由仁町 工房ワタリガラス&Gallery teto² (ギャラリーテトテト) 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

 ・ワークショップ

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーの詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

文化の日のキャンドル作り♪


ギャラリーの営業ブログのほうでもお知らせしました♪
こちらでも重複しますがお知らせ投稿しておきますね~



teto² ワークショップ  2016 part2 
お家型のキャンドル作り
(ちょと早いけどクリスマスシーズンに向けて)
先生 : キャンドルショップ koko 櫻井芳枝さん


DSC_3261場所 
teto² 由仁町山桝995



開催日
11月3日(木)文化の日の祝日
午後1時から4時前くらいまで



参加費用 
¥3500 (お一人)
*お茶とお菓子付き

↑大きさがわかるようにマッチ箱も写ってます



持ち物
・エプロン(蝋が飛んで服が汚れることがある為 靴下なども汚れることがあります)

・細めのカッター
・20センチほどの定規
*蝋を流すための型を 牛乳パックから切り取る作業の際に使います



*和室で座布団に座って 2~2時間半の作業です。
*teto² の和室はとてもさむい時期です。 温かい恰好でお越しください。


定員
10名程度


締め切り
11月1日(火)まで


 
参加希望の方は・・・・・(①か②のいずれかの方法で)

①直接お電話ください 0123-86-2969

②このブログのコメント欄に
参加希望の旨とお名前 ご連絡のつく連絡先を書きこんで送ってください
*コメントの残し方
記事の右下に コメント という文字がありますのでクリック
⇒名前とコメント本文を書き込んで(URLは書きこまなくても大丈夫です)
⇒投稿する をポチッ! とすると画面が切り替わり 
承認文字の入力の所にその上の文字や数字をそのまま書き込んで 
⇒再度 投稿する ボタンをクリック
それでこちらには送られてきます

*こちらで公開操作をしなければ電話番号やお名前は公開されませんのでご安心を




BlogPaint
teto² は今年度 11月23日までの営業
なのでちょっと早いのですが クリスマスシーズンを先取り
かわいらしいお家型のキャンドルを
赤色と緑色の2つ
(太さが部妙に違います)作りますよ♪

二つ作るので一つは火をともして楽しめて もう一つは飾っておけますよ
クリスマスコーナーに添えて飾っても♫ 
机の上に並べてクリスマスディナーを楽しんでも♪
大事な方へのプレゼントに添えても♡

参加して楽しんでくださいね~





参加希望のご連絡 お待ちしております♪

*10月14日時点で 5名の方が参加申し込みくださっております♫
   今回は休日開催のため参加締め切りが早そうです!
   気になる方はお早めにご連絡くださいね~♡

 






 

おしらせ ワークショップ開催しますよ!


皆さまお久しぶりでございます

更新がなかなかできず
頭の隅で困ったな。。。とは思っているのですが

時間がない!



最近チビさんに夜寝るときに 
ミヒャエル・エンデの童話『モモ』を読んであげてるのですが
お話しの中に出てくる 時間どろぼうの灰色の男たちが絶対私の周りをウロウロしている!




イカンイカン!

(この名作 大人になって読んでも ま~ほんとよくできている 
毎晩ワクワクして そして 現代のお話しと言ってもいいくらい身につまされる作品です
エンデは素晴らしい!)





そうです!お知らせです


ワークショップは定員7名にならないと 開催は見送りとしておりましたが
31日の締め切りを前にして只今参加人数は全部で4名

ですが先生がご都合で札幌までいらっしゃるということで
甘えさせていただき開催する運びとなりました~(ワ~パチパチ)

って喜んでる場合じゃありません

先生には深く深く感謝するとともに
来年の開催に向け深く反省し もろもろ条件検討しておきます!


なにはともあれ

開催となりました
それでまだ定員に余裕がありますので 準備の関係もあり
9月10日までは引き続き募集いたします!

もし参加できそうな方がいらっしゃったら ぜひご連絡を♪


お待ちしておりま~す♪

9月16日(金) こぎん刺しのワークショップ開催決定!    詳しくはこちら→✧*✧





DSC_3181-加工

夏はもう終わり~すっかり秋空♪なんて記事
姉妹ブログの方で書いたら
今日はいったん夏へ逆戻り



蒸し蒸し 30℃近くまで上がり晴天


夏休み日記④があるのですがそれはまた後日
なんとタイトルは「初恋」❤
DSC_3177加工

チビさんに何があったのか?
縁日でかき氷やけ食い → 腹壊し&夏の腹冷え=夏風邪 
からの~
昨晩は40度近い高熱

DSC_3185



でも今日は熱下がり 保育園休めて 超元気♪



付き合う母は 
それはもうジェットコースターのような毎日です 笑









更新追いつきませんが
時間泥棒と戦いつつがんばります!

















ワークショップ開催

ギャラリーの営業ブログでも記事を書きましたが
こちらでもしばらく巻頭に参加募集のお知らせを掲載いたします




~~✧**◎**✧~~~✧**◎**✧~~~✧**◎**✧~~~✧**◎**✧~~~
                      teto² 2016 ワークショップ参加募集 


第1段 

こぎん刺しのオーナメント作り 

(ピンクッション型)



日程: 9月16日(金) pm1:00~pm5:00

場所: Gallery teto² にて

参加費用: お一人¥4000(材料費・お茶とお菓子付き)

夕方用事がある方や遠方の方のために長めに制作時間を設けております

早めに完成した方などは早めに帰られることも可能です

途中休憩時間を挟みます(tea time)

今回は手ぶらで参加していただけます

かごの部分は先生が参加人数分 麻紐で編んで作って来てくださいますよ~♪

 
*定員7~10名

講師の先生には遠方からお越しいただくので 当ギャラリーの都合により

8月31日までに定員に満たなければ開催は見送られます)

参加希望の方は・・・・・

teto²に直接お電話いただくか(留守電の際は必ずメッセージに電話番号を入れてください)

姉妹ブログの方のコメント欄に

お名前とご連絡先(メールアドレスでもお電話番号でも)を書き込んでください

(コメント欄はこちらで承認しなれば公開されませんのでご安心を)

参加お待ちしております

~~~✧**◎**✧~~~✧**◎**✧~~~✧**◎**✧~~~✧**◎**✧~~~




ちょっと早いお知らせですが
定員は7~10
早い者勝ち!です

昨年参加してくださった方も楽しめる内容になってます

制作作品はピンクッションとしてはもちろん
ワックスコードを付けてオーナメントとしても使えますよ


こぎん刺しの魅力に触れる楽しいひと時
興味のある方はぜひ参加してみてください


*内容や使用する道具など詳細は先生をしてくださるm pome*さんのブログでもご覧になれます*
ブログ
BlogPaint





















刺す女達

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*



秋の大型連休もあと2日
遠出されて早めに戻られた方で
「どっか行くとこな~い?」とおっしゃるそこのあなた!

いらしてください
由仁町へ

ご近所さんのお勧めスポットも盛りだくさん
いろいろ廻られると
ご満足いただける1日となること間違いなし!です





さて 先日のワークショップのご報告記事です
長いのでお暇な方のみどうぞ 笑



開催できただけでも嬉しかったのに(喜びのハードル低すぎますか?笑)
定員10名いっぱいのご応募
そして10名皆さんのご参加

 

20日は朝から 変にテンションが高く
自分は参加するわけではないのに 緊張しておりました  笑

 

午前中の荒れ模様の天気の中 皆さま定時に無事到着なさり
泥でタイヤが汚れてしまうような場所にもお車をお止めいただき
いろいろご不便をおかけしました

 


1時からさっそく始まり
店主はご挨拶後障子戸を閉めいつもの部屋の方で接客

 

この日はどうしたことか
1時のオープンと同時にお客様がひっきりなし

 

皆さまがどんなご様子か見に行くこともできず・・・

 

でもその後少し手が空き 常連のお客様とゆっくり話をしながら
お隣の部屋から漏れ聞こえてくる
先生のお話しする声や皆さんの笑い声を聞いていると
「あぁ・・・楽しそう♪」と
和やかに会が進んでいる様子が伝わってきて

 

ほーっと一安心

 DSC_2289

途中皆さんの様子をうかがうため
障子戸を開けさせていただくと
中から ムォワ~ っと熱気が!




10名+先生1名 の方が1室にこもり
チクチク針を刺すだけでこんなに熱気がこもるのですね~

部屋が狭いというだけでなく
皆さんが真剣になさっているからなんでしょう。

すばらしい!!!
DSC_2291-明るさアップ
途中経過の先生のお手元はこんなかんじ

 

 時間は1時から3時の予定でしたが
皆さんが熱中してらっしゃるご様子に
ちょっと延長して刺していただきました。


終了後10名の方々それぞれの刺されたものを拝見
糸色や進み具合で ぐっと雰囲気が変わるこぎん刺し


チョイスするモドコ(模様)の部分をどこにするのかだけで
これだけ違って見えるのだな。。。と
いつも m pome*さん(先生)の作品を拝見していただけではわからなかった
こぎん刺しの魅力みたいなものも  またほんの少し理解できました。

 


伝統的なモドコの組み合わせや
その切り取り方で
オリジナルのモドコが出来上がる奥の深い世界


まるで布の万華鏡のよう


はまると楽しいこぎん刺し♪ (私もはまってみたい)

 DSC_2292今回は皆さまこぎんを刺されるのは初めて
時間いっぱい使ったけれど完成までは至らず
宿題というかんじになってしまいましたが 
参加して下さった方々もお家に帰られて 
じっくり完成させてくださるかと

 

そして きっと 額に入れると
このワークショップで味わっていただけた こぎん刺しの世界の楽しさを 
さらに再確認!
“感慨もひとしお”なのではないでしょうか。

DSC_1262-加工 
ギャラリーブログの方でも書きましたが・・・

「皆さまぜひ次回いらっしゃる時は完成品を見せてくださいね~!」
楽しみにしております。






終了後のお茶の時間では
ご用意したお菓子を楽しんでいただけたようで
それもまたホッとしました

でもお茶がぬるくて薄くてほんと申し訳ございませんでした。。。反省

また
照明が弱く 隅の席の方は手元が暗かったとか
2時間以上座布団で座りっぱなしだと 
やはり体制的にはきつかったかしら・・・?とか

その他にも
店主不慣れで いろいろご不満もあったかと
これからもワークショップを開催していけたら・・・と思っておりますので
問題点 バンバンご指摘くださいね





皆さんが集まってチクチクしているお姿を拝見し

刺繍って世界中いろいろなところでいろいろな形であるけれど

女の人が普段こうして集まって
よもやま話をしながら時間を過ごすと言うのは
昔も今も普遍的なことなんだろうな。。。

最近読んでる小説(これがなかなか読み進まないのです 笑)
ラテンアメリカ文学のガルシア・マルケス著『百年の孤独』にも
たびたび 集まって刺繍をする女達が登場しますもの

こぎん刺しそのものも
津軽地方の貧しい農民の女性たちが
目の粗い麻布を温かく補強するために刺し子を重ねることで生まれた刺繍文化
きっとその文化が育ってきたのも

この刺す女達の集まりがあったから



先生であるm pome* さんがおっしゃっていた言葉
「刺繍って 針と糸があればどこでもさせるもの 
旅先でも どこでも
こぎん刺しは私にとっては日常です」


日常が刺しこまれた布
それがまた日々の生活で生かされていく



皆さんのワークショップを拝見し
そんな長く続いてきた 
刺す女達の思いや日常にまで思いを馳せた日でした





ご参加くださった皆様
そして m pome* さん
本当にありがとうございました







再掲載 ワークショップのお知らせ

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*


募集の締め切りが今月(8月)末のため
同じ記事ですが何度か掲載させてくださいね~




~~~~~✧~~~~~✧~~~~~✧~~~~~✧~~~~~✧~~~~~✧~~~~~


teto² のワークショップ part 2 
『こぎん刺し 額装作品』の参加募集
のお知らせです



9月20日(日)午後1時から3時まで
teto² 横和室にて 

DSC_1262-加工


こぎん刺し作家 m pome* さんが
稚内からいらしてくださり
←写真のような 
こぎん刺しの額装作品作りをご指導くださいます



詳しくは姉妹ブログの方をご覧ください!



*「難しそう!」という方には
  もう少しシンプルな図案を
  上級者には 総刺し(全面に刺す)図案も
  ご用意してございます







定員は10名で締めきらせていただきます
      

teto² で人気作家のm pome*さんのこぎん刺しのワークショップ
こぎん刺しに興味のあった方 やってみたけれどうまくできない。。方等々
お早目のご応募をお待ちしております!









livedoor プロフィール