由仁町 工房ワタリガラス&Gallery teto² (ギャラリーテトテト) 日々のあれこれ   

                                                                                        北海道の由仁町にある小さなガラス工房と小さなギャラリー                                                                 日々の暮らしの中でささやかだけど幸せをくれる                                                          そんな丁寧に作られた器やクラフト雑貨・アート作品を作家の手からあなたの手へ

 ・企画展

こちらは日々の雑多ブログです
*ギャラリーの詳しい営業情報は姉妹ブログの方をご覧ください!*
http://gallerytetoteto.blogspot.jp/

大きな実り

0912

秋の企画展『秋色奏でて』
10日間の幸せな日々の終わりとともに
近所では稲刈り作業も終盤戦






0905

田植えの前の田んぼを作ったり 
稲の苗を育てているところから見ていたので
こうべを垂れて たわわに実った稲穂がかわいらしい事♫





収穫する農家さんもさぞや嬉しくホッとしているのでしょうね
(私も今年は友人の田植えをちょっと手伝ったり その田んぼの稲刈りも来週参加予定 楽しみです♪)


ギャラリーブログの方でも書きましたが こちらでも改めて・・・(本日は長くなりますよ~笑)

10日間素敵な展示会にすばらしい作品を届けてくださいました
4人の作家さん

フエルト作家の コピト(吉川ナミ)さん
七宝焼き作家の 気球堂さん
彫金作家の ヒウラユカさん
イラストレーターの 福田元美さん

本当にありがとうございました。
いらしてくださった方皆様とても楽しんで作品をご覧くださり
お気に入りの子はお嫁に迎えてくださいましたよ。




そして混みあう中 それでもじっくり作品達をご覧くださったお客様方
ありがとうございました

帽子を試されていた方々の 笑顔が忘れられません
皆さん本当に楽しそうで♪
見ていて幸せでした14466454_1048201891964145_7961064_o

最終日も 以前 teto²に いらしてくださったお客様で
コピトさんの作品は知らなかった方が遠方からお越しくださり
お似合いのお帽子を見つけられてお持ち帰りに♪



コピトさん曰く
「帽子って被る人が変わるとものすごく変化する
被る人が決まって始めて完成なんだよね~」
その言葉通り
皆様選ばれて行った帽子達はその方を待っていたかのようにお似合いで 
被られてお帰りになった方など 
もうこの会場に来るずっと以前から 
そのお帽子を被ってこられたかのようになじんでいたのが 不思議でした





そして実は この企画展を通して 大きな 学び というか 収穫がありました

それは 自分の作品選びの姿勢を正されたということです


これまで 自分もクラフトの作家として
価格により売れる売れないの線引きがされることは
悲しいことだと感じてきました

手がかけられきちんとした技術で丁寧に作られた美しい物なら
その価値に見合う価格になるのは
当然だと思うから

「高いのね―」の一言で作品を見るのをやめてしまわれる方を見ると残念でした

そして
いざ自分でお店を始めてみたら…
観光の流れでいらっしゃる方も多く 立地条件・OPEN日時 もろもろの条件から
どんなにいい作品であっても高額なものはなかなか売れないのが現実でした

大切な作品を作家さんからお預かりしている以上 
動かなければ 置いておいても作家さんに迷惑になります
 
理想はあれど いつの間にやら セレクトする条件に
「買いやすい価格である」ということが加わり 
最近ではかなり重要なポイントになってしまっていたのです


もちろん
いい作品であり買いやすい価格であれば
お客さまに喜んでいただけますし
そういう作品を探してくることは ギャラリーを運営維持していく上で大事な事でありますが
そればかりでは いつまでたっても作品の本当の価値をお客様に理解していただけない


それが
今回『秋色奏でて』を終えて見て・・・

コピトさんの作品は決して手軽に買える価格ではなかったにもかかわらず
コピトさん自身も驚かれたほどたくさんの作品がお嫁入りしました

しかもコピト作品を初めて見た方にもきちんと選んで買っていただけました


この結果を見ていて
猛省したわたくし


「teto²のフアンになってくださっている方々は価格だけでその価値を判断したりしてない!」
「店主の私自信が一番お客様の審美眼を侮っていたのだ」
「これまでなんと失礼な事をして来てしまったのか・・・」


もう大反省です 笑




これからは
本当に自分が良いと思う物なら もっと自信を持ってお勧めしよう!

これまで以上にきちんと丁寧に作品の良さを伝えじっくり見ていただけるお店にしていこう!


こんなふうに思えたことは
本当に大きな収穫だったのです


幸福感いっぱいの 実りの大きな展示会となりました


teto² この後しばらくは まだまだ秋色奏でますよ~♫
「店主の勝手に企画!」と題して

『新米楽しみましょ~♫』ということで 
常設作家さん+α のご飯茶わんを御紹介するコーナーを設けます

お気に入りのお茶碗探しにいらしてくださいね♫



最後になりますが・・・

『秋色奏でて』 を陰で支えてくれました義理の母に心よりのありがとうを
猛烈押し売り店員のチビさんの相手をずっとしてくれて 
いつもやさしい笑顔でどんな遊びにも付き合ってくれて
チビさんの大喜びでした

そして忘れてならないのが
そのチビ店員

いろいろ我慢させちゃたね

君が生まれてきたことがきっかけで始まったこのギャラリー
テトテト歩いていたのが しっかりとした足取りになってきたよ

そしてたくさんの方を連れて来てくれて
作家さんの手とお客様の手とをつなぐ懸け橋になってきているよ

ちびさんいつもありがとう♪

0911

長々書きました

これからも テトテト ゆっくりですが歩いていきます
(実はネーミングの由来はもう一つあるのですが・・・笑)

teto² これからもどうぞよろしくお願いいたします

ご報告まで




* 稲刈りphoto by ファ―ム岩崎











『秋色奏でて』始まりました♪


DSC_3191-加工

晴天に恵まれた秋の企画展の始まり♪

teto² にはこれまでの営業日にはありえなかったほどのお客様が!
狭い店内で企画展参加作家さん達の作品だけでなく
常設の作家さんの作品もじっくりご覧になってくださり
ありがとうございました

いらしてくださった皆様
本当に窮屈なお思いをさせてしまい申し訳ございませんでした


この後
平日開催もございまして 8日間開催いたしますよ~♫

1時から5時までお客様びっしりだったので
ほとんど写真を撮れず・・・汗

今週の金曜日がワークショップを兼ねての平日開催なので
それまでにいくつか作品の写真を撮ろうかと思いますのでお楽しみに♪


始めての方であまりのお客様の多さに気をくれしてしまった方や 
とても混んでいるときに来店なさり
ゆっくりご覧になれなかったお客様に
DSC_3192
重ねてお詫び申し上げますと共に
いらしていただき心より感謝いたします


またのお越しをお待ちしております




いよいよ明日から!『秋色奏でて』♪


9月16日(金) こぎん刺しのワークショップ開催決定!    詳しくはこちら→✧*✧




連投です

なぜって
わたくしごとですが
連れ合いと パソコン 取り合っておりまして
仕事で日中持っていってしまうので 私は夜中に起きて更新

なのでもろもろお知らせが遅れております

ごめんなさ~い!



というわけで
さくさく参ります♪

明日10日から秋の企画展『秋色奏でて』始まりますよ~!


DMイラスト面




長沼在住のフエルト作家 コピト(吉川ナミ)さんの素敵なフエルト作品
おもに帽子が多いのですが今回はルームシューズもあるとか
ここ2~3日ぐぐっと寒くなってきましたものね
あったか~いルームシューズいいですね~♫


帯広在住の七宝焼き作家 気球堂さんのそれはもう愛らしい七宝焼きのアクセサリー達
届いた作品をチビ店員と見ながら
ワーワーキャーキャー
 
コピトの帽子に付けても素敵です


札幌在住の彫金作家 ヒウラユカさんの真鍮作品
いつも惚れ惚れする 美しく静謐な空気感を纏った作品達
アクセサリーは大人の女性らしくさりげなく身につけて♪
オブジェや人気のカードスタンドも届いております


そして今回
DMのイラストも手掛けてくださいました
中標津在住のイラストレーター 福田元美さん
秋の新作と共にこの企画展のために 帽子をテーマに描き下ろしくてくださいました
イラストのポストカードが届いておりますよ♪


本日午後より搬入
コピト以外の作品はすでに届いております


さ~ほぼ徹夜のわたくし
これからがんばって準備します♪

でも全然疲れていないも~ん 笑
だって届いてる作品達があんまりにも素敵で
ワクワクのほうが上回っているから♪


企画展の今後の詳しい情報はギャラリーブログのほうをご覧くださいね♪



DSC_2235
あ~楽しみだ





                           お天気良くなりますように








春を纏ひて


Galleryteto²は
今年は4月23日
OPEN予定! 
あと少しの 冬眠中の細かな情報などは
姉妹ブログの方で時たま更新中!



本日はチビさんの入園式

今朝 保育園に送って行く車の中で 

「かーさん今日保育園に来てくれる?」と聞かれたので
「うん きちんとした格好に着替えてこの後またすぐに行くから待っててね♪」
「そうだね お顔もガサガサだからきれいにしてね」

いつもお風呂上がりに 自虐的に
「か―さんはおばさんだからお顔に化粧水つけたりしなけりゃならないの」
そう言っているのを覚えていたのか・・・

それにしても ガサガサ って。。。 (子供って残酷)

はいはい
久しぶりにお化粧して 参りますよ 笑





さて本題!


4月になったということは
OPENもあと3週間ほど

企画展のDM作りもまだ始めてない!
本日からいよいよ デザインなどを決めていかなければ


今年のOPENにあわせた企画展
タイトル と ほんのちょっとの情報を先にお知らせ

*おっと まずここで重要なお知らせ!*
日程ですが 
ギャラリーオープンは23日(土)からですが 
本日ご紹介の企画展は4月29日(金)からとなります


23日(土)・24日(日)はオープンにあわせ別のちいさな企画を計画中!
こちらも詳細は後日
ギャラリーブログのほうにはもろもろ詳細決定してから掲載します
乞うご期待!!!




それではあらためて企画展のお話しを・・・

Gallery teto²  2016年 OPEN企画
『春を纏ひて』
4月29日(金)・30日(土)
5月1日(日)・2日(月)・3日(火)・4日(水)・5日(木)・7日(土)・8日(日)

*5月6日(金)はまだ未定


参加作家

unemi(こぎん刺し)
こすだようこ(指人形)
Lambent(テキスタイル)
工房ワタリガラス(ガラス)




BlogPaint
unemiさんからは春ものストールにもなるのっぽ手ぬぐい



BlogPaint






                                   Lambentさんからは
                                                   明るい色のエプロン等が届く予定です
BlogPaint

                                                そして teto² では初登場 
                                         神奈川からやって来てくれるのが
                               こすだようこさんのキュートなキュートな指人形達!





皆さんの詳しいご紹介はまた後日ギャラリーブログのほうで!
本日は“チラ見せ”ってことです 笑
わたくしも楽しみで楽しみで♪


DSC_2860
そしてラストはわたくし
この冬吹きました新作ガラス
数は多くありませんが 
このたび企画展に参加させていただきます
(定番ものも追加製作したものございます)


DSC_2857ー加工-明るめ

4年間お休みしていた後の復帰作品は
やはり以前のものとはどこか違います
自分でいうのもなんですが 新人のころとは違った意味で初々しい!笑


他の3名の作家さんの素敵な作品のお邪魔にならぬよう
でもきちんと花を添えられるよう
参加させていただきます







ここ北海道 
きっと日本のどこの土地よりも
春が来る喜びが大きいのではないでしょうか

長い冬の間 雪の下で植物がじ~っとその時を待つように
私達もこの季節を待ちわびてきましたものね
 


teto² も喜びの新しい季節に 長い眠りから目覚めます 



みなさんは 長い冬の間 どんな夢を見ましたか?
この待ちわびた 春 という季節の 光や風や匂いやキラキラ光る植物の新芽が
長い冬を過ごしてきた時の 心の支えになっていた という方も多いのでは?



さぁ はじまりますよ!  

春の喜びをギュッと詰め込んだような
そんな素敵な企画展から始めたいと思っていますよ♪

その前に 準備準備!




冬の間着こんでた服を脱ぎ捨て
締め切っていた窓を開け

心も体も身軽に

出かけましょ!



春を纏ひて 


追記:企画展のタイトル「春を纏って」から「春を纏ひて」に変更しまーす!


『Animals』ーともだちになりたくてー 番外編 ③ 

*Gallery teto² の営業情報はこちらのブログへお引越ししました*




さてさて
先先週ですが無事に企画展『Animals』終了いたしました。

予告していた番外編③は 出版されたばかりの素敵な絵本のご紹介です


DSC_2345



ぼく 生きたかったよ 

~ くまのおやこ ニコー と リコー ~

絵と文 すずきまいこ  
かりん舎

かりん舎 HP ブログ







企画展 参加作家さんのお一人 
増田寿志さんの奥様が 企画展のコンセプトに合うのでは・・・と
最近お知り合いになられた 
すずきまいこ さんの絵本を搬入の時に持って来られました


この絵本 2ヶ月ほど前に出版されたばかり





まずその絵の迫力に圧倒され
読んでみて 描かれたお話し(実話)に胸が締め付けられました


こうしてご紹介が遅れたのは
自分の中で 悲しんでいるだけじゃなく 
自分が感じたことを きちんと紹介できるかな。。。
と自信がなかったから




お話しは 動物園の動物たちが戦時中どのような目に遭ったのかを
直球で伝えるものです

なので 読む人によって 辛すぎて直視できない現実ととらえる人もいるでしょうし
戦争というもののむごさ 悲惨さを感じる人もいるでしょうし
じっくり読めば読むほど 人間の動物に対してしてきたことの罪深さを感じてしまう
私のような人もいるのだろうと思います

救いがあるか?と聞かれると
そこに救いはありません



だってね 
やはりどう言い訳したって (戦争が理由だったとしても)
これまでだって自分たちの都合で
生きてきた大地から引きはがすように連れて来て 檻に閉じ込めていた彼らを
殺していいはずがないのですから



でもこの救いのないお話しに目をそむけてはだめなんだと思うのです

美談になんかしちゃダメで しっかり伝えるべきなんだとおもうのです

すずきまいこさんの描く熊の親子は 
そんな人間の弱さまで ズバッと射抜くような鋭い目でこちらを見ています



鈴木さんのご好意で
まだしばらく
teto² ではこの絵本を置かせていただくことになりました

ぜひぜひ一度お読みになり
自分の心の中になにが残るのか じーっと見つめてみてほしい

そんな絵本です





*追記*
そしてもう一歩進んで考えるなら・・・・・

動物園の存在理由まで いろいろ思いを馳せてもらえると
嬉しい。。。

というのも
解説に寄せられた一つの言葉
「Zoo is the Peace」(動物園は平和そのものである)
私はこの言葉にかなり違和感を感じたのです

お話しは動物園そのものを肯定や否定する内容ではないし
おそらくこの言葉も 
動物園が存在できる根底には 平和が存在することを言っているのだとは思うのですが
私自身は動物園の存在意義が 動物達の立場から見て 
正当化できるとはとても思えなくって・・・・・

だから「平和そのもの」という個所に人間のひどいエゴを感じてしまったのです



”動物園はいらない”

そう考える人がいてもいいと思うのですよ










livedoor プロフィール