由仁町 工房ワタリガラス 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

日々のあれこれ

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーteto²の詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

久々のヒット!

お日様出てるのに 風が強くって 寒いですね~。
ほんのちょっと体調も落ちていて 
お腹にカイロ当てて 昼からお仕事します。



毎晩 寝しなにテトさんに絵本を読んでますが
このところ 絵本だとすぐ終わっちゃって「つまんない~」ということで
童話を読んでます。

しかも シリーズもので続きのあるやつがお気に入り。



これまで『エルマーのぼうけん』という 
わたしのバイブルでもある 外国の童話が二人とも好きで
こればかり読んでました。
もう何度読んだか分からない。
(今家にある“エルマーのぼうけん”は自分の幼い時に買ってもらったものだから 
すでに手元に40年はある童話。 私の宝物です)


挿絵もとっても素敵なので贈り物にもイイと思いますよ。
シリーズで3冊あります。

エルマーのぼうけんセット (世界傑作童話シリーズ)
ルース・スタイルス・ガネット
福音館書店
1965-09-30






昨日読んでいたのは
別の童話のシリーズの 第2冊目。

実は
少し前に この1冊目を読んでいて
不覚にも私が! 
 
ラスト 感動で涙涙。

鼻水と涙でぐしゃぐしゃになりながら読んでいる母に
テトさんは「なんで泣くのさ~」「かーさんが泣いてどーするのさ~」と
優しく笑いながら 指で一生懸命 涙をぬぐってくれて。。。。。

彼は もう私が泣いていることの方が気になっちゃって
お話の中身は頭にはいらず・・・ 
翌日もう一度読み返したほど。



だってね~。。。
お話が良くできてるんですよ。

登場人物のキャラクターも際立っていて
ラストにはドキドキする事件も起きて
しかもっ!!! (読む人いるかもしれないから ここまでしか言えない!)

ドラマチックで エンターテイメントとしてもよくできたお話。

だからその続編を図書館で見つけた時は
テトさんと嬉々としてシリーズの2~4冊目まで一気に借りちゃいましたよ。



それで昨晩
そのシリーズの2冊目を読んでいて・・・・・

以前 テトさんの前で みっともなくグシュグシュ泣いたので
もう泣くのはやめとこ~ 
なんて思いながら読んでました。

昨日はその本のまだ中間あたりのお話。

最近夜更かしのテトさんに
少し早く寝る約束を守る代わりに
今晩は
その本のお話を3つ読んであげると約束し 読み始めました。

まだ中盤だし
いきなりドラマチックになることもないだろう…と思いきや!!!

3話も読み進むと お話が思いも知らぬ方向へ~!!!!!

そうです。
また母は 読みながらグシュグシュ涙を流しておりました。



横でねっころがりながら聞いていたテトさんは
「あれ~また泣いてるよこの人」(←こういう時 「この人」とか言うようになりました (^_^;))と言いつつも
前回同様 指で涙をぬぐってくれました。

「だってさ~ ○○がさ~ 気持ちがわかりすぎちゃってさ~」と
泣いた理由を泣きながら(まだ泣いてる!?笑) テトさんに話すも
テトさんはそこまで身につまされることもないせいか
まるで親が子供を見守るかのような優しいまなざしで
「ふんふん」と聞いてました。(逆だろ!って自分に突っ込み入れてましたけどね 笑)




最近 物を減らさなきゃ!といろいろ断捨離している我が家。
本も増えちゃうので
気に入った本でなければなるべく買わないようにしてきましたが

ひさびさにヒットだわ~。これはもう4冊まとめて買いです!!!



出産後 頭の回転も落ちてる私。
老眼も進んでますから
大人の小説とかは字が小さいし
読み進むのに結構時間がかかっちゃう。

だからそんな私にはちょうどいい童話。


でも!!!

内容は!子供も大人も楽しめる なかなかに素晴らしい童話です。
とってもポピュラーなものらしくって(タイトルは知ってましたが)
なんで今まで読まなかったんだろう???
これを子供の頃に読んでいたらどう思ったかしら・・・?



大人の方も
たまには ちょっとゆる~くこんな童話を読んでみるのもいいのでは?

猫好きな人にはさらにお薦めです♡














160キロの旅

昨日は朝から 
ギャラリーの作品をお預かりするため 
札幌の幾人かの作家さんのもとを訪ねて廻りました。

自分の車の調子が悪かったので 
先日 新古車に買い換えた連れ合いと車を交換してもらい
走る走る。
札幌の北のはずれから南の外れまで。
戻ってきたら1日の走行距離160キロ!!!

「いや~助かったわ。走りやすいし。運転快適だし。さすが新古車♡」と
夜仕事から戻って来た連れ合いにお礼を言いつつ
走行距離を言いながら あ~もしかしてタイヤ交換まだだった?
と聞くと

「まだです」

と苦笑い。


ほほほほ ほ~。


それでもなんにも言わない連れ合いには
いつも感謝なのでありました。(できた人です 笑)





ふた月に1度くらいのペースで札幌には行きますが
これだけ広い範囲をぐるりと走り回るのは久しぶり。

視界の広い 連れ合いの車に乗っていると 
札幌の町並みがいつもと違って見える。
そぼ降る雨の中 ぼんやり景色を見ながら運転していたら・・・・・
「そう言えば この街に始めて来てバイクでグルグル回っていたのは
もう4半世紀前の事なんだな・・」と 昔の事を思い出してました。
(あの時も雨が多かった)


佐渡島でツーリングしていた時に 今の連れ合いと知り合い 
その後 北海道まで足を伸ばした私。

友達になったばかりのその人が住んでいる街に
始めてひとりで来て
北海道での旅の目的は別にあったのに

この街に滞在する期間だけは
いつの間にか 彼に会いたくて 
当時泊めてもらった伯父の家と彼の住む街を往復したな。。。



その時は
知らない街が眩しく見えたのを思い出します。(恋の力ね 笑)

大きな街なのに 山がすぐそばまで迫っていて
緑のたくさんある公園が街中にどんと横たわり
大きなきれいな川が町に沿って流れている
新しい街なのに自然の中にもあるような・・・



今でも 札幌って不思議な街だな~って思います。


北海度へ越して来てそろそろ20年。
今では友人も増え
札幌も 当時より深みを増した印象で目に迫ってきます。


160キロのちいさな旅は 
25年前へのタイムスリップの旅でもありました。

                                        
                                            こんじき雨   本田征爾
DSC_2688仕事の合間 
立ち寄った街中のギャラリーで
一目ぼれした画家さんの絵画展

一番気に入った作品は持ち合わせなくって
断念したけれど。。。

戻ってきてもまだ後悔。。。
目の奥から離れないな・・・・・    
 
                                                                                                


本田征爾 展  青と灰のLULU

4月16日まで ギャラリー犬養
お風呂場ギャラリー










                                                      

                     














高齢出産がゆえ・・・・・

雪降ってます。。。
少し前は初夏の気温まで上がったので もうこのまま春ね~と思っていたけれど
冬はそう簡単には しまい になってはくれないようですね。
(今年の冬はやることやれずに終わったから またこのまま冬になってもいいかも…とかちょっと思ったりして 笑) 






テトさん 今年の5月で6歳。
私も連れ合いも今年で49歳。

これまで何度か高齢出産がゆえの苦労話を書いてきました。

産むことはできたけど その後 育てるのに とにかく体力がない!
体力ないからイライラしちゃう。笑

仕事してきた時間が長いだけ 
その生活の変化になかなか気持ちがついて行けない(ぁ、これ あくまで私の感想ね)。。。等々



未就学男児と一緒に遊ぶ体力は 
もうすでに中年も半ばを過ぎた我々には残り僅か・・・
私は早々に「かーさんは戦いゴッコとかやらないから!」と宣言し
体力勝負の遊び相手からは退散。

連れ合いは 仕事帰りの疲れた体に鞭打って がんばってくれていますが
ふと見ると 怪獣役は「やられた~!」とすぐに横になって倒れていたりして。。。。。笑

その“やられた~”は怪獣としてではなく 
「仕事や子育ての大変さにやられているんだろ~? でも がんばってくれ~私はできん!」と
心の中で呟いていたりしてます。(^_^;)



その連れ合い
先日 1年に1度の健康診断が勤め先であり 結果が出まして
ほとんど 異常なしの文字の中に
要観察の個所が!

マッチ棒夫婦と言われるほどヒョロヒョロした体型の我ら。
そんな痩せ型の連れ合いは 
昔から中性脂肪率コレステロール値など血中脂質がわりと高め。

夏場は 運動もそこそこにするし それほど脂っこいもの食べたりしないし
肉より魚が好きなのに・・・ナゼ?

どうやら体質みたい。


今の勤め先になってから 昼食も弁当持参なので
私と連れ合いは 毎日ほぼ同じものを食べているのですが・・・・・

まったく逆に なぜか私の方は 
この血中脂質のLDLコレステロール割合が基準より低い。
10年くらい前に受けた健康診断以来 検査してないから今はどうか分からないけれど
その時は低コレステロール症ですって言われたな… 

どうやらこれは
私の体を動かす癖から来てるようで・・・
(お腹すいてもやりたい事やっていると食べるの後にしてしまうとか 無駄にバタバタ動き回るとか
「摂取カロリーよりも消費カロリーの方が大きい」人がなる症状だそうで・・・笑



同じもの食べていて 二人とも痩せ型でも
体の中はこうも真逆の状態になるのですね~。不思議。




本日のタイトル!

テトさんはこれからますます食べざかり。
唐揚げや肉料理が大好き。

喜ぶので ついつい揚げものやバターやチーズなどの入った
こってりコクのある料理をつくる頻度も多く
連れ合いも私もそれを食べておるわけで・・・

でも 連れ合いはこの食事メニューが続くと 
この先要観察の文字が消えることはないでしょう。


私の方は
これとは違いますが
少し前に書きましたが(過去の記事) 現在も 小麦食をほぼやめています。

なので日ごろの家族の食事メニューには小麦を使うことは避けていたり
自分だけグルテンフリーの食材使ったり・・・


子供がいなければ
年齢と共に食生活も変わって行くのでしょうが

我が家はそんなわけで これからは
テトさんの成長に必要な栄養素を取りつつ 子供受けするおかずも作りつつ
連れ合いのコレステロール値を下げられて
かつ
私の小麦除去食という
いくつもの条件をクリヤしたメニューを考えなきゃならない。。。。。

ふ~~~ ただでさえ料理作るの得意でないのに…



高齢出産って こういうとこでも大変なのだわね~。。。






fbで同じ内容の投稿したら
魚中心のボリュームありつつ 連れ合い向きにはヘルシーな調理方法を
友人がいくつか教えてくれて・・・ちょっとやる気出てきた♫

みなさんありがと~♡






物持ちよすぎ!(^_^;)

我が家の息子 テトさん(←あだ名です)
4月から保育園は最後の年。

ここ2年ほど 体重はなかなか増えないけれど
背だけはすくすく伸びたので
プールで使う羽織タオルやお餅つきなどで使うエプロンは短くなっちゃって
ツンツルテン に。


モッタイナイオバケでもあるわたしは
短くなったからと 新しいものを買う気は全くなくって
(だってどちらも使用した回数なんてほんの少しなんだもの)DSC_2651


プール用の羽織タオルは 
似たようなデザインのスポーツタオルをつぎはぎし


エプロンはすでに昨年一度継ぎ足した布をさらに継ぎ足し。

継ぎ足す生地の 柄がつながるところを探したけれど
真ん中あたりでカットされている布しかなくって
仕方ないので そこも縫い足し   笑

どうせ年に3回ほどしか使わないから いいでしょ~。。。笑


DSC_2653
もともとは出産祝いに
2~3歳用の子供用サイズでプレゼントしてもらった
カワイイ手作りエプロン♡(グレーの生地のところ)
手作りだから 
なんか人にお下がりするのももったいなくって・・・


どうでしょう・・・?(貧乏くさい?笑)





テトさんに 「つぎはぎだらけだけど いいかい?」と聞いたら
「うん 全然ダイジョブ」ですと。
父さん帰ってきたら「長くなったさ~」と報告してたから 満足してるみたい。



実は・・・・・
ちょっと自慢じゃないけれど

このエプロンの つぎはぎに使っている 水色の柄布。
なんと 私が中学生時代に家庭科の授業でエプロン作った時の布。
つまり…30年ほど前に買った布!!! ということ。




連れ合いに そう話したら・・・
「え~!!!すごいね 写真に撮っておけば!」と珍しくそんなこと言われたので
ここでプチ自慢 笑


どんだけ物持ちいいのよ私!
(中学生時代 授業でエプロン作るから布屋さんに買いに行って
「かわいい布だな・・」って思ったから ず~~~~っと残り布も持っていたのだろうな・・今でもカワイイと思う♡)





つぎはぎ終了のリニューアルエプロンさん。
この1年間 3回ほど使ったら テトさんはもう使わないんだろうな。。。。
ちょっぴり残念。

きれいだったら誰かお下がりでいります~?





DSC_2649


                       この裁縫箱 見覚えある人は同世代ね~♡笑














見えないところで

我が家は週1度(月曜の朝に) 
隣町の農家さん(その方が有機農業協同組合のメンバー)から 
有機の野菜セットを宅配してもらっているのですが
その時に その農家さんが育てている 平飼いの鶏さんの卵も分けて売ってもらって来ました。

以前スーパーで売っている卵を食べたら
少しお腹を壊す時期があり 「卵アレルギーか?」と困っていた時に
「アレルギーの出にくい 安心な卵だよ」と知人に紹介されたのがきっかけでした。

おいしいし 与えている餌も有機の残り野菜。
ワクチンもしてないし 安心でおいしい卵を10年以上食べさせてもらいました。

10個入りの紙製の卵パックには たまに奥さんが書かれた小さな日記のようなものが入っていて
私は それを読むのが楽しみで 入っているとちょっぴり嬉しいのです。


今年の初めにもそのちいさな紙が入っていて
喜んで読み始めると・・・・・
「今年でニワトリをやめることに」と書かれていて
「え~残念すぎる~! どうすりゃいいの~!!!」と思わず声を出してしまいました。



でも
これまでその小さな紙には
いろいろと野菜を育てる大変さやニワトリたちの世話のことも書かれていたり

FBで ニワトリを飼い 卵を販売している別の友人の
苦労話の投稿なんかを読む機会もあり

ニワトリをヒヨコから育て 卵を産ませ
産まなくなった鶏を絞めて食する時の複雑な気持ちの話なども聞いていたので
私でもその大変さは少しは理解できるように。

だから簡単に「卵買えないと困ります~」とは言えなくて…



そして今週もその小さな紙が入っていました。そこには

鶏やめることにしたので
毎年春にヒヨコを迎えてきたけれど 就農して20年 ヒヨコのいない春は初めてで
淋しい気持ちもあるけれど 
『小さな命を守らなければならないプレッシャーから解放された安ど感もある』


と書かれていて

「そっか~。キツネやら病気やらから守りつつ 
卵を産める一人前の鶏にするだけでも一苦労だものな。。。それはプレッシャーだよね。。。」と

あらためて 卵を分けていただいていたことへの感謝と
産んでくれていた鶏さん達への感謝の気持ちを深くしました。



食料となる動物たちに対しては
本来 自分で育てていれば
自分の仕事の素材としての動物への気持ちと 
かわいそうだという気持ち(あと感謝の気持ち)が同居するもの。

でも 現在は畜産や鶏産をやっている人でないかぎり
自分が食べる肉や卵を 他人が育てたり絞めたり捌いたりしてくれて
その苦労や辛さは全く私たちの目に留まることはありません。

それを代わりにやってくれる人がいるから
命を育て食料のために殺すという
辛い仕事を引き受けてくれる人がいるから
「こういう食材を自由に手に入れられる」 ということは忘れないようにしたいと思うし

できれば毎日の「いただきます」の言葉に
襟を正し 感謝を響かせて 食事をしていきたいな…とDSC_2648



小さな農家さんの日記を読みつつ思った朝でした。





プロフィール

工房ワタリガラス

北海道の由仁町という町でガラス工房をやっております。冬はガラス屋さん 春から秋まで小さなクラフト&アートのギャラリー(テトテト)の店主をやっております。        
息子(テトさん・ニックネーム)の子育て落ち着くまで こんなペースでお仕事変わります。日々の暮らしのあれやこれ 自分の作品や工房の事、Gallery teto² の裏話等々綴っております。
*ギャラリーの営業情報用 姉妹ブログ『Gallery teto² 』は下記のリンク集より飛んでお読みください。