は残っているし 
かといって横になるとかえって痛い・・・
体の休まらない だるい日々が続く…という感じです。


と、こんなに詳しく 慢性化した反応性関節炎の症状書いたのは・・・

実はこの病気 大人ではあまり罹る人いないみたいで
同じような症状の人がネットでいろいろ調べても出てこなくて
少し前に困って私のブログにたどりついた方がいたからなんです。

自分の発病の経過と詳しい症状などをコメント欄で伝えて
血中の抗体の値を調べてもらって
その方もやはり同じ反応性関節炎だと診断受けれたみたいです。

かなりきつめのお薬処方されたおかげで
痛みは少し軽減されたと報告してくれました。


なので また同じ症状の別の方が 原因がわかり 
その後の対処療法も含め 自分で考えられるようにと 
カテゴリーも作りました。

たまに登場するこの反応性関節炎

私の紆余曲折日誌が誰かの参考になれば・・・
必要な方に届くといいな。。。と思ってます。




てなわけで・・・
たぶんまだあと半月はこの痛み続きそうですが
薬は飲まずに何とかいろいろ試みて乗り切ります!


きっと今週末の営業も 店でロボットのように歩いてますよ~笑
















本当のニーズ

最近
NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)という
コミュニケーションメソッドを札幌まで習いに行ってます。
まだ1と2の2回目ですけどね。(^_^;)


友人がFBで投稿していて 興味を持ったのが2年ほど前。

今自分が生きていて 不満と言う不満はほぼないけれど
どこか気分が晴れないことがあり その原因を辿ってくと
実の母との折り合いの悪さが浮かびます。

ここ数年 ずーっと 母とうまく付き合えない その根本原因が自分でもはっきりつかめず
そんな状態で1年に1度里帰りするもんだから
余計こじれて嫌な思い出を重ねてきた気がします。

何とかしたいな。。。とは思って来たけれど
やはり実家を遠く離れ 同じく北海道の道東で暮らしている妹と話すと
「距離を置くのが一番」という結論に至ってきました。


でも

心の中のもやっとした霧が晴れないのには
距離を置くだけではだめだ…という自分の気持ちがあるからで
かといって 具体的にどうしたらいいのか わからない。。。


そんな時に知ったNVC。

NVCとは・・・
コミュニケーションにおいて相手とのつながりを持ち続けながら
お互いのニーズが満たされることを目指して話し合いを続けていくという
共感を持って臨むコミュニケーションの方法



自分が人との会話などをするうえで このメソッド知っていると
何かイラッとすることや 悲しいことを言われたりしても
相手も傷つけず もちろん自分も傷つかず
ただ伝えたいことを冷静に伝えあえる 相手を理解できるというものなのです。


昨日はそのメソッドpart 2 を受けて来ました。


昨日は…
自分の感情を観察して その底にある欲求(ニーズ)を拾い集め
また、相手の感情を想像してみながら 相手の気持ちの奥にある欲求(ニーズ)を
想像してみる…というようなことをやりました。

これやると まず 相手に関して感じていた印象が変わり びっくり。

そして昨日 何より驚いたことは
自分の気持ちの一番底にある欲求が浮かび上がってきたこと。

ご指南くださっているマリーさん曰く
「ニーズって何層にもなってると思うのよね~」ということで
最初は片っ端から 自分の感情が生まれた根本の欲求を見つけて行き
その中でも一番自分が欲している欲求はなんだろう・・・?

と じっくり内観してみて。。。

「あ!わたし 本当はこうしてほしかったんだ…」ってぽつりと言葉が出てきて
それを話しながら不覚にも涙がポロリ。

マリーさんはその少し前から私の本当のニーズには気がついていて
でも私がそこにたどりついたことで 共感してくれたのか
涙ぐんでくれてました。


その欲求は 確かに自分が欲していたもので
そしてそれをまだここで書いたりとかは出来ないとこが情けないんだけど 笑

でもその自分の本当のニーズを 自分で気がついてあげたことで
ここ数年のもやっとしていた霧が晴れるように
そうなんだ~。。。って力が抜けました。


なんかね。

母との関係 変えられる気がします。(もう諦めてたのにね 笑)

自分自身も変わらずに そして相手も変えようとせずにね…♡
↑ここがすごいなNVC…って思うとこ♫


2014_0707_161102-DSC_1217


3が楽しみ♡




NVCの講座の中で話された
他の参加者の方のエピソードは
口外禁止なのでここでは詳しく書けませんが
このメソッド講座を受けて自分がどう変わってきたかは
備忘録としてカテゴリー作って書いて行こうと思っています。


興味のある方はお読みくださいね~。

















蜘蛛の子ちゃん大爆発

どーでもいいお話です。(虫が嫌いな方はスルーして 笑)



ギャラリーのしつらえやお掃除は
毎週 だいたい土曜の営業前にやるのですが

今日は午前中 テトさんの運動会があるので金曜の夜である昨晩やろうと
夕食後ぎゃらりーに入ると・・・

古い家なので 家のいたるところで
毎年 春から初夏にかけて 蜘蛛の子が一気に孵っている現場を見つけるのですが

その蜘蛛の子ちゃんたちが店の縁側の窓辺のいろんな場所で
思い思いに糸から垂れ下がり 自分の巣を張ろうとしてます!!!

私のガラスコーナーは ほぼ 蜘蛛の子ちゃんコーナーと化してるし~



いつもは家のだいたい決まったところで 
ものすごい数の蜘蛛の子ちゃん達が
ギュッと固まり さ~これから羽ばたいて行くぞ~ てな感じの所で気がつくので
まとめて卵からかえったところを ふわっとティッシュで包んで
そのまま屋外に置いておくと しばらくして みんないなくなっている…という感じで
家から出て行ってもらっているのですが。。。

気がつくのが遅かった~


けし粒のような蜘蛛の子ちゃん達がギュッと固まっている時に
卵ごと包む前に 少しでも刺激を与えてしまうと
そのけし粒のような子たちが 
わらわらわらわら・・・と まさに蜘蛛の子を散らしたように
糸を出してするする~っと巣からばらばらに垂れさがり
黒い塊だった蜘蛛の子ちゃんの団体様が見事にほぐれて大騒ぎになります。


我が家ではこれを蜘蛛の子ちゃん大爆発と呼んでます。

昨晩のお店ではこの大爆発はすでに終わり
各所に散らばっていたので 外に出すのも一苦労。

けし粒よりもちさな蜘蛛の子ちゃんなんて 掃除機で吸うとか
雑巾で拭いちゃえばいいじゃない!って思うかもしれませんが
虫が嫌いじゃない私は 出来る事なら殺さず お外に出てもらいたい。

DSC_1224-圧縮
てなわけで・・・
掃除1時間ほどで終了するはずが
蜘蛛の子ちゃん救出大作戦に時間がかかり
3時間ほどかかりましたとさ。。。。

ふ~~~~疲れた
(きっとまた 明日になったら 増えてそるぞ~ 古いおうちは大変です)

















鏡だね~。。。

テトさんの学童イヤイヤ問題。

こちらが心配するほどでもない日もあったり
「もういきたくな~い!」と どよ~ん としている日もあったり・・・

学童の指導員の先生はずいぶんこまめに見守ってくださるようになり
テトさんの他のお友達とのやり取りも教えてくださいます。

そんな話を聞いていると
文句を言ってきたり 意地悪な態度をとってきたりする別の子からの言動を
どう受け答えているかで それぞれの子供たちの性格が見えてきます。


テトさんは 流せない。
いちいち真っ向から反応しちゃうみたい。

人との距離感がまだわからないのもあるけれど
苦手だったり 自分と合わない子とも 
自分のやり方で押し通そうとしたり
自分の気持ちで仕切ったりしようとするらしい。
(一人っ子って言うのもあるのかな~。。。)



昨日学童に迎えに行って

「○○君みたいに 流せたり出来ればいいんですけどね。。。 
気にしなければいい程度の事にも反応しちゃって気の毒で~」と 
先生から言われて


『あ。。。先生 それ私自身に言ってます?』(←心の声)って思っちゃって 笑
「私がそういう性格なんで…すみません」って思わず謝っちゃった。




「融通が利かない」「頑固」「神経質」「適当に流せない」。。。

こういう言葉をどれだけこれまで母親から言われただろう。
母親だけでなく いろんな節目で 仲良くなった人からも
それとなく 似たようなこと言われてきました。


でも 最近は 

仕方ないでしょ~。。。それがいい方に出ることも たくさんあったのだし・・・

って自分に関してはある程度受け入れてます。

そんで 受け入れられるようになったら 
「そんな人間ですが なにか!」って感じから 
「そういう傾向が強いときもあるよね~許してよ~」 程度になってきたかも。笑



テトさんが 私と似たような性格をもち合わせているのは
私が彼に 自然と植えつけている考え方や そばで言っている口調や 
普段の価値観なんかが つよ~く影響しているのも重々わかる。
(影響与えている部分については気をつけなきゃって思う)



でも 持って生まれたものもあるはず。。。
備わっているものなら 治そうとしても出て来ちゃう。


だから そんな 持って生まれた性質を 最初から矯正しようとするんじゃなくて
いい方向に使えるよう 活かせるよう

そして 私以上に この偏屈の融通のきかない性質が 強固にならないように


私自身も 鏡のようなテトさん見ながら やわらか~くなれるよう
頑張るんじゃなくって 愛してやろう わたしの テトさんの この性格。


DSC_1875-圧縮
自然は心の鏡だね
見つめていると自分の気持ちが写りこんでたりする
















初 マイ田んぼ

去年までの3年間 
友人の田んぼの田植えや稲刈りを手伝ってきました。(子守だった時もあるけど 笑)

お手伝いをしているうちに
自分でも田んぼを持って 
田植えから稲刈り脱穀等々いろいろ全部やってみたいと思うようになり・・・
(去年はトロ箱で庭でやってみたりしてました)

DSC_0475
DSC_1335









でも全く一人(うちの家族だけ)だと
大変だろうな…って(手伝っていた友人達も友人同士でシェアしてやってたから)思って
近所に住む友人知人に
「自分たちで田んぼ持って 田植えとかしな~い?」と声をかけていたら・・・

隣町に住んでて teto²の常設作家さんでもあり
ニシン漬け仲間でもある 金工作家の愛ちゃんが
「やる~!」って手を上げてくれて
しかもお友達ももう一人連れてきてくれて
めでたく3家族で小さな田んぼを借りてやってみることに。

去年お手伝いした田んぼの持ち主さんである農家さんが
まだ少し貸せる田んぼがあると言うことで
その農家さんの田んぼをシェアして田植えしている方達の田植えメンバーに仲間入り。

長沼町のこぐま座さんの周りの田んぼの一区画(0.4反)を使うことになりました。
*1反とは300坪。畳で言うと600畳。なので0.4反は畳240枚分。

DSC_1351



田植え前の田んぼの下準備(苗作り・田起こし・代掻き等)は 
持ち主の農家さんが全部やってくださって
われらメンバーは 田植えに必要な道具作りをして
いざ田植え!61796354_384906768791094_4776033435930066944_n (2)

始めるまでは 0.4反だし 
3家族いるからすぐ終わるでしょ~!
そう思っていたけれど。。。

そこは素人3人衆。

始めてみたら最初は手際が悪くって
それなりに時間がかかる。

ノロノロ植え付けているところへ 
声掛けしてお手伝いしてくれる友人知人がどんどん駆けつけてくれて
総勢大人が10名。子供が3名。

子供らは午前中で早々に飽きちゃって 戦力とはいかなかったけれど
(愛ちゃんとこの次男坊は最後までよく頑張った!)
お手伝いさん達のおかげで 午前中には4分の3くらいはほぼ終了。

61701024_670222813406552_7609769221932711936_n

お昼はみんなで持ち寄ったおかずや
おにぎり太巻きがずら~っと並ぶ楽しい食卓♡
この時間が田植えしてていつも楽しいのよね~♪


DSC_1385



去年お手伝いした田んぼのメンバーも加わって
みんなで一緒に自己紹介しながらお昼タイム。


それぞれが話してみると 初対面ながらゆる~くつながっている人もいたり
面白いもんだな。。。



午後は天気が崩れ始めて
お手伝いさんも少し減ったけれど ぱっぱと続きを始めて
残ったメンバーも 手が慣れてきて仕事もだいぶ早くなり
曲がったり 浅かったり いろいろありつつも
なんとか3時ごろには終了。
DSC_1389

見渡すと 水が張られただけだった田んぼに 緑の苗がひょろひょろと並んでる。
機械で植え付ける田んぼはビシッ!ってきれいに並んでいるけど
我らが田んぼは 目安にする糸が風でなびいて それに沿って植え付けたので
手前から見るとぐわ~んってラインが曲がってたり 笑
そういうのも 風 が手伝ってくれたみたいで 愛嬌があって
それはそれで手作りの田んぼ!って感じで愛おしい


DSC_1392目安の糸張る道具が少し足りなかったことや
苗が植わっているパレットを
田んぼの中で引きずって田植えしてたので
あとでそのパレット洗って返す時に
泥がたくさんついちゃって大変だったりとか・・・



反省点はもろもろあれど

素人3人衆の初めの1歩にしては上出来だったのではないかと♡

とか言って
明日また少し様子を見に行くのだけど 苗が倒れてたりして~笑




これから真夏にかけては
ちょこちょこ様子見に行って田んぼの中に生えてくる雑草を抜いたりして面倒みます。

61106212_456879055140475_7651274991312306176_n

今回はこれまでこういうことを私がやり始めると
気持ちや資金面では応援してくれるけど
仕事休んでまで手伝ったりはしなかったつれあいが
今回は仕事休んで参加してくれたり~♪

愛ちゃんとはいろんな機会で一緒にいろんなことしてるので
気がとっても楽だし もう一人のお友達ユホさんも
サクサク仕事してくれて 本当に気持ちがいい!
 
3人でそれぞれの家族を巻き込んで
楽しみながらずっと続けていけたらいいな~♡



まずは初めの1歩

カテゴリー「田植え」作ったので 田植えの記事は続きますよ~♪



61182710_320039978892592_5889924768831897600_nそうそう

同じ町の舞踏家イクラちゃんもお手伝いに来てくれて 
田植え前に田んぼの神様に奉納の踊りを踊ってくれました~♡

私たちは準備始めてて じっくりしっかり見れなかったけれど
風に流れてくる歌声がとっても素敵で
祝福された田んぼになりました~♪















プロフィール

工房ワタリガラス

北海道の由仁町という町でガラス作家をやっております。冬はガラス屋さん 春から秋まで小さなクラフト&アートのギャラリー(テトテト)の店主をやっております。        
息子(テトさん・ニックネーム)の子育て落ち着くまで こんなペースでお仕事変わります。日々の暮らしのあれやこれ 自分の作品や工房の事、Gallery teto² の裏話等々綴っております。
*ギャラリーの営業情報は右下のリンクより飛んでお読みください。