由仁町 工房ワタリガラス 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

 ・チャリティー

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーteto²の詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

山の家きょうどう 子供たちの食堂

前回記事からの続き


さてさて 
ずいぶん前になってしまいますが 
今年の夏
常設作家さんに仲間入りしてくださった山キノコロリさんとお嬢さん
そして私とテトさんの4人で仁木町にある 山の家きょうどう という施設に遊びに行きました

10479185_689075401140102_7411931386496562220_n[1]


安斎由希子さんという方が切り盛りしているこの支援活動を知ったのはフェイスブックで
(この建物の美しさに目を奪われて 興味を持ったのが最初 ヨーロッパの映画に出てきそう) 

*彼女の素晴らしさは この後もちょこちょここのブログで触れることになると思うので 今回はお名前のみ


震災後すぐ 保養活動を始められた安斎さん
毎年20名弱の子供達を福島から北海道に招待し 
保養をしていらっしゃいます


その前に保養とは何かについて・・・

大震災後 原発事故の影響で
福島をはじめ原発に近い土地に暮らす子供達は
現地で暮らすことで心配される健康被害を危惧し 
屋外で長時間自由に遊ぶこと 運動などの活動をすることを制限されてきました

幼児や小学生・中学生・高校生 どの年齢でもそれぞれに 
屋外で思いっきり遊んだり体を動かすことは
健やかな成長の上で 体力的にも精神的にも必要なことであるというのは
どんな人でもわかることですよね

その当たり前の「屋外で思い切り遊ぶ」ということができないまま
暮らし成長しなければいけない子どもたちを 
少しの期間でも暮らす土地から離れた場所に呼んで
なんの心配もせずに めいっぱい楽しんで過ごしてもらう

というのが保養です



保養活動をしている団体はたくさんあり
その活動はまちまち

どこで開催するのかも
受け入れる参加人数も
参加する人達の負担がどれくらいなのか
保養にかかる資金をどう集めているのかも
それぞれ違います


フェイスブックで昨年秋 
余市町のリンゴを販売していた安斎さん
「売り上げの一部は 山の家きょうどう での保養資金に使います」とあり
ちょっとでもそういうお手伝いになるのなら・・・・と
ネットを通じてリンゴを買わせていただきました

そのリンゴのおいしかったこと

売上を生産者の農家さんへもきちんと払い
利益を保養に回してらっしゃる姿勢も素晴らしいな。。。と思いました
(持続させて行けるやり方だな。。。と)



そして春先
今年の夏も保養をするというお話をFBの投稿で知りました

安斎さんは いろいろな方法を駆使し
(共同して野菜を販売し利益を支援資金に回したり 
ボランティアを希望する人には道外からでも子連れで半保養半手伝いで受け入れたり・・・)

ほぼお一人で(というか安斎家一家で)立ち回り
それはそれはたっくさんの人達に支えられて
この夏も見事に保養資金を集め 保養を開催されました
(簡単に書いてますがそのご苦労はものすごいもの)


その夏の保養が始まる少し前に
安斎さんのFBで 
「保養に来た子どもたちが自分たちで作る料理で 
いらした方をおもてなしする1日子ども食堂を開きます」
と記事が載りました


これまで資金面でささやかに支援してきただけの自分でしたが

「保養ってどんな感じなんだろう?
子供達はどんなふうに過ごしているのかな?

でも チビさん連れてお手伝いに行ったりは出来ないし
なんか冷やかしになっちゃいそうで 
しっかり手伝えないなら ただ遊びに行くのは気が引けちゃう」

そんなふうに思ってきたので
遊びに来てね~と安斎さんの投稿の呼びかけにも
気軽に行けない自分がいました

でも この子供食堂なら遊びに行くは迷惑じゃないよね~♫と言う事で
山キノコロリさんを誘って伺う事に♡



ドライブしながら伺った仁木町「きょうどうの家」

最初 やはりその建物の美しさに目を奪われましたDSC_1466
冬の保養の写真を見たことがあるのですが 
本当にヨーロッパの森の中にあるようなたたずまい

そして迎えてくれたのは保養に来ていた子供たち♫

DSC_1471






ちょっと早目に着いてしまって
大慌てで準備する子供たち

少しずつ レストランの体裁が整って来て
注文を取りに来る係の子が来て
いきなりスイーツから!笑


DSC_1468




客席のすぐ横で
一生懸命パンケーキやクレープを作ってくれてます♫



DSC_1465
DSC_1478
                         小さい子も大きな子も
              みんなで考えたメニューを一緒に作ってます


出て来たチャーハンのおいしかったこと

DSC_1480


おでんやポテトサラダも
味が沁みてるわ 味付け最高だわ♡

DSC_1482


                お腹一杯になっちゃって
                こちらは食べられなかったけど
                子供たちが大好きな こんな
                フルーツポンチもあったのですよ♪


DSC_1484

              ボランティアに埼玉から親子で来ていたお母さんとお子さん
                     こういう支援の仕方もありますね
                              
                            素敵です



何よりも子供たちが元気で楽しそうでした
自分たちが何か役にたてることをやれている充実感がみなぎっていて!


安斎さんが
保養に来る前に この子ども食堂の企画を子供たちにアイデアとして出したら
メニューからなにをするかまで(マッサージサービスもありましたよ 笑)
全部自分たちで考えて来たそう


そこには
支援してあげているとか支援してもらっているという関係ではなく
“ともにそこにある” そんな暖かな日常がありました






普段彼らが受け入れている日常がどんなものであれ
迎えてくれる こういう存在があったり
わたしの友人達の様に現地で細やかに支えてくれる存在があるという事が
ささやかでもしっかりとした希望の光になっているのを感じました

道中いろんなお話をした山キノコロリさん
実は彼女も家族で福島から移住してきた方達

たくさんのご苦労話を聞かせてくださいました



前回記事にもあったように
支援について 深く 細やかに考えつつ
移住して来た方 現地の方を支えている方 保養の支援を続けている方
皆さんの声に耳を傾け 
支援を続けられる 自分でありたいと思いました





仁木町の 山の家きょうどう では今年の冬も保養を行います
只今 余市町のリンゴを販売してその売り上げの一部を支援に回すそうですよ♪
詳しくは「山の家きょうどう」のHPで。
http://surjeyuki.wixsite.com/yamanoiekyodo/blank-7



実は私も 
工房ワタリガラスとして 自分の作品で募金のお手伝いができるかもしれません

そちらは詳しくはまた後日











山の家きょうどう (報告前に)

少し前に書こうとして書けなかった記事
チャリティーに関する記事です


これまで自分は 災害が起きた時に
現地に出向いて何かをするというスタンスはとらないで
募金という形で被災した人達を支援してきました

teto²で企画をして募金を募ったり
自分の作品や常設作家さんからの申し出などで売った作品の売り上げなどを
現地で活動している友人の団体や
保養に来ている子どもたちの保養活動資金のために募金してきました

募金をしたことを このブログを通してご報告をする際
それぞれの応援している団体の紹介もしてきたわけですが

今年のご報告の際
現地で活動している友人からそっとアドバイスもらいました

「自分たちの活動は
現地の人により添ったものであるべきだと考えていて 
例えば 使う言葉一つにも心を配って 
ようやく少しだけ支援する人達の支えになる形がつかめて来たところなの」
「なのでマナちゃんもできればそういう心使いを理解して記事を書いてほしい」

といった内容でした

正式に投稿する前に読んでもらったわたしの記事には
マスコミで読み聞くような 
被災地からイメージされる単語が並び
被災地だからと十羽一絡げで表現できない
細やかな状況の差も考えない説明がされていて・・・

それは確かに現地に行かない人が情報から得た安易な状況説明で
友人のサイトを詳しく読むこともしなかった私は
彼女らが 現地の方々を後ろ向きにさせてしまう言葉を使わないようにするという
そんな些細なところまで気持ちにより添った
丁寧な気遣いをしていることにすら気がつかなかったのです

つまり 募金をして それで満足してたのです

もちろんしないよりましだとは思いますし
募金支援も大事ではあると思います


でも これって本当に自分がやりたい支援って言えるのだろうか・・・?


どこかで
お金を渡せば後は他の人がなんとかしてくれるという
支援される人達の気持ちに寄り添おうという気持ちなんてなかったのじゃないか…


それで大きく反省してしまい
追記の保養の記事が書けませんでした

2007_0415_143410-Capture_00050
『支援』

言葉で言うのは簡単で
募金は確かに一つの形だけれど・・・
現地に行けなくとも 募金だけをするにしても
こういう細やかな心遣い 現地の人には伝わるんだろうな

そう思い
なにが変わるわけではありませんが
これからも募金続けますが
自分は現地に行けずとも 
被災した方々の気持ちにより添える支援していきたいと思います







チャリテイー募金 ご報告

本日はチャリティー募金のご報告


ここ数年 

1年に1度
店に設置している募金箱の募金と

DSC_3253

協力してくださる作家さんの作品の売り上げの一部
2007_0415_143410-Capture_00050


                                   そして 自分のガラス作品の売り上げをまとめ



いくつかの団体へ募金をしております



先日
毎年振り込んでいる二つの団体へ募金しました
DSC_1922









一つは

2011.3.11の大震災で被災した地域へ行って
いろいろな会を企画・運営している
友人の非営利団体「本気で元気☆応援隊」 こちらをクリック


どんな企画かと言うと・・・

震災後バラバラになったコミュニティーが集まって、
皆で自然酵母のパンを作り、持ち寄り料理を食べながらおしゃべりする会や、
子育てママ達の食の勉強会など。

勉強会では 体の免疫力を高める発酵食の事を勉強したりするそうです

震災後ボランティアに通うメンバーが
そこで暮らしている人達のために 支援する側の我々は何が出来るだろう? 
いろいろな支援のやり方がある中で 自分たちが出来る
そこに暮らす人達により寄り添った支援は…?と悩み考え続けるうちに
食を通して それぞれの方の体の免疫力を上げることで 
少しでも体や心が健やかな状態で過ごしてもらえるのではないか
?」
という支援の形にたどり着き 今の形に。

専門の講師をお呼びして開催する講座や料理教室では
楽しみながら 免疫力をあげる事が出来る体づくりのための
情報や知識を具体的に得られると評判です♪


私もこの 
具体的」で しかも「誰にでもわかり」 「誰にでも必要な知識や体験
というところが とてもいいと思うのです

十羽一絡げで支援金をばらまくと言うのとは違った
まさに必要な人の所に必要な支えとして届き
しかも自分の知恵となったものは
参加した方の その後の体や心を支え続ける のですから!


団体メンバーの方たちは
募金で賄えないスタッフの移動資金なんかを
手弁当でやり繰りしてでも続けてらっしゃいます

応援せずにはいられません!





そしてもう一つは
福島から保養に来る子供たちを支援する団体
「福島の子供を守る会 北海道」へ
こちらも詳しい活動は HPを! 




*振込み料金の割合はこちらで決めさせていただきました。  ご了承ください。



昨年1年募金箱に募金してくださったり
チャリティー作品をお買い上げくださったお客様
そしてチャリティー作品を提供してくださったり
売り上げの中から募金を申し出てくださった作家の方々

皆様にあらためて感謝申し上げます 




今年はオープンからバタバタしてしまい 募金箱の設置をせずにきてしまいました
秋の企画展に向け チャリティーコーナーもきちんと作ろうと思っているので
teto²にお越しの際は ぜひ説明などをお読みになってご協力いただけると嬉しいです





~~~*✧✡✧*~○。*☆○。*。○☆*。○~*✧✡✧*~~~



さて
次回は
支援の一つの形 「保養」に関する記事を書きたいと思います(相変わらず長いです…笑)

今回募金した「福島の子供を守る会 北海道」のみなさんもしてらっしゃる活動
「保養支援」

この保養に来ている子どもたちに(伺ったのは別の団体の保養です) 
この夏会ってきたのです♪

その記事です

できればたくさんの人にも読んでほしい♪
お付き合い願います











今更ながらお礼



                2017年  Gallery teto²        
           4月29日(土)(昭和の日)

             *AM11:00からのオープンです*




今日で九州の大地震から1年

節目でしか記事書かないと 
またお叱りのお言葉いただいちゃいそうですが・・・

teto²として 「息の長い支援を~♪」と1年前に記事書いて
昨年の記事☆
昨年1年は teto² にいらしていただいたお客様に
熊本の被災者の方々をキッチンカーで支援する「チームやんじー」への募金
ずいぶん沢山していただきました

夏には大きな台風がやんじーたちの地元の道央を襲い
募金がやんじー達自身へも送れて
少しは力になれたと思います

「ほんの少しだけど」と
募金してくださった皆様
 
あらためてお礼をお伝えしておきます




この災害大国である日本
これからだってどんな災害が起こるか分かりませんよね

だって私が生きて来た48年の間にも
阪神と東北と 大震災が2つも

火山はいろんな所で噴火してるし

東北の震災では地震や津波の被害だけでなく
今なお大きな問題を残したまま終息なんてしてない原発の問題も・・・


災害が起こるたびに
自分達は少しは備えができるようになっているのだろうか…?

そう思いますが

これまで 備えや想像をはるかに超えた被害を受け

ではいったい何ができるのか?

いつもそう思います



もしこれから先 災害が起こったら
自分が被害に遭わないところで暮らしているなら

そのたびに とにかく少ないからとためらわず
やはりまず こういう形で動くと思います

その時はお客様には
どうかまた 暖かく息の長い支援をお願いしますね (^_-)-☆



募金箱をたくさん置くようなことがない1年となりますように




DSC_2915

今年はこの子たちは4つ

他にもチャリテイー作品
何か考えま~す♫













まだまだボラバス走ります! そしてあったかい作品届いてます


8月末の北海道直撃台風&大雨の被害は甚大で
まだまだ道央圏の農家さん始めたくさんの方々が困難な暮らしを強いられています

teto² では 友人のFB投稿で知った こんな支援活動をサポートしております



以下
いのちをつなぐチャリティーマルシェさんのFB投稿より
(長くなりますがそのまま転記します ご了承ください)



拡散願!【10月も、土・日・祝ボラバスを南富良野町へ運行します!】

8月31日。北海道を襲った台風10号。
全道に大きな爪痕を残しました。
「いのちをつなぐチャリティマルシェ」では、台風10号で被害の大きかった南富良野町へ、9月4日から1か月にわたり、毎日札幌からボランティアバスを運行してきました。

このボラバスは、北海道内はじめ全国の皆さんからの御寄付、御厚志により支えていただいております。ここまでのご支援に、改めて感謝を申し上げます。
また、ボラバス参加者の受付、参加者への連絡、早朝の出発時の参加者点呼なども、それぞれお仕事を持っている方が、ボランティアで手伝ってくださいました。ボラバスチームの皆様、ありがとうございました。

・これまで延べ400名の方に参加いただき、またFACEBOOKのフォロワーも5500名を超え、多くの方に、北海道の被災の現状をお伝えすることができた
・ボラバス運営面でも、資金面での先行きと、ボラバスチームにこれ以上の負担を強いることができないこと
など、一定の効果と様々な状況を勘案し、
「10月1日(土)」をもって、終了することとしておりました。

しかしながら、
被災地ニーズが多い反面、全体的なボランティアの数が減ってきたこと
・降雪期、厳冬期のまえに、家も畑も一定の目安をつけないことには、被災された方の復興のモチベーションも大きく低下してしまうこと
・上記のことから、別添のとおり、南富良野町長自ら、また、南富良野町社会福祉協議会から、直接お礼と継続支援の要請をいただいたこと

・北海道新聞、朝日新聞など各新聞社、UHB、HBCなどテレビ局各局、air-G、三角山ラジオなどラジオ各局に取り上げていただくなど、周知がやっと図られてきたこと
・ボラバス参加者同士での乗り合いの声かけなどが進んできたものの、やはり交通手段がない方にとってのボラバスの意義が大きいこと
・ボラバスの運営側の苦労、費用がかかっていることも理解いただいた上で、「週末だけでもあったらいいなぁ」というお話をいただくことが多いこと

以上のことから、
10月の土・日・祝について、ボラバスの運行を行うこととしました。

(運行決定は、10月8日(土)9日(日)10日(月・祝)15日(土)16日(日)。
10月22日以降は、南富良野町ボランティアセンターの受け入れ状況をお聞きしながら、判断します。)

改めて、いくつかお願いがあります。
① ボランティアの参加をお願いします。
お時間のある方、いや時間をつくっていただき、現地に足を運んでいただければと思います。

② ボラバス運営の寄付をお願いします。
直接的に支援に行けない方、どうかボラバス運営をサポートしていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

詳細については、以下をご覧ください。

僕らは、微力だけど無力じゃない。
やれることをやれるだけ。
その精神で、できることを重ねていきましょう。

いのちをつなぐチャリティマルシェ 実行委員長 今野 徹
-----------------

【① ボランティア参加者を募集します。】
これまで、小学生から定年後の方まで、幅広い年代、性別の方が参加いただいております。力がなくても、慣れていなくても、できることはたくさんあります。

1 運行日程
 10月8日(土)
 10月9日(日)
 10月10日(月・祝)
 10月15日(土)
 10月16日(日)
(10月22日以降は、南富良野町ボランティアセンターの受け入れ状況をお聞きした上で、判断します。)

2 行程 
 5:15 札幌駅北口ツアーバス乗降所(東通北口寄り)
 5:30 出発
 8:00 南富良野町民体育館 
      ボランティア受付
 9:00 作業開始
 15:00 作業終了
 16:15 現地出発
 19:00 札幌帰着
 (道路の混雑状態により、時間は左右します)

3 作業内容(現時点)
  家屋掃除

4 持ち物:
 作業服、タオル(複数)、昼食、飲み物、タワシ、マスク、長靴、ウインドブレーカー(ヤッケ)、自分の汚れ物を入れる大判ゴミ袋

5 ボランティア保険
・ 必ず、ボランティア活動保険天災タイプにご加入の上お越しください。加入は活動の前日までに各区・市町村の社会福祉協議会で行えます。
・ ケガ、事故などについては自己責任となります。

6 費用 学生:無料、社会人:4000円(資料代として)
(なお、「常連割」として、2回目半額の2,000円、3回目さらに半額の1,000円、4回目以降は無料としております。)

7 長期滞在
ボラセンで用意いただいていた宿泊場所は、9月21日をもって終了しました。
今後泊りがけで参加を希望される方は、以下の場所をご自身で確保されてください。

①町内の宿泊施設(いずれも営業中)
・旅館なんぷてい
南富良野町幾寅966
電話:0167-52-2733
・民宿岩本
南富良野町字幾寅市街
電話:0167-52-2330
・坂井旅館
南富良野町字幾寅
電話0167-52-2303

②町民体育館の駐車場内にテントで野営
(場所については、ボラセンの指示に従ってください。)
長期滞在希望の方は、あらかじめご連絡ください。また、申し込み後、日程の変更がある場合は、必ずご連絡ください。

8 参加希望の方
①、②のいずれかから、その週の金曜日の17時までにお申し込みください

① 以下のフォームから必要事項を記載の上、お申し込みください。
https://docs.google.com/…/1FAIpQLScaj8azf0qVcquZg5…/viewform

② 下記メールアドレスに以下の必要事項を記載の上、お申込みください。
 氏名(ふりがな)
 年齢
 電話番号
 参加希望日
 学生か社会人か
 ボランティア保険加入状況(加入済・参加までに加入・加入していない)
(※参加までに必ず加入してください。)
 宿泊希望の有無
 申し込み先メールアドレス:allforhokkaido@gmail.com

※いずれも、折り返し、詳細の連絡をいたしますので、gmailからの受信が可能なメールアドレス及び設定でお願いします。

9 主催
 いのちをつなぐチャリティマルシェ
 NPO法人震災リゲイン

10 その他
 今回のバスチャーターは、あくまで交通手段の確保のみです。
 ボランティアセンターも立ち上げたばかりですので全て自己責任、自己完結できる方のみの募集です。こちらで責任も保険ももてません。自分で困っている方を探すつもりで来てください。

【② ボラバス運営に対する寄付を募集します。】
今回のボラバス延長も、費用のメドがないなかで、被災地のニーズにこたえ、早急に対応しなければならないという見切り発車です。
直接的に支援に行けない方、どうかサポートしていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

寄付金の管理は、特定非営利法人震災リゲインが行い、今回の災害に寄付いただいたお金は、すべて台風10号被災地の支援のために使います。

[ゆうちょ銀行から]
記号番号00160-6-387514
トクヒ)シンサイリゲイン

[他行から]
ゆうちょ銀行
店名 〇一九(ゼロイチキュウ)
店名 019 当座 0387514
トクヒ)シンサイリゲイン

※コメントに「南富良野支援」といれていただけると助かります。
※寄付の受付は、10月末日までとします。

どちらも、どうぞよろしくお願いいたします。







大きな災害があるたびに
現地にボランティアに行けないけれど なにか力になりたいと思ってきました

大きな団体に寄付金や義捐金を寄付した後で 
そのお金の分配方法が決められず 
被災した方々へ未だ渡っていないという話もありました

今回 8月末の大雨や台風による道内の被災者の方への支援を考えていた時
こんな支援の仕方もあるんだということを知りました

これならば自分だけでなく teto² に募金箱を設置し 
いらしたお客様で 志を同じくした方に協力してもらえそうだと思いました

被害は甚大なのに報道が少なく
支援が届いていないように見受けられる今回の道内の被災地
まだまだ きっといろんな支援が必要で ほんの小さな力でも
今必要な支援が必要な所に 今 まさに今 直接届くことが
何よりも現地の方々にはありがたいことなんだろうと思うのです

もし滞在して長い期間のボランティアが無理でも 
1日だけでも日帰りで行って 何かできれば・・・
バスに乗れなくてもそのバスの運行費用をサポートできれば・・・

モヤモヤ考えているより
動けるやり方で 動ける人が集まることが今は必要で
募金しかできないとか思わなくってよくて ちょっとずつでも長く続ける!

この気持ち

日本という災害大国に住んでるなら

とっても大事だし
あたり前に持っていたい


一人10円だって 100人集まれば ¥1000になる
100円なら ¥10000

結構なお金になるでしょ?


10月末までボラバス走るそうです

ゆうちょに口座があれば振り込み料金無料です

もちろん teto² にいらしてくだされば 募金箱ありますし
お礼に 望まれれば熱~いハグもしちゃいます  気持ち悪いか~ 笑




*そうそう teto² ではもう一つ募金箱設置してます
 熊本の地震被災地へ飛んでいたチームやんじ―への募金箱
 彼らの暮らす清水町も 大変な被害をこうむっていて 
 やんじ―達は急遽熊本より帰って来て
 清水町内の道路整備などに奔走してらっしゃいます
 いつも被災地の人々のために駆け回ってくれる
 チームやんじ―への募金もどうぞよろしく!
 (熊本の方々も心配ですね~)





そして最後にご報告とご紹介DSC_3256




『いのちのをつなぐチャリティーマルシェ』さんへ
2度目になります 募金 して参りましたよ






今回は 先日 teto² で 開催されましたワークショップの講師を務めてくださいました
稚内在住のこぎん刺し作家さんm pome*さん が
ワークショップの当日に参加した方々も使わせていただいたかわいらしいピンクッション

こちらをチャリティ―用に販売してくださいと 申し出てくださり
只今 teto² で販売しておりまして
その売り上げからも募金しました

DSC_3253

こちらのピンクッションはなんとお一つ¥600!


丁寧にこぎんが刺された作品です


(刺している糸は以前私がm pome*さんにプレゼントしたグラデーションのかかった糸
m pome*さんなら素敵な作品に仕上げてくださると思い差し上げたのですがまさかこんな形で生まれ変わるとは!)


お好きな方にはたまらない作品ではないでしょうか?
ワックスコード付きなので鞄なんかに付けてオーナメントとしてもいいですね♪

こちらのあったか~い作品
引き続き 売り上げの一部を今回の『いのちをつなぐチャリティーマルシェ』さんへ
寄付することになっております




ほんとにちょっとの気持ちでいいんだと思います
支援続けましょう♪





















livedoor プロフィール